Home   >    eBookStore   >   医師   患者さんへ説明する   南山堂   在宅医療   緩和医療   循環器科

心不全の緩和ケア

大石 醒悟, 高田 弥寿子, 竹原 歩, 平原 佐斗司 (編)

株式会社 南山堂

232 頁  (2014年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,180 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年07月10日

心不全患者の人生に寄り添う医療

今後その重要性が一層増していく在宅医療までを視野に,症状緩和,支持療法, 家族・医療者へのケアなどを解説.緩和ケア実践への道しるべとなる一冊である.

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40.0MB以上(インストール時:85.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:8.3MB以上(インストール時:22.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784525241612-iph-1.png 9784525241612-iph-2.png

タテ

見開き


突然死の可能性も回復の可能性も最期まで残る心不全は,がんと比べ予後予測も終末期の見極めも困難である.しかしその患者の苦痛は大きく,緩和的なケアのニーズは非常に高い.本書では,今後その重要性が一層増していく在宅医療までを視野に,症状緩和,支持療法,家族・医療者へのケアなどを解説.緩和ケア実践への道しるべとなる一冊である.


----


本書は本邦初の"心不全の緩和ケア"に特化したテキストである."心不全の緩和ケア"という言葉を耳にすると,多くの方々は違和感を覚えるに違いない.事実,循環器領域では,移植医療や補助人工心臓などの先進医療により,これまで致死的であった重症症例が救命可能となり,今後も新たな治療の推進が求められている.一方で心不全は心血管疾患の末期像とされ,医療者,患者,家族を含めた周囲の人々は,その増悪,寛解を繰り返す経過に翻弄され,刀折れ矢尽きるまで闘い,患者は苦痛とともに人生を終え,医療者,家族にも精神的苦痛が残ることも多い.

このような現状の中で,本書の主旨は副題である"心不全患者の人生に寄り添う医療"のあり方を提言することである.緩和ケアとは,生命を脅かす疾患に直面している患者とその家族に対して,疾患の早期より全人的苦痛(身体的苦痛,精神的苦痛,社会的苦痛,スピリチュアルな苦痛)に対処し,QOLを改善するためのアプローチであると定義されており,がん患者のみならず心不全患者にも享受されるべき医療である.

前述の通り,心不全は増悪,寛解を繰り返す経過を辿るため正確な予後予測は困難であるが,適切な治療を行うとともに,医療者,患者,家族を含めた周囲の人々で経過を共有し,見直しを繰り返しながら末期に至るまで患者の意思決定を支え,全人的苦痛に対処することは可能であり,その過程が"心不全の緩和ケア"である.

そのような観点から,1章で心不全における緩和ケアのニーズを,2章で適切な治療を提供するうえで知っておくべき病態,治療,予後についての既知を,3〜6章までに心不全患者の人生に寄り添うための具体的な方策を,7,9章では実臨床での取り組みを,8章は多職種連携の実践について,10章では医療者の精神的苦痛へのケアを,11章では倫理的問題についてそれぞれ取り上げた.さらに,心不全診療には在宅から病院まで連続した医療の提供が必須であるとの観点から,在宅から病院関係者まで各領域の専門家の先生方に執筆いただいた.他書に類をみない内容であり,忙しい中ご尽力いただいた諸先生方への感謝の念に堪えない.

本書は臨床での実践知を含んでいる一方で,我々が正しいであろうと考えているが十分にコンセンサスの得られていない内容も含まれており,未完成で今後修正が必要であることは論を待たない.今後,本書が多くの方々に利用され,批判されることにより,版を重ねるとともにさらに充実した実践書となることを期待したい.

最後に,本書の発行に際し,南山堂編集部橘理恵氏,佃和雅子氏には貴重な機会をいただき,さらに辛抱強く編集いただいたことを心から感謝申し上げる.


2014年5月

大石 醒悟

高田弥寿子

竹原 歩

平原佐斗司


----

第1章 心不全における緩和ケアのニーズ

A.循環器内科医の視点から

1.本邦の心不全末期患者の現状と問題点─症例から─

2.心不全の末期状態

3.心不全の緩和ケアを導入するにあたり医療従事者が考慮すべきこと

4.心不全の緩和ケアにおける生命倫理的検討

5.末期医療における心不全緩和ケアと積極的診療の関係

B.緩和ケア全体および在宅医療の視点から

1.緩和ケアの概念

2.非がん疾患の緩和ケアの世界的な動向

3.本邦の死亡統計からみた心疾患

4.在宅医療と心不全

5.非がん疾患の終末期の軌跡と心不全の軌跡の特徴

6.苦痛,症状からみた特徴

7.終末期の軌跡学と意思決定支援

C.心不全の病みの軌跡 illness trajectoryと緩和ケアニーズ

1. Illness trajectory 病みの軌跡とは

2.心不全の病みの軌跡

3.その他の患者のニーズとギャップ

第2章 心不全症候群の病態・治療・経過と予後

A.病態

1.心不全の原因と悪化因子

2.心不全の疫学

3.心不全のステージ分類と早期からの投薬の必要性

4.収縮機能障害と拡張機能障害

5.神経体液因子説

6.心筋リモデリング

7.心不全の症状

8.末期心不全に認められる低栄養

B.慢性心不全の治療

1.左室収縮機能低下に対する治療

2.うっ血に対する治療

3.合併する冠動脈疾患に対する治療

4.合併する心房細動に対する治療

5.リスク管理

6.心不全疾病管理プログラム

7.その他

C.経過と予後

1.経過

2.予後

3.予後予測因子

4.予後予測スコア

5.予後予測のタイミングと意義

第3章 末期心不全の症状緩和

A.症状評価

1.症状評価総論

2.症状評価各論

B.非薬物療法

1.呼吸困難時の非薬物療法

2.疼痛時の非薬物療法

3.和温療法

C.薬物療法

1.薬物療法の留意点

2.症状緩和のための治療選択肢

第4章 末期心不全における支持療法(サポーティブケア)

