Home   >    eBookStore   >   医師   学樹書院   精神科   その他

POWER MOOK 精神医学の基盤[2]特集:うつ病臨床の論理と倫理

田島 治, 張 賢徳 (責任編集)

株式会社 学樹書院

208 頁  (2015年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,320 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年02月15日

立ち読み   お気に入りに入れる

精神医学そのものの変質が今日の問題の根本原因であり、決して不勉強、不心得な一部の医師の問題ではない。卒後の研鑽を怠らずガイドラインに従った医療を行う善意の医師が、患者に対して心理療法とともに種々の向精神薬の投与を行うことにより、結果的に患者の人生を大きく変えてしまうこともある。長年まじめに通院服薬しているにもかかわらず、家事も育児もできないまま寝たり起きたりを続ける主婦、休職復職を繰り返した結果失業して長期に自宅療養を続ける元会社員、思春期より様々な向精神薬を服用し、社会に出られないまま本来の自分を見失っている若者などをみると、「抗うつ薬の功罪」の著者ヒーリーがこうした状況を治療によるabuse, すなわち濫用、虐待と呼ぶのも理解できる。薬価の高い新規向精神薬の登場により、本来はそれがプラセボではないことを証明しただけであるはずの臨床試験の結果が金科玉条の科学的根拠、エビデンスとされ、科学の衣をまとったマーケティングに利用されてしまう。ギリシャ神話の触るものが何でも金に変わってしまうミダス王の悲劇のように、臨床試験の結果が大きな利潤を生む金の卵とされたことに問題の出発点がある。

■PowerMOOK精神医学の基盤
[1]特集 薬物療法を精神病理学的視点から考える
[3]特集 精神医学におけるスペクトラムの思想

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:38.5MB以上(インストール時:83.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.X 以降
対応機種: iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:16.7MB以上(インストール時:40.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784906502516-iph-1.png 9784906502516-iph-2.png

タテ

見開き



----


特集にあたって

うつ病診療を巡り精神医療が大きく揺れ動いている。平成10年から14年間にわたって続いた年間3万人以上の自殺と,その背景にあるうつ病対策の中心的な役割を担うこととなった精神科医と精神医療に対する信頼は崩れつつある。その原因は薬物療法偏重,多剤大量投与,科学的なエビデンスによるガイドラインを遵守しない一部の不心得な医師の問題なのであろうか。心のケアという言葉が安易に用いられ,マニュアル的な治療が推奨されるが,果たして心の健康とは何かという問題を熟慮する必要があるのではないだろうか。1970年代,力動的精神医学が没落しつつあるアメリカで行われた研究では,精神科医に求められるのは「曖昧さに耐える能力」であり,カウンセリングの効果も,未熟な分析医よりも,人生経験を積んだ人間味あふれる素人のほうが高いことが示されている。

精神科病院における入院治療の闇を告発した往年の『ルポ精神科病棟』(1970年)の現代版というべき本である読売新聞の記者佐藤光展氏の『精神医療ダークサイド』(講談社現代新書,2013年)の指摘は,臨床の現場をよく知るものにとっては,身近に起こっている問題であり,一部のマスメディアの偏向的な出版物と対抗意識を燃やすべきものではない。偶然にも今日のうつ病問題を提起した笠原嘉先生の名著『軽症うつ病』(1996年)も同じ出版社のシリーズであり,佐藤氏は同紙の賞も獲得した医療問題のシリーズ「医療ルネサンス」を担当した優れた記者でもある。

むしろ精神科医はそこで指摘されている数々の問題を真摯にみつめ,どうすべきかを考える必要がある。実は今日のうつ病治療を中心とした精神医療の問題の本質はもっと根深い。精神医療の静かな第四の革命ともいえる新規向精神薬の登場と操作的診断基準の普及により,かつては医学的な治療や薬物療法の対象とならなかったごく普通の人々が,終わりの見えないまま服薬を続ける時代となった。疾患概念が拡大され,臨床試験のエビデンスが最大のマーケティングの武器として利用されることとなったことにより,医療の本質が歪められ,治療のアートが失われつつある。すなわちdisease mongering(病気を売り込むこと,病気作り)とエビデンスに歪められた医療の登場である。

