Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   がん治療   消化器内科

食道・胃腫瘍診断 改訂版

田尻 久雄, 小山 恒男 (編)

株式会社 羊土社

399 頁  (2015年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥9,350 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月16日

消化器内視鏡診断学をマスターするために必要な入門書!

観察の基本と共に,最新の病型・肉眼分類や拾上げ診断のコツも豊富な画像で丁寧に解説.更に様々な症例を掲載したCaseStudyで確かな鑑別・深達度診断の力が身につき,内視鏡診断の基礎から実践まで学べる!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:88.9MB以上(インストール時:222.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:60.4MB以上(インストール時:131.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758110563-and-1.png 9784758110563-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758110563-iph-1.png 9784758110563-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


観察の基本と共に,最新の病型・肉眼分類や拾上げ診断のコツも豊富な画像で丁寧に解説.更に様々な症例を掲載したCaseStudyで確かな鑑別・深達度診断の力が身につき,内視鏡診断の基礎から実践まで学べる!


----


改訂の序

上部消化管の内視鏡診断学を,初学者にも分かり易く解説することを目的とし,初版を発刊してから6年が経過した.この間に内視鏡の世界は大きく変化した.

NBIは第二世代となり,さらに明るく高画質になった.また,BLIの登場によりレーザー内視鏡が臨床に使用されるようになった.内視鏡メーカー各社の切磋琢磨により,より高画質の内視鏡が開発され,日常診療で使用されるようになった.

H.pylori胃炎に対する除菌療法が保険適応となり,国民総除菌によって胃癌は激減すると思われた.しかし,除菌後にも胃癌は発生し,それどころか除菌後胃癌は表層分化や,非上皮性粘膜による被覆によって,かえって診断が困難となり得ることが判明した.

日本食道学会がまとめた食道扁平上皮癌の拡大内視鏡分類は広く普及したが,simpleな分類故に,その限界も明らかになってきた.

そこで改訂版では,「消化器内視鏡診断学をマスターするために必要な入門書」とするコンセプトを踏襲しつつ,内視鏡画像を一新し,最新鋭の高画質内視鏡画像に入れ替えることにした.また,BLIを含め,第二世代のIEEを駆使した拡大内視鏡による診断を充実させた.さらには,日本食道学会分類に基づいた解説を加えた.

お忙しいなか,執筆を引き受けて下さった諸先生方に厚く御礼申し上げるとともに,編集の労をとっていただいた羊土社の鈴木美奈子氏 ,中田志保子氏へ感謝する.本書が,初学者のみならず,全ての内視鏡医に役立つ事を願い,改訂の序とする.


2015年4月

小山 恒男
田尻 久雄


----

第1章 解剖と内視鏡挿入法

A.上部消化管内視鏡

1.食道・胃・十二指腸の解剖

2.スコープ挿入法(前処置,sedationを含む)

B.経鼻内視鏡

1.鼻腔,咽頭の解剖

2.挿入法

第2章 食道・胃腫瘍の基本事項

1.疫学とリスクファクター

(1)咽頭〜食道SCC

(2)Barrett食道

(3)胃

2.病型分類・肉眼分類

(1)食道癌

(2)胃癌

第3章 術前内視鏡診断

A.通常内視鏡診断

1.内視鏡観察・写真撮影の基本とコツ

(1)咽頭・食道

(2)Barrett食道

(3)胃・十二指腸

2.拾上げ診断

(1)食道

(2)胃

3.腫瘍・非腫瘍の鑑別

(1)食道

(2)胃

4.癌の深達度診断

(1)食道

(2)胃

B.拡大内視鏡診断(NBIを含む)

1.食道

2.Barrett食道・表在癌

3.胃

(1)胃炎

(2)胃癌

C.超音波内視鏡診断

1.食道

2.胃

第4章 内視鏡治療の適応(EMRとESD)

1.表在型食道癌

2.早期胃癌

3.十二指腸腫瘍

第5章 Case Study:Q&A

A.咽頭

1.鑑別診断

Case(1)

Case(2)

2.深達度診断

Case(1)

Case(2)

B.食道

1.鑑別診断

Case(1)

Case(2)

Case(3)

2.深達度診断

Case(1)

Case(2)

Case(3)

Case(4)

Case(5)

C.胃

1.鑑別診断

Case(1)

Case(2)

Case(3)

Case(4)

Case(5)

Case(6)

Case(7)

Case(8)

Case(9)

2.深達度診断

Case(1)

Case(2)

Case(3)

Case(4)

Case(5)

3.治療法の選択

Case(1)

Case(2)

Case(3)

Case(4)

Case(5)

Case(6)

D.十二指腸

1.鑑別診断

Case(1)

Case(2)

2.深達度診断

3.治療法の選択

Case(1)

Case(2)

Case(3)

Case(4)

Case(5)

第6章 良性疾患

1.胃食道逆流症(GERD)

2.食道ヘルペス・サイトメガロウイルス

3.カンジダ

4.IBDに伴う食道病変

5.食道・胃静脈瘤

6.胃ポリープ

7.慢性胃炎

8.鳥肌胃炎

9.急性胃粘膜病変(AGML)

10.胃潰瘍

11.十二指腸潰瘍

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示