Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   腎臓内科

病態に応じたオンラインHDF治療戦略

川西 秀樹 (編)

株式会社 日本医事新報社

216 頁  (2019年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,536 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年04月19日

立ち読み   お気に入りに入れる

オンラインHDFの導入を考えている医師のための決定版!

・透析液清浄化と大量の置換液の使用で、高い安全性と最大限の治療効果が期待されるオンラインHDF。
・2012年の診療報酬改定以降、オンラインHDF治療を受ける患者数は急速に増えています。
・本書ではオンラインHDFの基本的知識(前稀釈・後稀釈の選択基準、水質管理、装置の特徴と保守管理など)から最新のエビデンスをふまえた臨床応用までを解説。
・実際の症例を挙げて、個々の患者さんの病態、様々な愁訴や合併症に合わせてどのような治療設計をすればよいかがわかるよう構成しました。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:22.5MB以上(インストール時:47.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:4.6MB以上(インストール時:11.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784784948222-iph-1.png 9784784948222-iph-2.png

タテ

見開き


■透析液清浄化と大量の置換液の使用で、高い安全性と最大限の治療効果が期待されるオンラインHDF。

■2012年の診療報酬改定以降、オンラインHDF治療を受ける患者数は急速に増えています。

■本書ではオンラインHDFの基本的知識(前稀釈・後稀釈の選択基準、水質管理、装置の特徴と保守管理など)から最新のエビデンスをふまえた臨床応用までを解説。

■実際の症例を挙げて、個々の患者さんの病態、様々な愁訴や合併症に合わせてどのような治療設計をすればよいかがわかるよう構成しました。


----


発刊に寄せて

オンラインHDF療法は1987年に米国Lee Hendersonが考案して以来,Jonas Bergström,Stanley Shaldonらのヨーロッパ学派を中心に発展してきた。1983年にはInternational Society of Hemofiltrationが開催され,これはその後International Society of Blood Purification(ISBP)に変わり現在まで継続されている。またわが国でも1977年ころより太田和夫先生を中心にHDFシステムの開発がなされていた。これら透析療法の巨人たちは既に他界されているが,彼らのアイデアから多くの新たな透析治療が生まれ,そのひとつとして1980年代よりHDF療法が誕生してきたのである。

わが国で広まったのは1993年の阿蘇カンファレンス以降で,九州HDF検討会,日本HDF研究会を中心に透析液清浄化と除去理論を両輪として発展してきた。さらに2010年以降の診療報酬への編入により症例数は急速に増加し,2017年末では血液透析患者の30%近くを占めるまでになっている。このようにオンラインHDFは既に血液透析療法の主たる形態として定着していると言える。

透析液清浄化に関しては2007年に日本透析医学会より基準が示され,それ以降大半の施設で清浄化が達成されるようになり解決した。しかしながら,オンラインHDFの臨床上の効果に関してのエビデンスはいまだ十分ではない。そのため,実際の適応も不明確で,多くは"医師の気分"で選択されているのが現状である。その治療条件も明確な基準が定められておらず,一度条件が固定されると変更もあまりなされていないのもよく見る。

また最近のヨーロッパを中心とするランダム化比較試験や観察研究では置換液量の増大と生命予後改善効果が示されているが,置換液量の増加と除去物質との関連は示されておらず,浄化目標が不明確である。このように不確実な理論・適応・条件の下での施行では,HDF療法本来の有効性が発揮されていない可能性が憂慮される。

これらの疑問に若干なりとも回答が得られることを期待して,本書「病態に応じたオンラインHDF治療戦略」が編集された。この中で経験豊かな著者に病態や個々の症例に適した治療法・条件の選択を示していただいた。本書がHDF治療条件設定に役立つことを期待するとともに,透析患者のさらなる予後改善への一助となれば幸いである。


2019年2月

土谷総合病院 川西 秀樹


----

総論

1 オンラインHDFとは―歴史,分類,原理

2 海外オンラインHDFの現状と臨床成績

3 わが国のオンラインHDFの現状と臨床成績

4 オンラインHDFに用いられるヘモダイアフィルタの変遷とその条件

5 オンラインHDFにおける水質管理の変遷とその基準

6 オンラインHDFの生体適合性

7 オンラインHDFの新たな展開と期待(装置の開発,長時間,頻回HDFの可能性など)

各論

8 前希釈・後希釈オンラインHDF,IHDFの選択基準

9 オンラインHDF装置の特徴とその保守管理

10 オンラインHDF装置における水質管理の実際

11 オンラインHDFの施行条件の実際

12 オンラインHDF(IHDFも含む)におけるヘモダイアフィルタの選択基準

13 IHDFの実際と臨床成績

14 オンラインHDFの透析関連症候への効果

15 オンラインの透析低血圧への効果とその治療条件

16 オンラインHDFの掻痒症への効果とその治療条件

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示