A.支持療法(サポーティブケア)とは

B.全人的苦痛(トータルペイン)

C.精神的苦痛

1.精神的苦痛と精神・心理的支援

2.不眠

3.せん妄

4.認知症

5.抑うつ

6.循環器医療と精神科医療の地域連携

D.社会的苦痛(ソーシャルペイン)

1.心不全患者の社会的苦痛と相談窓口

2.心不全患者が利用できる制度

3.ピアサポートとしての患者会

E.霊的苦痛(スピリチュアルペイン)

1.霊的苦痛とは

2.霊的ケア

第5章 心不全診療におけるコミュニケーション

A.心不全における病期の共有の必要性と意義

1.心不全のステージ分類

2.病期の共有の必要性と包括的ケアの考え方

3.二項対立Hope for the best and prepare for the worst

B.アドバンス・ケア・プランニングの概念

1.アドバンス・ケア・プランニングとは

2.心不全患者にとってのアドバンス・ケア・プランニング

C.心不全の包括ケアで必要となるコミュニケーション技術

1. ask-tell-ask アプローチ

2.悪い知らせの伝え方とタイミング

3.意思決定支援の形Shared Decision Making

D.重要な局面における意思決定支援のあり方

1.年一回の心不全レビュー

2.病態の変化に対応した話し合い

3.エンド・オブ・ライフケア・プランニング

第6章 心不全で死にゆく患者・家族のケア

A.死にゆく心不全患者の苦痛緩和

1.苦痛緩和と包括的アプローチの意義

2.終末期患者の症状評価と症状マネージメントのアプローチのあり方

3.終末期の主要症状のマネージメント

B.心不全末期・終末期における意思決定支援

1.意思決定の観点からみた心不全

2.心不全における意思決定の望ましいあり方

3.心不全末期・終末期における選択肢と意思決定支援の留意点

4.意思決定支援のポイント

C.死にゆく患者・家族に対するグリーフケア

1.グリーフケアとは

2.悲嘆のプロセス

3.終末期におけるグリーフケア

4.臨終時のグリーフケア

5.死別後のグリーフケア

D.看取りのパス Liverpool Care Pathway(LCP)

1.死期の診断(LCP使用基準)

2.鍵となる3つのセクションの概要

第7章 在宅における心不全緩和ケア

A.総論

1.在宅療養者における心不全の頻度

2.在宅療養者の心不全の特徴

3.在宅末期心不全の緩和ケアの特徴

4.在宅における末期心不全患者の合併症と死因

5.在宅末期心不全患者の終末期の軌跡

6.在宅における心不全の評価

7.在宅末期心不全患者の苦痛

8.在宅における末期心不全の治療と緩和ケア

B.看護の立場から

1.心不全患者の経過と各期における看護の視点

2.心不全患者の緩和ケアにおける訪問看護師の役割

3.訪問看護アセスメント・計画シートの作成と試行

4.心不全患者の緩和ケアの実際

C.循環器専門医の立場から─重症心不全患者の在宅管理─

1.心不全在宅管理の役割

2.心不全在宅管理を行うにあたり

3.在宅医療での症状緩和

4.重症心不全の在宅管理の実際

5.今後の課題

第8章 心不全診療における多職種連携

A.心不全の多職種連携とは

B.多職種連携に必要な準備

1.手帳作成

2.多職種カンファレンス

3.簡単な症状指標の設定

4.簡単な検査項目の設定

C.多職種連携で行うこと

1.ガイドライン推奨治療法の徹底

2.基本的な日常生活指導,塩分,水分制限

3.心臓リハビリ

4.入退院回避の工夫

5.低栄養への注意

6.終末期医療

D.多職種連携の実践

1.入院中と退院後をつなぐ院内連携

2.院外連携の強化

第9章 症例から学ぶ緩和ケア実践の流れ

A.緩和ケアを難しくする心不全診療の問題

B.症例紹介

1.エンド・オブ・ライフ・ケアのディスカッションの導入(心不全入院6回/年頃)

2.最大限の心不全治療(僧帽弁形成術)の検討

3.最期の場の検討(手術から6か月後)

4.本当の意味でのQOLを再検討(持続点滴をした在宅での生活の光と影)

5.緩和ケアのタイミングの検討(最期の看取り)

C.最大限の心不全管理の中で行なう緩和ケア

第10章 緩和ケアに携わる医療者のこころのケア

A.医療者のストレス

1.患者との関わり

2.家族との関わり

3.看取り

4.医師と看護師の関わり

5.看護師間の関わり

6.他職種との関わり

7.ケアの環境

8.看護師自身の問題

B.バーンアウト

1.症状

2.生じる問題点

C.バーンアウトの対策

D.援助者の支え

第11章 緩和ケアに関連する倫理的問題

A.疾患の悪性・非悪性で倫理的アプローチは変わらない

B.終末期における意思決定を困難にしている要因と混乱

C.医療倫理総論

D.終末期と日本文化

E.緩和的鎮静の倫理原則とまとめ


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示