画像診断 2017年10月号(Vol.37 No.12) 基本から身につく縦隔・胸膜の画像診断

氏田 万寿夫 (著)

株式会社 学研メディカル秀潤社

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年12月07日

立ち読み   お気に入りに入れる

胸部単純X線写真や胸部CTの読影において必ずチェックされる縦隔や胸膜・胸壁について,本特集では画像診断医が知っておくべくポイントを整理し解説.各論の章では,より実践的な画像診断や検査の組み立てを念頭においたQ&A方式でわかりやすく展開!
*都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(p.1163-1173は未収載となっております).

>『画像診断』最新号・バックナンバー・増刊号はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40.8MB以上(インストール時:102.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:51.1MB以上(インストール時:111.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784780900958-iph-1.png 9784780900958-iph-2.png

タテ

見開き



----


序説

縦隔と胸膜疾患の画像診断を基本から学べる特集号をお届けする.

縦隔腫瘍は,肺腫瘍に比べ発生頻度は低いが,その多くは発見時無症状であり,また病理組織診断が容易な領域ではないため,画像診断の役割はきわめて大きい.縦隔腫瘍の画像診断においては,まず病変が充実性か嚢胞性かを判断することから始まり,次に縦隔区分や年齢などに基づいて鑑別診断を進めるのが定石である.切除対象の腫瘍であれば,腫瘍の進展範囲や周囲臓器への浸潤の程度,胸膜播種の有無などの術前情報を臨床医へ提供すべきである.縦隔にはリンパ節が多数存在し,腫瘍,肉芽腫性疾患を含む炎症や感染などが病巣を形成するため,肺癌のリンパ節転移の有無や腫大リンパ節の鑑別診断における画像診断も重要である.縦隔の腫瘤性疾患やリンパ節腫大の画像診断は,基本である単純CTに,造影CT(時にダイナミックCT)を加えて行われることが多いが,MRIとPET-CTの有用性や適応を心得ておくことで診断の幅が広がり,疾患を絞り込む上で役立つ.

先に述べたように縦隔腫瘍は検診などの胸部単純X線写真での異常を契機に発見されることが多く,悪性度の高い縦隔腫瘍を早期に指摘することは患者の予後を左右しかねない.そこで本特集では,最初に胸部画像診断の基本である単純X線写真で縦隔疾患を見逃さないために,押さえておきたい肺縦隔境界線やX線サインについて,筒井 伸先生に述べていただいた.次に縦隔疾患のメインテーマである縦隔の腫瘤性病変を取り上げた.縦隔のコンパートメントは,FelsonやHeitzmanを初めとして多く提唱されてきたが,放射線科,縦隔疾患を扱う診療科や解剖学の間で統一した見解は得られていない.2009年,日本胸腺研究会が上梓した縦隔腫瘍取扱い規約(第1版)の中で新たな縦隔区分法が記載され,2014年に英文で国際的に提案された.そこで,縦隔腫瘍の局在を論ずる際の基本である縦隔の区分について,取扱い規約の作成に携わった原 眞咲先生にご解説願った.続いて,縦隔腫瘍の中でも最も頻度の高い胸腺腫を代表とする胸腺上皮性腫瘍について,病理診断や病期診断のポイントを含めて本多 修先生に論じていただいた.縦隔には,腫瘍のほかにも先天性の嚢胞性疾患が発生するが,井手香奈先生に縦隔の嚢胞性腫瘤の鑑別診断について述べていただき,縦隔腫瘍の20~30%を占める種々の神経原性腫瘍の画像および病理所見に関して,中園貴彦先生に詳細に記載していただいた.そして,日常診療で診断する機会の多い縦隔リンパ節腫大の画像診断について,室田真希子先生にわかりやすく解説していただいた.

さらに,"気胸と縦隔気腫"と"胸膜と胸水"というテーマを,それぞれ松迫正樹先生と三角茂樹先生にご執筆願った.気胸や縦隔気腫は救急疾患のひとつであり,単純X線写真で診断可能な疾患である.ただし,その原因疾患は多く,軽症から緊急を要する重篤な病態まで含まれる.胸水貯留もその成因は数多いが,画像のみでの診断は容易でない.わが国ではアスベスト関連疾患である悪性胸膜中皮腫を含む胸膜疾患は増加傾向であるが,ごく少量の胸水貯留が中皮腫診断の端緒となりうることは記憶に留めておきたい.

以上,本特集では多くのテーマを網羅した結果,ボリュームのある1冊となったが,タイトルのごとく縦隔・胸膜の画像診断の基本をマスターするに十二分の内容と思われる.ご執筆していただいた諸先生にはここに心より感謝を述べたい.

-越後平野に広がる稲穂の波を眺めつつ-


Foreword

Masuo Ujita*

*Department of Radiology, Tachikawa General Hospital


----

【特集】

序説

単純X線写真でみる縦隔─正常と異常─

縦隔の区分

胸腺上皮性腫瘍

嚢胞性腫瘤

神経原性腫瘍

リンパ節腫大

気胸と縦隔気腫

胸膜と胸水

【連載】

すとらびすむす

あれから一年

画像診断と病理

肝血管筋脂肪腫

ここが知りたい!

画像診断2017年5月号特集「原因不明の間質性肺炎」

投稿 症例

偶然発見された線毛性前腸性肝嚢胞と考えられる1例

Picked-up Knowledge from Foreign Journals

卵巣癌の転移

CASE OF THE MONTH

Case of October The Key to Case of August

General Radiology診断演習

第2回 病態を推察しよう!

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?肝臓編

Refresher Course

大腸癌診療におけるMRIの役割

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示