集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカル・インディケーター

卯野木 健 (著)

株式会社 学研メディカル秀潤社

112 頁  (2012年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥1,944 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年08月02日

ICUにおけるクリニカル・インディケーターとその使用方法について、具体的に解説する。

本書は、「集中治療室において、何かもっとみんなでやってみたいな」と思っていて、「でも、何から取りかかったらよいかわからない」という方に向けて書いた本です。質(Quality、クオリティ)を測定し、その結果から改善策を講じて、評価する、 という手法を使って、「質を改善する」という作業を紹介しています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:12.9MB以上(インストール時:26.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:16.7MB以上(インストール時:34.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784780910759-iph-1.png 9784780910759-iph-2.png

タテ

見開き


病棟の問題を認識し、問題の解決方法を考え、評価するにあたり『クリニカル・インディケーター』は重要な物差しとなる。本書では、ICUにおけるクリニカル・インディケーターとその使用方法について、具体的に解説する。


----


はじめに

本書は、「集中治療室において、何かもっとみんなでやってみたいな」と思っていて、「でも、何から取りかかったらよいかわからない」という方に向けて書いた本です。本書では、質(Quality、クオリティ)を測定し、その結果から改善策を講じて、評価する、 という手法を使って、「質を改善する」という作業を紹介しています。

まずは、なぜこのような手法を紹介することにしたかを最初に説明したいと思います。ここ10年ほどでICUの看護に関連するエビデンスはかなり蓄積され、また、手に入りやすくなりました。さまざまな雑誌や学会で新しい知見が紹介され、エビデンスに基づいたガイドラインが紹介されています。

したがって、知識レベルとしては、私たちは「何をやったほうがよいのか」に関しては知っている(知りうる)わけです。しかし、それらの知識を完全に発揮して、私たちが漠然と考える最高のICUがつくれているでしょうか?何かぐずぐずとした思いがないでしょうか?

私が思うに、今問題となっているのは、「何をすればよいのかは総論として知っているのだけれども、それをどうやって自分の施設で実行できるのかがわからない」など、そういった「どのように行うか」ではないでしょうか。

この「どのように行うか」という悩みに関して、本書で紹介する「質の改善」という手法は、解決策のひとつになるかもしれません。チームとしてのICUに弱点や強みを明確に提示し、それらに対する改善策をうち、そしてそれを評価するという方法です。

これらの方法はデータ収集を通じて行うのですが、行う前はその作業がとても煩雑にみえるかもしれません。しかし、実際にやってみると、やり方次第ではそれほど煩雑ではないかと思います。まずは、あまり細かいことを考えずに、「自分たちがやってみよう」というのが本書のコンセプトです。

本書では、実践している方々が明日にでも使えるように、最低限必要だと私が考えたものに絞って解説しています。また、教科書的、体系的なものは避けて、実践的なものにしたつもりです。もし、実際に本書で紹介しているような活動を行ってみて、何か壁に当たったら、PDSAサイクルやリーダーシップ論のようなものを別に学んでほしいと思います。

患者に最適な看護をチームとして提供していくという作業は、「これをやれば大丈夫」というものはありません。

本書が、「どのように行うかが見えないまま」という現状を打破するひとつのきっかけになれば幸いです。


2012年5月吉日


----

はじめに

第1章 なぜ今、質の評価なのか?

ICUの看護の目標は?

現在地がわかって初めて目的にたどりつける

私たちはどう到達するか?ばかりを考えがち

目的地がなければチームはまとまらない

看護における現在地と目的地は?

そもそも「質(Quality)」とは何か?

医療における質とは何か?

数値はチームを動かす原動力のひとつになるかも

数値は動機付けになるかも

数字だけがすべてではない。でも数字にするとわかりやすい

質を示す指標──Quality Indicator(クオリティ・インディケーター)

クオリティ・インディケーターの分類

クオリティ・インディケーターを評価するーベンチマーキング

ICUの質の改善というサイクルをまわそう

第2章 現在地を知ろう〜私たちのケアの質は?

まずは現在地を見定める

構造?プロセス?アウトカム?

アウトカム測定

プロセス測定は、わかりやすい

構造の測定の結果は変えにくい

ナース"センシティヴ"なクオリティ・インディケーターを選ぶ

測定が簡単なクオリティ・インディケーターを選ぶ

悪いクオリティ・インディケーター vs 良いクオリティ・インディケーター?

みんなで vs 一部の人で?

改善できそうなものを

データベースを用意する

第3章 目的地までの行き方を考えよう〜どのように改善する?

まずはクオリティ・インディケーターを公開しよう

Quality Improvement(クオリティ・インプルーヴメント)

クオリティ・インプルーヴメントを行う資格があるかを見直す

クオリティ・インプルーヴメント・プロジェクト

クオリティ・インプルーヴメントの実際

改善のための手法を考える

コンプライアンスをみてみる

コンプライアンスを実際に測定してみる

抵抗しているわけではなく、戸惑っていると考える

どうやって変化させるか

変化には時間がかかる。一喜一憂しない

「安定」はやってこない

第4章 目的地に到達したか確かめよう〜どのように評価する?

必ず評価する

変化をスタッフと共有する

発表してみよう


さくいん

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示