Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   内科一般   雑誌

レジデントノート2019年4月号 検査を病棟で上手に使おう!

原田 洸, 西村 義人, 大塚 文男 (編)

株式会社 羊土社

170 頁  (2019年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,160 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年03月13日

立ち読み   お気に入りに入れる

日常の疑問を解決できる! 研修医にもっとも読まれている研修医のための雑誌レジデントノート!

【2019年4月特集】
「検査を病棟で上手に使おう!ルーチン検査を使った症候ごとの確定診断の進め方」
病棟でいつも使う検査の活かし方を,発熱や意識障害,悪心,動悸などの症候ごとに解説!具体的な症例や間違いやすいピットフォール,結果の解釈のコツが豊富で,鑑別疾患をふまえた無駄のないオーダーもできるようになる!

レジデントノートバックナンバー

「レジデントノート」2019年定期購読はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:32.5MB以上(インストール時:81.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:45.5MB以上(インストール時:99MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


9784758116237-iph-1.png 9784758116237-iph-2.png

タテ

見開き


病棟でいつも使う検査の活かし方を,発熱や意識障害,悪心,動悸などの症候ごとに解説!具体的な症例や間違いやすいピットフォール,結果の解釈のコツが豊富で,鑑別疾患をふまえた無駄のないオーダーもできるようになる!


----


(前略)

本特集では,鑑別診断をふまえて無駄なくオーダーし,スマートにその結果を解釈できるコツを,総合内科・総合診療の若手リーダーたち,そして内分泌専門医に執筆してもらいました.

まず,入院時によく使う検査の"選び方"や結果の"読み方"・診療への"活かし方"を中心に研修医の実践に直結する内容をまとめました."選び方"として,不要な検査をしないための基本からはいり,"活かし方"として,市中病院で遭遇しやすい感染症を例に,一般的な臨床検査のオーダーとその解釈を学んでいただきます.

各論では,病棟でよく診る"症候"ごとに行うべき検査を挙げて,検査の感度や特異度を活かした鑑別診断の狭め方や,治療への活かし方,研修医が間違いやすいピットフォールを解説しました.

(中略)

さらに,検査を組み立てるうえで,研修医泣かせな症候として不定愁訴があります.不定愁訴では,問題となる臓器や疾患がわかりづらく,どのような検査をすべきか難渋します.特に研修医にわかりにくい内分泌検査について,私のサブスペシャリティとして肝入りの,この【各論2】を特集し私の信頼するジェネラルマインドをもった内分泌専門医に解説いただきました.

(中略)

本特集は,若手医師たちの病棟バイブルとして,きっと役立つと思います.臨床検査はすべての科の医師にとっての必須アイテムです.スマートに使いこなせれば臨床がさらに充実します.本書を読み,臨床の現場で検査がもっと身近に感じられる瞬間を実感してください.


原田 洸,西村 義人,大塚 文男
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科・総合内科学,厚生労働省 大臣官房国際課


----

特集

特集にあたって

総論 病棟でよく使う臨床検査を選び出す!

検査の選び方,活かし方

入院時ルーチン検査の選び方 〜何をどこまでチェックすればよいのか

各論1 病棟でよく診る症候をもとに,検査を組み立てる

入院患者の発熱

入院患者の意識障害

入院患者のSpO2低下

入院患者の腎障害

入院患者の貧血

各論2 内分泌疾患を見逃さないための検査のコツ

悪心・嘔吐 〜高カルシウム血症に対する検査の選び方

動悸・頻脈 〜甲状腺関連検査の使い方・選び方

倦怠感 〜副腎不全症に対する検査の選び方

Advanced lecture

内分泌検査でオーダーすべき項目とは?

連載

実践! 画像診断Q&A―このサインを見落とすな

左下腹部痛を主訴にした40歳代女性

労作時の呼吸困難を主訴とした50歳代男性

なるほどわかった! 日常診療のズバリ基本講座

教えられ上手な研修医になろう

臨床検査専門医がコッソリ教える...検査のTips!

第25回 あなたの採血手技は大丈夫!?

みんなで解決!病棟のギモン

第37回 救急でてんかん重積にどう対応する?

よく使う日常治療薬の正しい使い方

解熱鎮痛薬の使い方〜"解熱"にフォーカスをあてて〜

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第55回 ビートルズがCTをつくった?

攻める面談,守る面談

第11回 ACPをやってみよう(前編)

Step Beyond Resident

第185回 CAP=帽子,ふた,市中肺炎?Part3〜コワイコワイあいつ(肺炎球菌&レジオネラ)を攻略せよ〜

対岸の火事、他山の石

第211回 止める・固める・溶かす

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示