画像診断 2017年11月号(Vol.37 No.13) 頭部単純CT―読影の基本と偶発的所見のマネジメント―

青木 茂樹 (著)

株式会社 学研メディカル秀潤社

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年12月07日

立ち読み   お気に入りに入れる

頭部単純CT読影の手引書!スクリーニング検査における偶発所見の発見や,外傷・血管障害における頭部単純CTの有効な読影を解説.研修医や他科の先生にもお薦めの特集.
*都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(p.1405-1415は未収載となっております).

>『画像診断』最新号・バックナンバー・増刊号はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40MB以上(インストール時:100.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:50MB以上(インストール時:108.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784780900965-iph-1.png 9784780900965-iph-2.png

タテ

見開き



----


序説

頭部CTは,外傷,くも膜下出血を疑うような頭痛などの際の第一選択の画像検査であり,また脳や副鼻腔のスクリーニングにも広く使われている.日本ではMRIのavailabilityが高く,MRIファーストで検査が行える場合が多いことや,頭部CTで病変が見つかった場合に容易にMRIを行うことが可能であるため,頭部CTの読影は重要性があまり高くないと考えられているようで,教科書も少なく,雑誌の特集で取り上げられることも多くはない.

しかし,見落としという点では,MRIよりCTの方が重篤な見落としが起こりえる.MRIでは種々のコントラストの撮像がなされる,病変に対する感度も高いため,その画像をみさえすれば,病変の見落としは少ない.MRIは得られた画像をきちんと丹念にみれば見落としにくい画像検査と考える.

一方,頭部CTは単純であるが,奥が深い.画像を後方視的にみると微細な変化が描出されており,かつそれが重大な見落としである場合がある.脳溝内の少量のくも膜下出血,early CT signといわれる皮髄コントラストの消失やdense MCA sign,少量の急性硬膜下血腫,静脈洞血栓症などは,微細な変化であるが,後からみれば所見と取ることが望ましかったと思うことがある.画像数が少ない分,丁寧な読影が望まれる.

丁寧に読影していると,海馬の小さな嚢胞,くも膜顆粒,皮膚の腫瘤などのいろいろな偶発所見が気になってくる.また,頭蓋底,眼窩,副鼻腔などの異常や正常変異も見つかるであろう.頭皮の腫瘤などはそれの評価を目的にCTを取る必要はないが,検査で写ってしまっていたら,ある程度のコメントができることが画像の専門家として望まれる場合がある.

この企画は,初心者に勧められるCTのまとまった本がないという若手の放射線科医の話から始まり,それに私自身がまとめて欲しかった偶発所見(特に皮膚や頭蓋骨)などを加えて,脳自体の病変については最小限に留めることで,CTのminimal es sentialの情報を含む特集を目指した.各項目の担当者は,おそらく本来の興味とは少し離れたCTについて,それぞれよくまとまった原稿を仕上げていただいた.初心者のみならず,エキスパートにも日頃気になっていた偶発所見についての含蓄が増えるような特集となったと考える.


Foreword

Shigeki Aoki*

*Department of Radiology, Graduate School of Medicine, Juntendo University


----

【特集】

序説

頭部CT総論−撮影法,被ばく,主な所見とその病態−

頭部単純CTの系統的読影法−読影は頭部単純CTに始まり,頭部単純CTで終わる!?−

出血と間違えやすい病変・正常構造,および偶発的所見

脳室の変異と嚢胞性病変

副鼻腔・眼窩の偶発的所見

頭蓋骨(頭蓋底を除く)・頭皮病変

頭蓋底のCT−正常解剖,病変,偽病変−

脳血管障害

頭部外傷

【連載】

すとらびすむす

五十の手習い


画像診断と病理

癒着胎盤


ここが知りたい!

画像診断2017年6月号特集「歯・顎・口腔の画像診断」


Picked-up Knowledge from Foreign Journals

脊椎


CASE OF THE MONTH

Case of November

The Key to Case of September


General Radiology診断演習

第3回 なぜ,こんな所にこんなものが?


Refresher Course

喫煙に伴って生じる肺の変化−Radiologic-pathologic correlation−

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示