Home   >    eBookStore   >   学生   丸善出版   生命科学

京大人気講義シリーズ 生体リズムと健康

若村 智子 (編著)

丸善出版 株式会社

166 頁  (2008年1月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,052 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年03月01日

立ち読み   お気に入りに入れる

最近特に多い「生体リズム」に関する発見を日常生活や健康と結びつけて解説。

基礎知識から最新トピックスまでを具体的に身近な例を挙げて解説するとともに、我々が本来有している「生体能力」をどのように有意義に活用すれば、健康的な生活が維持できるのかを提示。

■京大人気講義シリーズ
健康心理学 第2版

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク未対応 南山リンク未対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
Android 外部メモリ:13.3MB以上(インストール時:28.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:4.3MB以上(インストール時:10.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784621079485-iph-1.png 9784621079485-iph-2.png

タテ

見開き


地球上のあらゆる生物は、24時間を基礎として生活するリズムを持っており、人間にも同様の機構がある。この「生体リズム」に関する発見は最近特に多く、日常生活や健康と結びつけて解説されると、自己体験を通じて納得できることも多々ある。これらの現象に関する様々な知見は、「24時間社会」といわれる今、日常生活やビジネス、ヘルスケアで重要であるのみならず、子どもたちの成長や教育にとっても、とても大切である。本書では、これらの話題に関して、基礎知識から最新トピックスまでを具体的に身近な例を挙げて解説するとともに、我々が本来有している「生体能力」をどのように有意義に活用すれば、健康的な生活が維持できるのかを提示。


----


まえがき

本書は、私の京都大学医療技術短期大学時代の恩師でもある園田学園女子大学教授(兵庫県立看護大学名誉教授)の近田敬子先生の存在がなくては生まれませんでした。振り返ってみますと、先生は、私が病院で看護師をしている頃から、ずっと見守ってくださっていました。私がこのような学問に進むきっかけも作ってくださいました。そして二○○五年に園田学園女子大学人間看護学科の創設にあたり、先生は、基礎専門科目のひとつにこの内容の授業をすることをお考えくださいました。看護師にとって生体リズムは患者だけでなく、看護師自身の健康を考えるために重要であるということは十分わかっていましたので喜んでお引き受けすることにしました。私はそれに伴い、京都大学での全学共通科目のひとつの授業として「生体リズムと健康」の講義を始めることにしました。どの学部の学問にもこの領域は関係し、学生自身だけでなく、次の世代である子どもたちの健康や教育、職場での安全管理にも関係するからです。京都大学にも、生体リズムの研究をされている著名な先生はたくさんおられますが、シラバスには生活や健康に焦点をあてた講義は開講されていなかったのです。

この講義は、前期の火曜日の一限目にあります。最初の年は、五○○余名の履修登録があり、教室があふれ出し、配布資料が足りないことが続きました。「連休が過ぎれば落ち着きます」という事務方の予想に反して、教室からあふれることがつづき、とうとう三八○名定員の京都大学で一番大きい講義室で行うことになりました。

この講義では関連する研究をしておられる二名の先生に、ご自分の研究をそれぞれ一コマですが、語っていただきました。近藤雅之先生には、建築の立場から健康についてお話しいただきました。建築学科を含めて工学部学生の受講者が多く、先生の講義から建築がただ美を問うものでなく、生活する人のためのものであり健康に関与できるという衝撃を学生に与えたと思います。また、原田哲夫先生は、膨大な疫学データをもとに、二四時間社会で子どもたちがどのような状態に追いやられているのか、切迫した状況をお伝えくださいました。学生は自分が親から受けたしつけや教育がいかにありがたいのかを感謝しつつ、次の世代への決意をレポートで述べています。

本書では、このお二人のゲストスピーカーの先生のご協力も得て、一緒に執筆してくださることになりました。このような類の本では、ハウツー的なもので根拠が明示されていない本はありますが、学生が学術文献に出会え、研究の基礎を知ることができる日本語の本は、まだなかなか少ないので、その助けになればと意識しました。また、この領域を研究しない方にとっても、ここで扱う思想は、いろいろな学問の発展や基礎づくりに重要なだけでなく、私たちの生活にとっても数多くのヒントを含んでいます。そのことを踏まえて、今までの研究成果をわかりやすくまとめ、この領域を専門としない一般の方にも手を取っていただけるように心がけました。


二○○八年一月

若村 智子


----

第1章 生体リズムとは何か

第2章 光環境と体内時計

第3章 概日リズムとメラトニンホルモン

第4章 増加する睡眠障害に悩む人々

第5章 睡眠と事故の関連

第6章 快適な睡眠を導く住環境

第7章 体温調節と生体リズム

第8章 生体リズムとライフサイクル

第9章 ジェットラグとシフトワーク

第10章 季節性感情障害

第11章 二四時間社会による子どものライフスタイルの変化と問題点

第12章 現代社会と生活リズム

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示