Home   >    eBookStore   >   研修医   日経BP社   診察・手技   内科一般

診断の近道 チャートで示す症状から診断まで

R.ダグラス・コリンズ (著) / 日経メディカル (編)

株式会社 日経BP

600 頁  (2018年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥9,720 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年12月28日

立ち読み   お気に入りに入れる

これだけはチェック!初診時に最低限確認したいポイントを、症状・兆候別に手早く検索!

<研修医必読!>著者が独自に編み出したチャートで「診断の近道」にナビゲート。患者が受診したときに、問診で必ず確認すべき事柄、診察で押さえるべき身体所見、初回にオーダーすべき検査、専門医に紹介すべきタイミング--などを図解入りで見やすくまとめました。この本を読めば、経験が浅い医師も無駄のない効率的な診療が可能に!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:60.1MB以上(インストール時:150.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:28.3MB以上(インストール時:61.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784822256562-iph-1.png 9784822256562-iph-2.png

タテ

見開き


症状や徴候から最も効率的に診断にたどり着くためのアルゴリズムを紹介


症状や徴候から最も効率的に診断にたどり着くためのアルゴリズムを紹介する本。日常診療で遭遇する機会が多い腹痛から喘鳴まで、約300のアルゴリズムを掲載する。

患者が受診したときに、問診で必ず確認すべき事柄、診察で押さえるべき身体所見、初回にオーダーすべき検査、専門医に紹介すべきタイミング--などを図解入りで見やすくまとめる。著者が選ぶ、医師の時間と患者の費用を最も節約できる検査の組み合わせも推奨している。

この本を読めば、経験が浅い医師も無駄のない効率的な診療が可能に。一般診療を手掛けるベテラン医師にとっても、自らの診療の在り方を見直すきっかけになる。


----


第4版の序文

私は本書の第4版執筆の依頼を受けたとき、第3版よりもさらに有用なものにするにはどうしたらよいか悩んだ。

そして、以下の内容を追加することで、この目標を達成できたと考えている。


1.問診と身体診察を最大限に活用する方法。一般的な愁訴を述べる患者の診察に関する多くの賢明なパールと、ベッドサイドマナーを改善するヒントを追加した。

2.症状と臨床検査に関する追加のアルゴリズム。

3.その他の疾患の症状である疾患に関するアルゴリズム。

4.日常診療で多く認められる症状の鑑別診断について示した表。


最後に、全ての新版と同様に、本文を全ての面で最新の内容に更新した。費用対効果の高いアプローチ法に関して一言助言したい。医学的診断手法が高価な現在の医療現場では、検査結果が患者の管理に影響を及ぼすと考えられる場合にのみ、検査をオーダーすべきである。

第4版の編集を補助してくれた私の妻Norieと、本書を出版するにあたり、忍耐強く親切かつ熱心にお付き合いいただいた編集者のRebecca Gaertner、Kristina Oberle とWolters Kluwerのスタッフに感謝の意を表したい。


R.Douglas Collins,MD,FACP


----

第1章 問診と身体診察を最大限に活用する

第2章 症状と徴候のアルゴリズム

第3章 他の疾患の症状である疾患

付録A 一般的な症状の精査に推奨されるオーダー

付録B 疾患の精密検査

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示