Home   >    eBookStore   >   研修医   フジメディカル出版

高齢者における糖尿病治療薬の使い方

稲垣 暢也 (編集)

有限会社 フジメディカル出版

192 頁  (2017年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,060 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年04月10日

高齢者の特徴を踏まえた適切な血糖コントロール目標値の設定と、そのための糖尿病薬物治療のコツを専門医が簡明に解説。

高齢者における糖尿病治療薬の使い方について,高齢者糖尿病の特徴と注意点,血糖管理目標値とその考え方,各種経口糖尿病薬やインスリン薬の使い方,などを中心に,高齢者糖尿病の治療向上のための合同委員会のメンバーをはじめ,高齢者糖尿病の分野におけるわが国の第一人者の先生方に,ご執筆をお願いした。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:24.2MB以上(インストール時:51.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:5.5MB以上(インストール時:14.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784862701626-iph-1.png 9784862701626-iph-2.png

タテ

見開き


●新たに掲げられた「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」に対して,具体的にどのように対応すべきか。高齢者の糖尿病治療における薬剤処方のポイントは何か。

●高齢者の特徴を踏まえた適切な血糖コントロール目標値の設定と、そのための糖尿病薬物治療のコツを専門医が簡明に解説。


----


糖尿病治療の究極の目標は,健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)を維持し,健康な人と変わらない寿命を確保することであるが,最近では,年齢,罹病期間,臓器障害,低血糖の危険性,サポート体制などを考慮した患者中心の医療(patient-centeredapproach)が求められるようになり,そのような視点に基づき,平成25年の第56回日本糖尿病学会年次学術集会における熊本宣言により,合併症予防のためのHbA1c7%未満を中心とした現在の血糖コントロール目標が示された。

一方で,わが国の高齢化は年々進み,平成25年には高齢者の比率が25%を超え,未曾有の超高齢社会に突入しつつある。そして,平成26年の国民健康・栄養調査に基づけば,「糖尿病が強く疑われる人」のうち65歳以上の高齢者が71.5%,75歳以上の後期高齢者が30.6%と予想され,実に糖尿病患者の7割が高齢者ということになる。

また,わが国における糖尿病治療薬は,平成21年以降のインクレチン関連薬の登場に引き続き,平成26年以降にはSGLT2阻害薬も登場するなど,その種類はさらに増加し,それらの薬剤の使い方が複雑化している。さらに,高齢者糖尿病の治療においては,高齢者糖尿病の病態や特徴をよく理解したうえで,糖尿病治療薬を用いることが求められる。

このような背景のもと,平成27年に日本糖尿病学会と日本老年医学会は高齢者糖尿病の治療向上のための合同委員会を立ち上げ,平成28年5月に京都で開催された第59回日本糖尿病学会年次学術集会において,高齢者糖尿病の血糖コントロール目標が提示された。その内容は,患者の年齢,認知機能,身体機能(基本的ADLや手段的ADL),併発疾患,重症低血糖のリスク,余命などを考慮して個別に設定し,重症低血糖が危惧される場合は,目標下限値を設定し,より安全な治療を行う,といったものである。

本書では,高齢者における糖尿病治療薬の使い方について,高齢者糖尿病の特徴と注意点,血糖管理目標値とその考え方,各種経口糖尿病薬やインスリン薬の使い方,などを中心に,高齢者糖尿病の治療向上のための合同委員会のメンバーをはじめ,高齢者糖尿病の分野におけるわが国の第一人者の先生方に,ご執筆をお願いした。明日からの診療に役立つことを願う。


平成29年4月

京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学教授

稲垣暢也


----

1.高齢者糖尿病の特徴と注意点:基本知識

1)高齢者の糖尿病の特徴

2)糖尿病治療におけるフレイルの意義を考える

3)サルコペニア

4)認知機能

5)ポリファーマシー

6)高齢者の低血糖

2.高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方

高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方

3.高齢者糖尿病における経口糖尿病薬の使い方

1)インスリン分泌促進系

SU薬

グリニド薬

DPP-4阻害薬

2)インスリン抵抗性改善系

ビグアナイド薬

チアゾリジン薬

3)糖吸収・排泄調節系

α-グルコシダーゼ阻害薬

SGLT2阻害薬

4)GLP-1受容体作動薬

5)高齢者における併用療法

DPP-4阻害薬 + メトホルミン

DPP-4阻害薬 + SU薬orグリニド薬

SGLT2阻害薬を用いた併用

4.高齢者糖尿病におけるインスリン薬の使い方-課題と対策―

1)1型糖尿病

2)2型糖尿病

5.合併症を有する高齢者糖尿病における糖尿病薬治療

1)糖尿病性腎症

2)認知症

6.トピックス

1)糖尿病とがん

2)糖尿病と認知症

3)糖尿病と骨折

4)心血管イベントに関する糖尿病治療薬の最新のエビデンス

5)「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」のインパクト

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示