Home   >    eBookStore   >   研修医   メディカ出版   がん治療   小児科   産婦人科

女性ヘルスケアpractice 3 がん・生殖医療ハンドブック

大須賀 穣, 鈴木 直 (編集)

株式会社 メディカ出版

344 頁  (2017年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,860 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月09日

立ち読み   お気に入りに入れる

小児・AYA(思春期・若年成人)世代がん患者の妊孕性・生殖機能温存療法に関してわかりやすく解説する入門書。

「生命」と「妊孕性・生殖機能」の危機を同時に迎える小児期、AYA世代のがん患者。適切なタイミングで正確な情報を提供し、患者にとって最善のがん治療・生殖医療に導くために必要な最新のがん・生殖医療の知識をわかりやすくまとめた。

■女性ヘルスケアpractice
1 女性診療で使えるヌーベル漢方処方ノート
2 実践! 遺伝性乳がん・卵巣がん診療ハンドブック
4 産婦人科診療に役立つ 早わかり遺伝医療入門

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:37.8MB以上(インストール時:94.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:103.2MB以上(インストール時:224.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840461900-and-1.png 9784840461900-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840461900-iph-1.png 9784840461900-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


限られた期間での自律的な治療選択を支える

「生命」と「妊孕性・生殖機能」の危機を同時に迎える小児期、AYA世代のがん患者。適切なタイミングで正確な情報を提供し、患者にとって最善のがん治療・生殖医療に導くために必要な最新のがん・生殖医療の知識をわかりやすくまとめた。若年がん患者に関わるすべての医療者必携。


----


巻頭言

がん治療ならびに生殖医療の進歩に伴って、近年小児、AYA(思春期・若年成人)世代のがんサバイバーシップに対する関心が高まっています。その中でも、がん治療によって惹起される妊孕性(あるいは生殖機能)喪失が再認識され、その対策(妊孕性温存療法)が必要となってきました。1990年代後半以降欧米にて開発されてきた、新たな妊孕性温存療法である卵巣組織凍結保存ならびに融解卵巣移植の技術による世界初の生児獲得の報告が、ベルギーのDonnez博士らによって2004年にLancet誌に掲載されました。この成果が本領域のブレイクスルーとなり、2006年以降欧米でがん・生殖医療(Oncofertility)に関するさまざまな取り組みが始動しました。わが国においても2007年にA-PART日本支部(現、日本A-PART)が「複数施設における悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究」を開始し、2012年には血液疾患患者の卵子保存による出産症例が報告されています。また2012年11月には、特定非営利活動法人日本・がん生殖医療研究会(現学会)が設立され、2017年には日本癌治療学会から「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン 2017年版」が刊行されました。

がん治療医は、何よりも原疾患の治療を最優先すべきであり、妊孕性温存療法において原疾患の治療が遅れないことが大原則であることをがん患者さんに伝えることが重要です。同時に、妊孕性温存療法においては生殖医療を専門とする医師との密な医療連携が必須となります。わが国においても広がりつつあるがん・生殖医療において、がん治療医と生殖医療を専門とする医師は、適切なタイミングで正確な情報を患者さんに提供し、さらに医療従事者(医師や看護師、薬剤師、心理士など)は、がん治療を目前にして不安の中にいる患者さんの、将来自分の子どもを持つ、もしくは持たないことの意思決定を十分に支援する必要があります。

本書は、本領域に携わる全ての医療従事者を対象に、小児、AYA世代がん患者の妊孕性・生殖機能温存療法に関してわかりやすく解説する入門書となるべく企画されました。本書が、がんと希望を持って闘う小児、AYA世代がん患者にとって、少しでも役に立つ書籍となることを祈念しています。おわりに、本書の執筆者の皆さまに深謝申し上げます。


2017年9月

鈴木 直
大須賀 穣


----

【第1章 がん・生殖医療総論】

[1]小児、思春期・若年成人(AYA)世代のがんの動向は?

[2]小児、AYA世代のがんサバイバーが抱えるセクシユアリティの問題は?

[3]現在、わが国において実施可能な妊孕性・生殖機能温存療法は?

