Home   >    eBookStore   >   メディカ出版   循環器科

内科開業医のための循環器診療プラクティス

大西 勝也, 弓野 大 (編著)

株式会社 メディカ出版

304 頁  (2020年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,180 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2020年03月27日

地域の循環器分野の医療レベル向上に繋がる

本書は総合的な知識が求められる内科・循環器開業医のために、最新の、正しい循環器診療のあり方を解説する。日本の循環器医療を地域で支えることを目的に立ち上げられた「Japan Cardiology Clinic Network」の中心メンバーが執筆した、現場に即した一冊。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:10.9MB以上(インストール時:27.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:10.9MB以上(インストール時:27.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784840472180-iph-1.png 9784840472180-iph-2.png

タテ

見開き


地域の循環器分野の医療レベル向上に繋がる

本書は総合的な知識が求められる内科・循環器開業医のために、最新の、正しい循環器診療のあり方を解説する。日本の循環器医療を地域で支えることを目的に立ち上げられた「Japan Cardiology Clinic Network」の中心メンバーが執筆した、現場に即した一冊。


----


はじめに

日本の循環器医療を地域で支える


"It is not in the stars to hold our destiny but in ourselves."-William Shakespeare, "The Tragedy of Julius Caesar"


循環器診療の様相は、この30 年間で激変しています。その大きな要因のひとつに、未曽有の高齢化社会に突入したことがあげられます。外来診療をしている皆さまがお気づきの通り、高齢循環器疾患を有する患者が激増し、病院においても心不全患者の大多数は高齢者であるというのが現状です。少子高齢化に伴い、医療費の高騰も声高に叫ばれており、今後、医療形態も大きく変わらなければいけないような強い風を感じております。生活習慣病管理をクリニック開業医が行い、重症になれば病院にお願いするという旧態依然とした医療システムは限界を迎えています。病院から在宅への移行、循環器疾患の看取りなどが、昨今の大きな潮流となっていることは、クリニックに携わっている皆さまは実感されていることだと思います。一方、入院や在宅になる前にもう少しすることがないのかとgatekeeper として奮闘しているクリニックも重要な意味を持っています。このように、待ったなしの大きな変革に向き合っている循環器クリニックの医師が団結し、情報共有して、よりよい医療を患者に提供できるシステムの構築が急務です。そこで、同じような志を持った循環器を標榜するクリニックに携わる医師たちが集まり、純粋に患者とその家族の生活を守る情報交換のためのプラットホームになるべく、非政治的、非営利的なJapan Cardiology Clinic(JCC)Network を立ち上げました。

本書は、JCC Network 会員である一般循環器クリニック診療医の立場から、現在の循環器外来の実情、クリニックで必要な検査、在宅医療、患者が使える医療資源など多岐に渡り記載しています。循環器クリニックに携わる、あるいは携わろうとしている循環器医だけではなく、循環器外来にかかわる看護師、薬剤師、在宅医療にかかわる皆さま、さらには循環器疾患を有する患者を診察している一般内科医、病診連携に携わる病院勤務医の皆さまにお読みいただき、現在の循環器クリニック外来の現状をご理解いただき、本著が、循環器疾患を有し、困っている患者とその家族を支える一助となることを願います。


2020年2月

JCC Network 代表 大西勝也


----

第1章 循環器開業医がみる循環器疾患の現状

[1]高血圧

[2]虚血性心疾患

[3]心不全(HFrEF)

[4]心不全(HFpEF)

[5]非薬物療法

[6]心房細動(診断)

[7]心房細動(治療)

[8]心室期外収縮

[9]頻脈性不整脈

◆Topics かかりつけ医のためのガイドラインに基づく心不全診療エッセンス

◆Column 循環器疾患における意思決定支援

第2章 循環器開業医が考える検査の意義

[1]心電図

[2]胸部X線

[3]心エコー図

[4]血液検査・尿検査

[5]BNP

◆Topics かかりつけ医のための心不全診断チェックリスト

第3章 さまざまな在宅医療の形態

[1]在宅医療

[2]緩和医療

[3]多職種との連携

◆Column 診診連携

第4章 循環器をとりまく諸問題

[1]循環器疾患の併存症(脂質・糖代謝異常)

[2]循環器疾患の併存症(腎疾患)

[3]循環器疾患の併存症(呼吸器)

[4]循環器疾患の併存症(骨粗鬆症、肺炎球菌)

[5]心不全に対する心臓リハビリテーション

[6]病診連携(クリニックから)

[7]病診連携(病院から)

[8]運転免許証

[9]服薬アドヒアランス

[10]薬剤代謝と相互作用

◆Topics 「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」からの日常診療への応用

第5章 個性を活かした循環器開業形態

[1]画像診断

[2]デバイス遠隔診療

[3]患者満足度

[4]循環器における漢方医療

[5]予防医学(生活指導)

[6]予防医学(画像)

第6章 JCCN創設と入会と理念

◆JCCN創設と入会と理念

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示