Home   >    eBookStore   >   研修医   教科書で学ぶ   丸善出版   生理学

ギャノング生理学 原書25版

岡田 泰伸 (監修) / 佐久間 康夫, 岡村 康司 (監訳)

株式会社 丸善出版

920 頁  (2017年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥10,800 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月09日

立ち読み   お気に入りに入れる

基礎医学と臨床医学との関連性を明示した記述により、医系学生はもちろん、臨床家にも役立つ一冊。

世界的に高い評価を得ている生理学の定番教科書、待望の原書最新版の完訳版。優れた紙面構成はそのままに、内容をアップデート。今版では定評のある図版を大きく改良。同一の構造や細胞、器官の描写や配色に統一性をもたせ、図版説明も詳しくなり、生体システムへの理解をさらに深める工夫がなされています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:178.4MB以上(インストール時:446MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:166.5MB以上(インストール時:362.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784621301883-and-1.png 9784621301883-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784621301883-iph-1.png 9784621301883-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


世界的に高い評価を得ている生理学の定番教科書、待望の原書最新版の完訳版。
優れた紙面構成はそのままに、内容をアップデート。今版では定評のある図版を大きく改良。同一の構造や細胞、器官の描写や配色に統一性をもたせ、図版説明も詳しくなり、生体システムへの理解をさらに深める工夫がなされた。本文内容は、生理学の重要なトピックを網羅しており、最新知見や国内事情に配慮した訳注を随所に掲載。章冒頭の学習目標や章末のまとめ・多肢選択式問題により、要点を確認・整理しながら学習を進められる。基礎医学と臨床医学との関連性を明示した記述により、医系学生はもちろん、臨床家にも役立つ一冊。


----


原書25版,翻訳まえがき

「Physiology(生理学)」は,その和訳漢字が示す通り「Logic of Life(生命の論理)」を究めるものであり,生体のすべての機能とそのメカニズム(機構)を解明する学問です.そもそも生理学は,人類史において自然を取り扱う学問として開始された「Physiologie(自然科学)」が,物質を扱う「Physics(物理学)」と生命を扱う「Physiology(生理学)」とに分化したことに始まります.その後,生理学から解剖学や薬理学,生化学などが分枝し,さらに分子生物学や脳科学なども分かれてそれぞれが発展してきました.しかし,分子・遺伝子レベルと脳・情報レベルの研究が深化した現在では,生理学はそれらすべてを統合した学問(統合生物学)として再確立され始めています.さらには,ヒトの疾患は人体の機能とその機構の異常として捉えることができるので,臨床医学・医療の基礎は生理学によって与えられるものであります.これこそが,生命科学全般を授賞対象とするノーベル賞が「ノーベル生理学・医学賞」と称されている所以であります.また,今後の発展が期待される再生医学・再生医療においても,「再生細胞・組織・器官・臓器の機能が,まさにシステム全体の中でしかるべき機構のもとに正しく発揮されているのか?」という点がこれから特に問われることになりますので,生理学研究の果たす役割が今後さらに強く求められていくに違いありません.

本書『ギャノング生理学』は,『Ganong's Review of Medical Physiology』の原書25版の翻訳書です.22 版までの『Review of Medical Physiology』をたった一人で著され,46年間もの間絶やすことなく2年ごとの改訂作業をされたWilliam F. Ganong博士が2007年暮に亡くなられました.そして,その3年後からKim E. Barrett 博士ら4名の執筆者が改訂を行った23版より,本書は『Ganong's Review of Medical Physiology』として新たな装いで再出発し,その後3年ごとに改訂されていくことになりました.

本書の第一の特徴は,「臨床医学・医療の基礎としての生理学」の教科書を体現すべく,「クリニカルボックス」と「治療上のハイライト」を随所に配して臨床医学・医療との関連性を強めていることです.第二の特徴は,最新の生理学を分子レベルから個体レベルにまで統合した形で鳥瞰しつつ,わかりやすく書かれていることです.それがゆえに,本書はこれまで実際に多数の医学生のみならずすべての医系学生の教科書として,また臨床医師や医療スタッフの方々の参考書として,広く親しまれてきました.加えて,本書の第三の特徴は,いわば「原書を超える内容」が付加されている点にあります.それは,我が国を代表するトップ生理学研究者に各章の翻訳をご担当いただくことにより,原書の不十分な点の訂正・補足,さらには現代生理学に必要な最新情報を「訳注」として加えていただくことにしたからです.