[4]がん・生殖医療において参考となるガイドラインや指針は?

[5]がん治療による妊孕性・生殖機能喪失で生じる倫理的問題は?

[6]がん・生殖医療で生じる倫理的課題・問題は?

[7]がん・生殖医療で遵守すべき原則は? 小児、AYA世代のがん患者への情報提供で留意するべきことは?

【第2章 がん治療の妊孕性・生殖機能への影響】

[8]化学療法による卵巣毒性のメカニズムは?

[9]子宮・卵巣への放射線照射が妊孕性に及ぼす影響は?

[10]治療開始前・治療中、寛解後に卵巣予備能を評価する指標となるのは?

[11]化学療法による精巣毒性のメカニズムは?

[12]精巣への放射線照射が生殖機能に及ぼす影響は?

[13]内分泌療法が妊孕性・生殖機能に及ぼす影響は?

[14]分子標的治療薬が妊孕性・生殖機能に及ぼす影響は?

[15]視床下部・下垂体への放射線照射が妊孕性・生殖機能に及ぼす影響は?

[16]造血幹細胞移植が妊孕性・生殖機能に及ぼす影響は?

[17]消化器がんや泌尿器科系がん手術が性機能に及ぼす影響は?

[18]妊孕性温存療法が妊娠・分娩に及ぼす影響は? 妊孕性温存療法後の妊娠サポートはどう行う?

【第3章 妊孕性・生殖機能温存療法の実際】

[19]体外受精のための採卵法と卵子保存方法は?

[20]がん患者の妊孕性温存に適した採卵方法は?

[21]ホルモン受容体陽性がんにおける採卵での注意点は?

[22]体外受精による胚(受精卵)凍結保存の方法およびメリット・デメリットは? 卵子(未受精卵子)凍結保存との違いは?

[23]卵巣組織凍結保存・自家移植とは? 適応およびメリット・デメリットは?

[24]卵巣組織凍結保存で用いられる技術は?

[25]卵巣組織自家移植とは? その方法は?

[26]全身照射における卵巣遮蔽とは? その方法は?

[27]卵巣位置移動術とは? その方法は?

[28]卵巣保護を目的としたGnRHアゴニストとは?

[29]治療開始前の精子凍結保存の積極的な適応となるのは? その方法は?

[30]MD-TESEとは? その方法は?

[31]精巣組織凍結保存の現状は?

【第4章 疾患別 妊孕性・生殖機能温存療法】

[32]乳がんで妊孕性温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[33]子宮頸がんで妊孕性温存療法の適応となるのは? 勧められる治療法は?

[34]子宮体がんで妊孕性温存を目指す治療選択は? 子宮摘出に切り替えなければならない条件は?

[35]卵巣がんで妊孕性温存を行うことができる臨床病理学的条件は? 勧められる方法は?

[36]泌尿器がんで妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[37]小児固形腫瘍で妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[38]白血病で妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[39]悪性リンパ腫で妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[40]骨軟部腫瘍で妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[41]脳腫瘍で妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

[42]消化器がんで妊孕性・生殖機能温存療法の適応となるのは? 勧められる方法は?

【第5章 求められる患者サポート】

[43]短期間のうちに多くの意思決定を迫られる患者にどう関わる? ――臨床心理士の立場から

[44]短期間のうちに多くの意思決定を迫られる患者にどう関わる? 妊孕性・生殖機能温存療法後のサポートは? ――看護師の立場から

[45]短期間のうちに多くの意思決定を迫られる患者にどう関わる? ――薬剤師の立場から

[46]短期間のうちに多くの意思決定を迫られる患者にどう関わる? ――がん相談支援センターがん専門相談員の立場から

[47]短期間のうちに多くの意思決定を迫られる患者にどう関わる?―ピアサポートの立場から

【第6章 これからのがん・生殖医療】

[48]わが国におけるがん・生殖医療ネットワークとその役割は?―JSFPの取り組みを中心に

[49]世界におけるがん・生殖医療の連携ネットワークとその役割は?

[50]わが国におけるがん・生殖医療の展望は?

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示