Home   >    eBookStore   >   医師   フジメディカル出版   分子生物学   循環器科   薬学

選択的PPARαモジュレータ― SPPARMαへの期待

山下 静也 (編集)

有限会社 フジメディカル出版

226 頁  (2019年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,180 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年07月03日

「脂質異常症」の診療に携わる臨床医必備の1冊。

選択的PPARαモジュレータ―(SPPARMα)という新たな概念に基づいて創薬されたペマフィブラート。フィブラートを超えた新たなPPARαアゴニストとしての期待は大きい。
その開発の経緯,遺伝子発現解析,作用機序,適応疾患(高TG血症・低HDL-C血症)と使い方,スタチンとの併用療法,安全性(副作用,相互作用)など,新薬の特性を国内屈指の執筆者が詳解
わが国ではペマフィブラート市販後1年が経ち,長期処方も2019年6月に解禁された。この機会に本書を読み,SPPARMαの概念,有効性とフィブラート系薬との違いについての知識が深めましょう!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:26.8MB以上(インストール時:57.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:13.4MB以上(インストール時:31.0MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784862701725-iph-1.png 9784862701725-iph-2.png

タテ

見開き


選択的PPARαモジュレータ―(SPPARMα)という新たな概念に基づいて創薬されたペマフィブラート。フィブラートを超えた新たなPPARαアゴニストとしての期待は大きい。

その開発の経緯,遺伝子発現解析,作用機序,適応疾患(高TG血症・低HDL-C血症)と使い方,スタチンとの併用療法,安全性(副作用,相互作用)など,新薬の特性を国内屈指の執筆順が詳解。

「脂質異常症」の診療に携わる臨床医必備の1冊。


----


1990年代後半にPPARαの構造や機能が解明され,フィブラート系薬の作用標的がPPARαの活性化であることが明らかになったが,PPARαへの選択性は低く,肝機能・腎機能検査の悪化等の好ましくない作用も有することが臨床上の問題であった。そのため,フィブラート系薬の大規模臨床試験では心血管イベントを有意に抑制することができず,フィブラート系薬自体の存在意義が問われてきた。かかる背景から,選択的PPARαモジュレーター(SPPARMα)の概念が提唱され,その概念に基づいて有効性と安全性のバランスに優れたペマフィブラートが開発され,世界初のSPPARMαとして2018年6月にパルモディア®錠が日本で上市された。

わが国で行われた臨床試験では,優れたTG低下作用,HDL-C上昇作用が確認された。また,ペマフィブラート投与後のHDLによるコレステロール引き抜き促進,食後高脂血症改善,FGF21増加,高感度CRP低下,フィブリノーゲン低下などの抗動脈硬化作用も確認された。安全性の面でもフィブラート系薬にみられた有害事象が少なく,スタチンとの併用時の相互作用も少なく,高い忍容性が確認された。さらに,腎排泄型が多い従来のフィブラート系薬に対し,ペマフィブラートは胆汁排泄型であり,腎機能低下例でも血中濃度が上昇せず,安全に使用できる可能性も立証されている。

ペマフィブラートは新たな治療選択肢として脂質異常症治療に貢献するのみならず,NAFLDやNASH,PBC,糖尿病性細小血管合併症などに対しても効果が期待される。また,ペマフィブラートを用いた大規模臨床試験であるPROMINENT試験が現在世界規模で進行中である。

本書では,ペマフィブラートの開発の経緯と薬物学的・臨床的な特徴を第一線の専門家の先生方にご執筆いただいた。わが国ではペマフィブラート市販後1年が経ち,長期処方も2019年6月に解禁された。この機会に本書を読んでいただき,読者にSPPARMαの概念,有効性とフィブラート系薬との違いについての知識が深まれば,編者として望外の喜びである。

2019年6月

山下 静也


----

1 SPPARMαとは?

1)パルモディア®はいかに開発されたか:PPAR薬の革新への2つのイノベーション

2)遺伝子発現解析からみた有用性

3)作用メカニズム ―構造の特徴から作用特性まで

4)世界におけるSPPARMα開発の最先端

2 SPPARMαの臨床

1)高TG血症に対して(高レムナント血症,small dense LDLも含めて)

2)低HDL-C血症に対して

3)スタチンとの併用

4)動脈硬化性疾患予防におけるポジショニング

3 SPPARMαの安全性

1)副作用

2)薬物動態と薬物相互作用

4 SPPARMαの幅広い使い方

1)腎機能低下例

2)NASH

3)肥満・メタボリックシンドローム

4)2型糖尿病合併例

5)高齢者

5 SPPARMαのエビデンス

1)フィブラートのRCTの歴史

2)PROMINENTの意義・概要

6 トピックス

topic 1)冠動脈疾患発症における中性脂肪の関わり

topic 2)食後高中性脂肪血症管理の重要性

topic 3)遺伝子多型から考えるトリグリセライドリスク

topic 4)血管炎症におけるPPARαの関わり SPPARMαによる血管慢性炎症抑制のメカニズムと効果への期待

topic 5)褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の分化・機能制御におけるPPARαの関わり

7 SPPARMαの展望 -まとめに代えて

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示