Home   >    eBookStore   >   研修医   メジカルビュー社   手術手技   脳神経外科

新NS NOW 8 脳神経外科手術のコンパス

森田 明夫 (担当編集委員)

株式会社 メジカルビュー社

216 頁  (2016年12月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥11,880 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年02月01日

モニタリングなくして脳神経外科の手術なし

No.8では「モニタリング」をテーマに取り上げている。モニタリングとは文字どおり脳の反応をリアルタイムでモニタすることである。これにより手術が「取り返しのつかない」段階に進んでしまうのを予防する。脳神経外科のあらゆる手術において,決して欠かすことのできない手技である。本書では,1章でモニタリングの基礎と現在の環境を,2章では脳神経外科の各種手術にモニタリングをどう用いて,どう安全につなげていくかについて解説している。

新NS NOWシリーズ

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:59.9MB以上(インストール時:123.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:23.4MB以上(インストール時:51.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784758315685-iph-1.png 9784758315685-iph-2.png

タテ

見開き


No.8では「モニタリング」をテーマに取り上げている。

モニタリングとは文字どおり脳の反応をリアルタイムでモニタすることである。これにより手術が「取り返しのつかない」段階に進んでしまうのを予防する。脳神経外科のあらゆる手術において,決して欠かすことのできない手技である。

本書では,1章でモニタリングの基礎と現在の環境を,2章では脳神経外科の各種手術にモニタリングをどう用いて,どう安全につなげていくかについて解説している。

脳神経外科医専門医も,これから専門医をめざす医師も必読の1冊である。


----


本書は題して『脳神経外科手術のコンパス 術中機能・画像情報モニタリングマニュアル』である。モニタリングは脳神経外科手術のコンパスであると思う。安全な道を示し,さらに自分達の現状がどのような状況であるのかを示してくれる。われわれが生きるのにいつも空気を必要とするように,また船が航海に出るときにコンパスが必須なように,手術にモニタリングは必須のものであると考える。

モニタリングとは脳神経外科の世界では主に電気生理学的な機能モニタリングを指すが,実際には術中画像等を含む,総合的脳神経外科手術モニタリングのことを指す。さらに広くとらえれば,手術麻酔はもちろん,全身のバイタルや電解質,酸素飽和度,脳の覚醒状況,筋弛緩の状況などのモニタリング下に行われるわけであり,また綿片やペアンなど手術機材・機器の管理・トレースも重要なモニタリングといえる。学生や見学者を含む手術室内の人間,機材がどのように動くか,粉塵,細菌などの空気汚染などをモニタリングすることも医療安全を向上するうえではきわめて重要なこととなる。

本書では脳神経外科の領域の重要な課題である機能と画像のモニタリングに主な焦点を当てて執筆をお願いした。できる限り実臨床に役立つために,理論に重きをおかず,実際の症例やモニタリング方法をわかりやすく示してもらうようにした。一方でMEPに代表されるモニタリングを日常の道具として正しく用いるためには,ある程度の理論的背景の理解が必要である。明確に解明されていることは案外少ないが,特に運動伝導系についての基礎知識を谷口 真先生が見事に書き記してくださっている。

今後の方向性として,機能モニタリングや画像モニタリングにおいても,標準的な方法の確立,客観的な評価方法を確立していく必要がある。

本書が明日の脳神経外科の安全性を高めるために役に立てれば幸いと思う。


2016年10月

日本医科大学大学院脳神経外科大学院教授
森田 明夫


----

Ⅰ 総論

術中機能・画像モニタリングの意義と展望

運動誘発電位を用いた術中モニタリングに必要な解剖知識

脳機能モニタリングのピットフォールとその対策

画像モニタリング 術中MRIのピットフォールと有用性

Hybrid ORの真価

脳神経外科手術におけるエコーの使用のコツ

誰もができる機能画像・術中モニタリング

モニタリング手技と電気生理

脳機能マッピングからbrain machine interfaceへ

Ⅱ 各論

脳血管手術におけるモニタリング

悪性脳腫瘍(グリオーマ)手術のモニタリングと覚醒下手術

小脳橋角部腫瘍手術のモニタリング

頭蓋底手術における術中モニタリング

てんかん手術のモニタリング

定位・機能神経外科手術とモニタリング

脊椎手術のモニタリング

末梢神経手術のモニタリング


コンパクトモニタリング指標 日本医科大学版


シリーズ わたしの手術記載

①脳動脈瘤クリッピング

②小児小脳腫瘍

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示