バスキュラーアクセスを極める-その作製とマネジメント

大平 整爾 (編集)

株式会社 日本メディカルセンター

260 頁  (2015年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥8,640 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月09日

立ち読み   お気に入りに入れる

医師・看護師・臨床工学技士に向けるバスキュラーアクセスの専門書

維持血液透析を円滑に継続していくためには、いうまでもなく機能と形態に優れた安全なバスキュラーアクセス(VA)の存在が欠かせません。基礎疾患、術前のマネジメントなど詳しく解説しています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:43.8MB以上(インストール時:109.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:412.6MB以上(インストール時:897.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784888759120-and-1.png 9784888759120-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784888759120-iph-1.png 9784888759120-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


維持血液透析を円滑に継続していくためには,いうまでもなく機能と形態に優れた安全なバスキュラーアクセス(VA)の存在が欠かせません.

過去10年間で患者背景が大きく変貌し,患者の高齢化や基礎疾患として糖尿病性腎症や腎硬化症が際立って参りました.その結果として,治療としての維持血液透析の意義そのものが再検討されてきており,VAの作製・管理・修復というプロセスにも従前に勝る困難性が伴うことから,種々の意識改革を必要とする部分が湧出してきたと認識しております.

維持血液透析に必須なVAは外シャント(1960年,Quinton & Scribner)と内シャント(1966年,Brescia & Cimino)を経て半世紀以上が過ぎていますが,動脈と静脈とを吻合(短絡)する方式から逃れてはいません.斬新的なアイディアに基づくVAの登場までは今日私共が手にしているAVF,AVG,動脈表在化法,カテーテル法に対して磨きを掛けることが急務となりましょう.およそ15年前の1999年11月にアメリカのInstitute of Medicineが医療安全に関するレポート"To Err Is Human:Building a Safer Health System"を発刊して,医療界のみならず社会に大きな衝撃を与えましたが,私共の記憶に新しいところです.

30万人の血液透析患者が年間150回の血液透析を受けるとすると,その総計は4,500万回/年という膨大な数字になります.体外循環を要する血液透析という操作にはさまざまなリスクが伴いますが,確率としては決して高くはありません.死亡や入院あるいは入院期間の延長を要する重篤な事故は,100万透析当り32.4件と報告されています.とはいえ,重篤な事故は抜針事故・血液回路の離断事故・穿刺や止血の不備などVAに関連したものに多いことを十二分に認識したいと考えます.この事実は奇しくもVAが透析患者の命綱(ライフライン)であると同時に,アキレスの腱でもあることを教えてくれていましょう.

最近ではVAに関する業務が以前に増して,医師・看護師・臨床工学技士三者の優れた分業になってきて,VAの管理がきめ細やかになってきました.この点を継続していくことが,きわめて重要だと認識しております.VA関連の知識と技能は透析スタッフいずれの職種にも等しく必須とする事項の一つであることを,明記したいと思います.

本書は,この領域において精力的に実務と理論に励んでこられた多くの専門家に執筆を依頼いたしました.お読みになる方々の日常臨床に直ちにお役に立つことを信じて,筆を擱きます.


2015年5月吉日

札幌北クリニック顧問
大平 整爾


----

序説 維持血液透析のVA:その現況と課題
-基礎疾患および患者背景の変貌への備え

1章 術前のマネジメント

1.術前の準備,血管マッピング

2.VAの種類・術式の選択

3.AVGにおけるグラフトの種類と選択

2章 術中のマネジメント

1.手術の最重要項目

2.手術における工夫

3.麻酔法の選択

3章 術直後のマネジメント

1.術直後から抜糸まで

2.運動や薬物によるシャントのmaturation促進法と開存率向上

3.術直後に発生しうる疾患およびその対処法

4章 術後および日常的なマネジメント

1.穿刺

2.AVF,AVGと心機能,全身のスチール

3.日常的なVA管理法(ケア)

5章 VA機能の修復

1.機器による診断方法(エコー,CT,MRI,血管造影など)

2.PTA法による修復

3.外科的修復手技(VA感染例の処置を含む)

6章 血管内カテーテル留置法

7章 VAガイドライン
-日本透析医学会ガイドラインの概略と海外ガイドラインの動向

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示