認知症患者さんの病態別食支援 安全に最期まで食べるための道標

野原 幹司 (著)

株式会社 メディカ出版

152 頁  (2018年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,808 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年02月06日

立ち読み   お気に入りに入れる

キュア(訓練)からケア(支援)へ。食からみた四大認知症の特徴を詳しく解説

「食べる」は最期まで残るコミュニケーションです。認知症をひとくくりにせず、4大認知症(アルツハイマー型、レビー小体型、血管性、前頭側頭型)の違いを理解することは本書で可能。その特徴・ポイントがわかると、無理のない=認知症患者さんにとっても安全で美味しく、介護者にとっても楽でストレスがない食支援ができます。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:27.2MB以上(インストール時:68.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:13.3MB以上(インストール時:29MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784840465496-iph-1.png 9784840465496-iph-2.png

タテ

見開き


認知症別の食支援で介助ストレスも減少

認知症をひとくくりにせず、4大認知症(アルツハイマー型、レビー小体型、血管性、前頭側頭型)の違いを理解することは本書で可能である。その特徴・ポイントがわかると、無理のない=認知症患者さんにとっても安全で美味しく、介護者にとっても楽でストレスがない食支援ができる。


----


序にかえて

私事であるが認知症患者さんの嚥下障害に向き合って20年近くが過ぎた.長いようで短い年月であるが,その間,自分なりに真摯に取り組んできたつもりである.しかし,はじめのうちは「患者さんを何とかしたい!」という熱さだけで,目の前の誤嚥や肺炎への対応に追われていたように思う.それはそれで,それなりに成果を上げられたが,予期せぬ誤嚥性肺炎が起きたり,提案したケア方法がまったく奏効しなかったり,行き当たりばったりで継ぎはぎばかりの臨床であった.

そんなもがき苦しむ日々のなか,あるとき自分が患者さんを「認知症」とひとくくりにしてしまっているということに気づいたのである.振り返ってみるとアルツハイマー型認知症はアルツハイマー型の嚥下の特徴があり,レビー小体型認知症はレビー小体型の特徴を有しており,その他認知症も原因となる疾患によって特徴が異なっていた.その病態に基づいた嚥下診療を意識したところ,急に視界が晴れ,患者さんの予後を広く遠くまで見渡せる感覚になったことを鮮明に覚えている.それ以来,私の臨床は大きく変わった.

本書は,そのような経験をもとに,臨床で得た印象と国内外の論文を参考にしつつ,教室員や臨床仲間とディスカッションしながら,病態別の嚥下の特徴や予後を体系立てて「見える化」したものである.私と一緒に切磋琢磨してきた仲間との「集合知」が,この本には詰め込まれている.

「病態別対応」はいわば平均値であり,その疾患の特徴や今後どのような経過をたどるかを広く見渡すためのマクロの視点を与えてくれる.しかし,臨床はマクロの目だけでは立ち行かない.「個別対応」という個々の患者さんの性格や習慣を深く読み取るためのミクロの視点も必要となる.臨床では,このマクロとミクロの両方の視点が重要であり,その両方を自由に行き来することが最適なケアにつながる.この本は,ミクロの視点を補いつつ,マクロな視点からの食支援について書いた画期的な(自画自賛)ものである.

正直なところ本書を完成させるのは大変な負荷であり,途中何度か心が折れかけた.でも,なんとか完成までこぎつけられたのは,「食支援格差を無くしたい」という思いである.私の外来には遠方から多くの患者さんが来られるが,ここまで来なくていいように,全国に「認知症患者さんの食支援」が広まってほしいという祈りに近い願いである.本書は全国に散らばる種となるであろう.この本を手にした皆さんが種に水をやり,全国で食支援の花を咲かせてほしい.

人生の最終章を迎えた認知症患者さんの生活を彩れるのは「食」である.


2018年6月

野原 幹司


----

第1部 はじめに 施設や在宅の食の現状

1 高齢者のケアの現場から

2 摂食嚥下リハビリテーション

3 在宅や施設の高齢者の嚥下の特徴

4 食からみた認知症

5 認知症を理解する

第2部 認知症別食支援

<第1章>アルツハイマー型認知症●「食べない」認知症

1 アルツハイマー型認知症の中核症状

2 アルツハイマー型認知症の周辺症状

3 アルツハイマー型認知症の食支援

4 アルツハイマー型認知症の経口摂取機能の推移


<第2章>レビー小体型認知症●「誤嚥する」認知症

1 レビー小体型認知症の中核的特徴

2 レビー小体型認知症の支持的特徴

3 レビー小体型認知症の食支援

4 レビー小体型認知症の経口摂取機能の推移


<第3章>血管性認知症●「多彩な症状を示す」認知症

1 血管性認知症の特徴

2 血管性認知症の分類

3 どのタイプの血管性認知症?~ケアのポイント


<第4章>前頭側頭型認知症●「ケアが難しい」認知症

1 前頭側頭型認知症の中核的特徴

2 前頭側頭型認知症の支持的特徴

3 前頭側頭型認知症の障害と食支援

4 前頭側頭型認知症の経口摂取機能の推移

第3部 誤嚥と誤嚥性肺炎

1 誤嚥と誤嚥性肺炎~正しく理解してケアに生かす

2 誤嚥性肺炎の予防~侵襲を減らすアプローチ

3 誤嚥性肺炎の予防~抵抗をあげるアプローチ

第4部 食に関わる薬剤 ムセる,食べないのは薬のせい?

1 嚥下機能に影響を与える薬剤

2 食行動や食欲に影響を与える薬剤

第5部 終末期の対応

1 認知症の終末期

2 終末期の食支援

3 認知症終末期における経口摂取の重要性

4 認知症終末期の誤嚥の考え方~ケアの視点から

5 さいごに~終末期の食支援



索引

著者紹介

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示