よく出会う18症例で学ぶプレゼンテーションの具体的なポイントとコツ

江原 淳 (編集) / 中川 義久, 八田 和大 (監修)

株式会社 三輪書店

226 頁  (2013年1月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,520 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年03月01日

国家試験に受かったら手にしたい本!

本書は、よく出会う症例ごとに、押さえておくべきプレゼンテーションの具体的なポイントとコツを、天理よろづ相談所病院の教育的カンファレンスを再現するかたちでわかりやすくまとめた。  本書の研修医とともにカンファレンスに参加して、ほめられるプレゼンテーション力を身につけよう。
※本製品は画像データのため、画質が少々荒くなっています。何卒ご了承下さい。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:41.8MB以上(インストール時:104.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:14.3MB以上(インストール時:31.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784895904230-and-1.png 9784895904230-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784895904230-iph-1.png 9784895904230-iph-2.png

iPad

iPhone4


初めてのプレゼンテーションでは病歴が不足していたり、身体所見がとれていなかったり、あるいは治療方針を主治医や指導医の受け売りのままに言ってしまい、「ADL低下って言ってるけど、以前に何ができて、今何ができなくなっているの?」「発熱には悪寒戦慄をともなったのかな?体重減少の有無は?」「それで、今回の病態の原因に何を1番に考えているの?」「治療が終わった後はどうするの?」などなど四方八方から"ツッコミ"を受け、うまく答えられず、集中砲火により沈没してしまうレジデントもしばしばいる。

本書は、よく出会う症例ごとに、押さえておくべきプレゼンテーションの具体的なポイントとコツを、天理よろづ相談所病院の教育的カンファレンスを誌上再現するかたちでわかりやすくまとめた。

本書の研修医とともにカンファレンスに参加して、ほめられるプレゼンテーション力を身につけよう。


----


私は循環器内科医として天理よろづ相談所病院に勤務しています.この病院は総合病棟形式の研修システムを40年以上前から導入し実践してきたことで有名です.天理の研修医諸君の勉強熱心さは感心するものがあります.早朝7時半から毎日必ず開催されるカンファレンスで彼らは鍛えられ成長していきます.医師国家試験を通過したばかりの,ヒヨッコが2年間の初期研修を終えるころには見違えるように逞しく変身します.彼らにとって,この2年間は人生において最も活気に満ちた時間といえるでしょう.

この文章を書いている自分の年齢は50歳です.最近は,一日が,一年が,すごく早く経過すると感じるようになりました.これを「ジャネーの法則」というそうです.フランスの哲学者であるポール・ジャネーが提唱した心理学用語で,「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く,年長者にはより短く評価される」という現象を指すそうです.48歳からの2年間に自分のどこが変化したのか,成長したのかを考えると愕然とします.退歩こそあれ進歩した面は皆無のように思われます.研修医諸君の成長のエネルギーの一部でも自分が吸収できないか,と考えたのが本書籍の企画の始まりでした.

カンファレンスでの初期研修医の成長の鍵は,繰り返されるプレゼンテーションにあります.彼らは新規入院患者のプレゼンテーションを全て記憶して行います.記憶して行うことによって,自分が聴き手になった時に頭の中に患者像を立体的にイメージすることが可能になるからです.カンファレンスには一年上級の先輩医師や後期研修医たち,さらに指導医も加わって質問が飛び交います.問題点を指摘する厳しい意見ばかりではなく,「君,なかなかするどいね!」といった褒め言葉も時には織り交ぜながら活発な議論が続きます.限られた時間のなかで自分の考えをどううまく表現するかという技術がプレゼンテーションには求められます.自分の考えを相手に伝えるためには,内容を構成し伝達しなければなりません.毎日プレゼンテーションを繰り返すことによって,聴き手を納得させるコミュニケーション能力が向上するのです.この能力は医療関係者間での情報伝達だけでなく,患者さんとの関係においても重要なものです.「相手が求める内容を正確に把握」し「わかりやすい言葉で話す」ことが鍵になるからです.

本書の企画目標は,天理よろづ相談所病院の早朝カンファレンスを誌上に活き活きと再現することです.教育的な症例を実際にプレゼンテーションする場面を想定しています.初期研修医の稚拙なプレゼンテーションが磨き上げられていく過程です.「千里の道も一歩から」という諺がありますが,プレゼンテーション法の習得においては「天理の道も一歩から」といえる内容と自負しています.本書の読者がカンファレンス参加者となり,見違えるように成長することを期待しています.