今版より,監訳者の責は私から佐久間康夫先生と岡村康司先生のお二人にお譲りし,私は監修者としての務めに回ることになりました.そして各章訳者としては,今回,岡田幸雄先生と高木都先生が退かれ,新たに久保亜抄子,志水泰武,中村一芳,山口正洋の各先生に加わっていただきました.なお,21版から今版まで「学習,記憶,言語,発話」の章(今版15章)の訳をご担当いただきました泰羅雅登先生が,刊行の直前に残念ながら急病のために逝去されました.ここに,心より哀悼の意を表します.

すでに50年以上も前の学生時代に,私は『Review of Medical Physiology』原書をテキストとして学び,以来生理学研究の道を歩んでからも,学生や同僚との輪読会にもしばしば用いて親しんできた本書に,19版から訳者の一人として,20版からは訳者代表,23版からは監訳者,そしてこの25版からは監修者として関わらせていただき,本書との深い縁に感慨深いものを感じております.本年3月末に学長職を退いて,再び全生活を生理学研究・教育に傾けることができるようになり,改めて本書の果たす役割の大きさを体感しています.今回も,すべての訳文を原文と対照しつつチェックする過程を踏み,それが本原書を隅から隅まで読み直して大いに楽しむ機会ともなりました.読者の皆様も,それぞれの立場で本訳書を繙き,生理学の魅力を,たとえその一端でも感じていただければ,それは翻訳に関わった者一同の喜びであります.そして,読者の皆様方から,ご意見・ご教示・ご批判をいただければ,さらにありがたく存じます

このたびの改訂版の編集・校正・刊行にあたり,丸善出版株式会社企画・編集部第一グループの諏佐海香氏のご苦労と,寛容と熱意あるご対応に深謝いたします.

最後に,他の教科書には見られない優れた特徴をもつ,この原書25版訳書『ギャノング生理学』が,広く読者の皆様のお役に立つとともに,より一層愛されることによって,現代生理学の果たす役割の一角を担えることを念願する次第です.


2017年10月

監訳者
岡田 泰伸


----

I編 医科生理学の細胞および分子的基礎

1. 医科生理学の一般原理とエネルギー産生

2. 医科生理学における細胞生理学の概要

3. 免疫,感染,炎症

4. 興奮性組織:神経

5. 興奮性組織:筋肉

6. シナプス伝達と接合部伝達

7. 神経伝達物質と神経修飾物質

II編 中枢および末梢神経生理学

8. 体性感覚の神経伝達:触,痛み,温度の感覚

9. 視覚

10. 聴覚と平衡感覚

11. 嗅覚と味覚

12. 姿勢と運動の反射と随意制御

13. 自律神経系

14. 脳の電気的活動,睡眠-覚醒状態,サーカディアンリズム

15. 学習,記憶,言語,発話

III編 内分泌と生殖生理学

16. 内分泌調節の基本概念

17. ホルモン機能の視床下部性調節

18. 下垂体

19. 甲状腺

20. 副腎髄質と副腎皮質

21. カルシウムとリン酸代謝の内分泌性制御と骨の生理学

22. 女性生殖器系の発達と機能

23. 男性生殖器系の機能

24. 膵臓の内分泌機能と炭水化物代謝の調節

IV編 消化器生理学

25. 消化器のはたらきとその調節の全体像

26. 消化と吸収,および栄養学の基礎

27. 消化管運動

28. 肝臓の輸送機能と代謝機能

V編 心血管の生理学

29. 心臓の自動性と電気的活動

30. ポンプとしての心臓

31. 体液の循環成分としての血液,血液とリンパの循環力学

32. 循環の調節機序

33. 特殊部位の循環

VI編 呼吸生理学

34. 肺の構造と機能 序論

35. ガス輸送とpH

36. 呼吸の調節

VII編 腎生理学

37. 腎機能と排尿

38. 細胞外液の組成と量の調節

39. 尿の酸性化と重炭酸イオン排泄

多肢選択式問題 解答

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示