精神医学そのものの変質が今日の問題の根本原因であり,決して不勉強,不心得な一部の医師の問題ではない。卒後の研鑽を怠らずガイドラインに従った医療を行う善意の医師が,患者に対して心理療法とともに種々の向精神薬の投与を行うことにより,結果的に患者の人生を大きく変えてしまうこともある。長年まじめに通院服薬しているにもかかわらず,家事も育児もできないまま寝たり起きたりを続ける主婦,休職・復職を繰り返した結果失業して長期に自宅療養を続ける元会社員,思春期より様々な向精神薬を服用し,社会に出られないまま本来の自分を見失っている若者などをみると,『抗うつ薬の功罪』の著者ヒーリーがこうした状況を治療によるabuse,すなわち濫用,虐待と呼ぶのも理解できる。薬価の高い新規向精神薬の登場により,本来はそれがプラセボではないことを証明しただけであるはずの臨床試験の結果が金科玉条の科学的根拠,エビデンスとされ,科学の衣をまとったマーケティングに利用されてしまう。ギリシャ神話の触るものが何でも金に変わってしまうミダス王の悲劇のように,臨床試験の結果が大きな利潤を生む金の卵とされたことに問題の出発点がある。

こうした危機的な状況を10年以上前から指摘し続けているが,予想通りというよりも予想を超えた事態になってきている。うつ病問題から始まる精神医学と精神医療に対するユーザーからの信頼喪失は,決してわが国だけの問題ではなく,世界中で起こっている問題でもある。最近フランスの国際的なテレビ番組制作会社ZEDにより作られたうつ病に関するドキュメンタリー番組の英語版が送られてきた。ドイツやギリシャなどとともに日本にも取材クルーが訪れ取材を受けた。1時間近い番組のタイトルは「Des Hommes tristes,SAD People Factory」すなわち悲しい人々,悲しい人の製造工場とでもいうべきものである。そこにはDSM-IVの作成委員長であったアレン・フランセス氏も登場し,操作的な診断の問題を厳しく指摘している。DSM-5を激しく攻撃する彼の主張は最近の翻訳『〈正常〉を救え』(講談社,2013年)でわが国でも知られる。近年の双極性障害の急激な増加にも,うつ病の増加と同様な問題が潜んでいる。違法な危険ドラッグとわれわれが治療に用いる向精神薬の違いは便宜的なものであり,いずれも,ときに永続的な変化を残す可能性がある化学物質に過ぎない。薬物療法は人間にとって化学的なストレッサーであることを忘れるべきではない。

今回「うつ病診療の論理と倫理」というテーマで,わが国を代表する精神科医,論客に,関連する多くの問題について論じていただける機会を得たことは大きな喜びである。編集に協力いただき,執筆者の選定や座談会の企画だけでなく,執筆にも加わっていただいた帝京大学の張賢徳先生と,こうした企画を実現した出版者の慧眼に感謝する次第である。


杏林大学名誉教授
田島 治


----

対談「最近のうつ病診療の傾向をどう考えるか」

徹底討論 うつ病の理解と抗うつ薬の適切な使い方 過去・現在・未来

I うつの論理

今日のうつ病診療における問題点と課題

うつ病の論理と倫理 医療人類学的視点から

マスメディアとうつ病

II 診断の論理と倫理

うつ病診断・治療の論理と倫理 過剰診断の問題,過少診断の問題

臨床精神病理学的視点から見たうつ病の診断学

III うつ病治療の論理,実践,展望

今日のうつ病診療における課題と展望

日常診療におけるうつ病(1)プライマリケア医の立場からの実践的治療論

日常診療におけるうつ病(2)総合病院から本物のうつ病を再考する

日常診療におけるうつ病(3)労働者のメンタルヘルスケアの視点

薬物療法の効果とリスク―抗うつ薬の有効性と安全性をどう評価するか

うつ病の精神療法再考

うつ病に対するneuromodulation

開発中の抗うつ薬と今後の薬物療法の展望


コラム:フーコーと精神医学

シリーズ:日本の精神科医療 エキスパートに聞く(2)

治療に難渋するうつ状態の診断と寛解への次の一手

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示