チーフレジデントの江原君をはじめとした天理よろづ相談所病院の初期・後期研修医諸君の総力を結集して本書は完成しました.監修いただきました指導医の先生方にも感謝しています.本書の製作に尽力いただいた三輪書店の佐々木理智氏の頑張りには本当に感謝しています.自分自身も本書の作成期間中は研修医諸君と時間軸を共有し,「ジャネーの法則」を否定するかのような有意義な時間を経験できたことが最大の喜びでした.


2012年 11月

天理よろづ相談所病院 循環器内科部長
中川 義久


----


序文

第1章 フルプレゼンテーションの基本

① 天理よろづ相談所病院でのプレゼンテーションの掟

② プレゼンテーションにこだわる理由

③ 症例プレゼンテーションの「型」をマスターしよう

④ プレゼンテーションの「型」は診療の流れの再現である

⑤ プレゼンテーションは推理小説である

⑥ 絶対に覚えておくべきプレゼンテーションルール

⑦ 各パートの上手なまとめ方

第2章 症例で学ぶフルプレゼンテーション【入門編】

症例1 腎生検目的に入院となった43歳男性(微小変化型ネフローゼ)

症例2 市中肺炎で緊急入院した80歳女性

症例3 悪性リンパ腫の82歳女性

症例4 肺癌の化学療法変更目的に入院となった63歳女性

症例5 脳卒中で緊急入院となった55歳男性

症例6 左季肋部痛にて早朝に救急外来を受診した31歳男性(急性膵炎)

症例7 多発関節痛を主訴に来院した21歳女性(全身性エリテマトーデス初発例)

第3章 ショートプレゼンテーション編

●ショートプレゼンテーションが行われるとき

●コンサルト先の専門科サイドからよく開かれる苦情

●ショートプレゼンテーションのテンプレートを覚えよう!

●コンサルト実例をみてみよう

症例8 救急外来で上級医へのコンサルテーション①(ろれつ困難と右上肢麻痺を主訴に来院した83歳男性)

症例9 救急外来で上級医へのコンサルテーション②(1週間前からの咽頭痛を主訴に来院した27歳女性)

症例10 循環器内科医へのコンサルテーション(胸痛で救急搬送された70歳男性)

症例11 消化器外科医へのコンサルテーション(腹痛を主訴に来院した40歳男性)

症例12 入院患者の他科へのコンサルテーション(呼吸器内科入院中に閉塞性黄疸を発症した症例)

第4章 症例で学ぶフルプレゼンテーション【応用編】

症例13 全身倦怠感,炎症反応高値の精査目的に入院となった84歳男性(不明熱)

症例14 治療のその後・85歳男性(誤嚥性肺炎)

症例15 意識障害で緊急入院となった80歳女性(肝性脳症)

症例16 進行性の筋力低下を主訴に来院した67歳男性(筋萎縮性側索硬化症:ALS)

症例17 咳を主訴に来院した53歳女性(過敏性肺臓炎)

症例18 発熱・意識障害のために即日入院した61歳男性(感染性心内膜炎)

あとがき

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2019年5月27日 15:19)

患者さんから最大限情報を引き出すためのエッセンスが詰まっている。
来年研修医をする自分にとって、総合内科力を引き上げるのに最適な一冊だと思う。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年6月16日 14:24)

非常に実践的
似た症例を持った時振り返れる

★★★★★ わかりやすい
投稿者:匿名 (2016年9月 4日 12:28)

病院によってはカンファでただただ突っ込まれ
ちゃんと基礎からプレゼンを教えて貰う機会が意外とないことも
あるとおもいます。
改めて読むといろいろな発見があると思います。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年5月27日 15:02)

ワンタッチで欲しい情報にたどり着けるため、短時間で見返すことができて便利。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年5月12日 15:55)

書籍自体が良い内容であった

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年3月11日 11:14)

具体例で構成されているので実践的だと思います。プレゼンを指導する際にも利用しております。

★★★☆☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2014年12月10日 15:18)

あまりカンファレンスの機会がない病院で研修しているため、
プレゼンテーションの勉強のために購入しました。
ポイントが分かって読みやすいです。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年8月 5日 18:46)

プレゼンテーションのポイントが分かりやすくて勉強になります。

★★★☆☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年4月23日 18:41)

研修医が陥りがちな「伝わりにくいプレゼン」の傾向と対策について詳細に考察されています。通読すればかなり実践にいきると思いました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年4月23日 18:30)

プレゼンテーションについて改めて見直すいいきっかけになる本です。非常に勉強になりました。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示