Home   >    eBookStore   >   日本医事新報社   眼科

点眼薬の選び方 第2版

石岡 みさき (著)

株式会社 日本医事新報社

 (2020年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,960 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2020年02月14日

新しく発売された薬剤や,全身投与薬の眼に出る副作用の章を加え,アップデート。鑑別診断上重要となる,全身投与薬の副作用が眼に出た場合について新規章を設けました。眼科の基本中の基本、点眼薬の選び方・使い方を懇切丁寧に解説。市販薬から,調剤が必要となるような処方薬までカバー。点眼アドヒアランスの上手な確認の仕方など,明日からの診療で真似してみたくなる具体的な診療のコツや工夫を紹介しています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:13.0MB以上(インストール時:29.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:13.0MB以上(インストール時:29.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784784962419-iph-1.png 9784784962419-iph-2.png

タテ

見開き



----


第2版 序文

初版が出て2年足らずですが,その短期間に新しい点眼薬がいくつも登場する,という割合珍しい状況になりました。抗菌薬のアジスロマイシン水和物(アジマイシン®)点眼,抗アレルギー薬のエピナスチン塩酸塩(アレジオン®LX)点眼,抗緑内障薬のオミデネパグ イソプロピル(エイベリス®)点眼,そして市販薬の点眼型洗眼薬のウェルウォッシュアイ®(1.0%ホウ酸)です。それぞれ特色があり,点眼回数が少なくてすんだり,副作用が出にくかったりということで患者さんに喜んでもらえるかなあ,と期待しながら処方しています。一方で薬の副作用に興味のある私としては,市販後にはっきりとしてくる副作用があるのかしらと見守るような気持ちもあります。薬の副作用は患者さんのふとした発言からわかることもありますし,専門分野の勉強会や眼科医の集まりで知ることもあり,フォロー必須です。4製品ともこの第2版に追加しました。

副作用と言えば,全身投与薬(主に抗癌剤)の眼に出る副作用が話題になることが最近よくあります。特集記事になっていたり,講演で聞くこともあります。これは,癌の治療がごく日常的なものになり,抗癌剤を使っている患者さんが市中の眼科開業医も普通に受診することが多くなってきたからと思われます。しかし,多くの患者さんは全身投与の薬剤,それも抗癌剤が眼科領域に副作用を起こすとは思ってもいません。原因不明の角膜上皮障害を見て,よくよく聞いてみると抗癌剤投与中だった,ということがあります。既往歴を聞いた際にも癌や抗癌剤は眼科と関係がない,またホルモン療法薬は抗癌剤ではない,と考えている患者さんもいて,治療歴として教えてくれないことがあるのです。 抗癌剤の副作用は抗癌剤を中止しないと治らないことも多いために,本書のタイトルでもある「点眼薬を選ぶ」ということにはならないのですが,治療を考える上で必ず鑑別診断に入れなくてはならない既往であり,今回1つの章として追加しました。抗癌剤以外の眼科領域副作用もまとめてあります。薬それぞれが起こす可能性のある副作用,また副作用から原因薬剤を考える,という逆引きバージョンも作ってみましたので,日常診療にお役立て下さい。

2020年1月

著者


----

第1章 点眼薬の基礎

第2章 アレルギー性結膜疾患

第3章 結膜炎(感染性)

第4章 ものもらい

第5章 ドライアイ

第6章 角膜上皮疾患

第7章 眼瞼縁炎,眼瞼炎

第8章 緑内障

第9章 非感染性の眼表面の炎症

第10章 角膜感染症

第11章 白内障

第12章 周術期

第13章 眼精疲労

第14章 ぶどう膜炎

第15章 眼内炎(感染性)

第16章 点眼麻酔

第17章 散瞳薬・調節麻痺薬

第18章 ステロイド剤と非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

第19章 全身投与薬の眼に出る副作用

COLUMN 「眼脂をディフ・クイック®で染色する方法」

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示