臓器移植抗体陽性診療ガイドライン 2018年版

日本移植学会 臓器移植抗体陽性診療ガイドライン策定委員会 (編集)

株式会社 メディカルレビュー社

124 頁  (2018年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,320 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年12月26日

立ち読み   お気に入りに入れる

すべての臓器移植における抗体陽性の診療ガイドライン。

本ガイドラインは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(移植医療技術開発研究分野)「臓器移植における抗体関連型拒絶反応の新規治療法の開発に関する研究(江川裕人班)」(2017年度-2019年度)の一環として作成された。

■関連書籍
成人臓器移植予防接種ガイドライン 2018年版

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:18.5MB以上(インストール時:46.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:7.5MB以上(インストール時:16.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


9784779221484-iph-1.png 9784779221484-iph-2.png

タテ

見開き



----


はじめに

1980年代および1990年代における免疫抑制薬の開発は,T細胞免疫制御に重点を置いたもので,プロトコールの有効性が高まるにつれ,急性拒絶反応の発生率は大幅に低下した。この成功により,抗体関連型に対する制御が相対的に欠けていることが明らかになり,graft lossにおける急性および慢性の抗体関連型拒絶反応(AMR)の重要性が浮き彫りとなった。HLA抗体の検出と特性確認に固相免疫測定法(SPI)が導入されている。CDCよりも高感度であり,ドナー特異的抗体(DSA)の解釈に新しいパラダイムがもたらされた。特に,Luminex装置でのSPIはCDCで検出できない抗体が検出可能になったが,これらの抗体の臨床的意義は完全には解明されていない。しかし,これらの抗体検出は,感作患者の管理に変化をもたらしている。このことは,すべての臓器移植において共通であり,診療に関わるガイドラインが必要になっている。

そこで『Minds診療ガイドライン作成の手引き2007』や『Minds診療ガイドライン作成マニュアルVer.2.0(2016.03.15)』などを参考に本ガイドラインを作成することにした。「ガイドライン策定(作成)委員」を日本移植学会理事長 江川裕人が任命,移植学会医療標準化(旧ガイドライン)委員会が「ガイドライン統括委員会」となり,同委員会委員長の佐藤滋が策定委員長を兼務した。そして,策定委員が「システマティックレビュー」と解説記載を担当する協力者を募った。策定作業の最初に,臓器移植抗体陽性に対する診療にできる限り役立つと考えられるクリニカルクエスチョン(clinical question;CQ)を第4章と第5章に設けた。その後,各CQに対する文献検索を行い,『Minds診療ガイドライン作成の手引き2007』にしたがって採用する文献のエビデンスレベルを評価し,エビデンスレベルや臨床上の適用性を加味して推奨グレード(度)を設定した。基本的には各CQに対する推奨グレードを付記したステートメントを提示し,解説を加え,最後に参考文献を掲載した。ただし,病理組織所見CQ5-5にはステートメント,推奨グレード,参考文献のエビデンスレベルは記載していない。また,第2章と第3章にはCQを設けていない。本ガイドラインはすべての臓器移植における抗体陽性の診療ガイドラインであり,各CQに対するステートメントと推奨グレードは臓器別に記載し,これを総合した「臓器共通」ステートメントを提示している。しかし,臓器によって蓄積されたエビデンスや臓器ごとの特性が異なることから,腎移植の推奨グレードを「臓器共通」グレードの基本とした。

本ガイドラインは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(移植医療技術開発研究分野)「臓器移植における抗体関連型拒絶反応の新規治療法の開発に関する研究(江川裕人班)」(2017年度-2019年度)の一環として作成された。本ガイドラインの記述内容に対する責任は日本移植学会が負う。しかし,個々の診断・治療において本ガイドラインを用いる最終判断と責任はその利用者が行うべきものである。最後に日本移植学会ではCOI委員会を設置している。本ガイドラインの作成に関わる各委員個人と企業間との利益相反は存在するが,本ガイドラインの内容は科学的根拠に基づくものであり,特定の営利・非営利団体や医薬品,医療用製品等との利害関係による影響を受けたものでない。


一般社団法人日本移植学会
臓器移植抗体陽性診療ガイドライン策定委員会


----

・はじめに

・臓器移植抗体陽性診療ガイドライン策定委員

・協力者(Systematic Review and Writing)

第1章 総論

第2章 抗体の定義

第3章 抗体検査法

第4章 移植前抗体陽性

第5章 抗体関連型拒絶反応(AMR)

・編集後記

・索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示