Home   >    eBookStore   >   研修医   中外医学社   神経内科   小児科   精神科

神経発達障害診療ノート

橋本 浩 (著)

株式会社 中外医学社

148 頁  (2018年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,860 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年08月17日

すっと読めば、さくっとわかる。じっくり読めば、深くわかる。

データの羅列や、専門的な議論に陥ることを割け、神経発達障害の基本的な理解と、実地診療で必要な診方・考え方の基本をしっかりと記述することを心がけたオーソドックスな入門書。(児童)精神科医・小児科医・神経内科医など、神経発達障害を守備範囲とする方にオススメです。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:15.6MB以上(インストール時:39.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:6.5MB以上(インストール時:14.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498328082-and-1.png 9784498328082-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498328082-iph-1.png 9784498328082-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


(児童)精神科医はもちろん,小児科医も神経内科医も,神経発達障害を守備範囲とすることが求められる時代となった.本書は,データの羅列や,専門的な議論に陥ることを避け,神経発達障害の基本的な理解と,実地診療で必要な診かた・考えかたの基本をしっかりと記述することを心掛けたオーソドックスな入門書である.


----


はじめに

神経発達障害(神経発達症)は,小児科や児童精神科あるいはリハビリテーション科でも症例数が増えているといわれています.統計学的にも小児の気管支喘息と大差がない頻度でその存在が認められています.当院でも,小児科や神経内科の守備範囲の一つとして,神経発達障害を対象とした診療を行っています.

わが国では発達障害者支援法の成立後,ますます神経発達障害に対する注目が集まり,医療に対するニーズが増えているようです.しかし,成人では精神科だと神経発達障害を診てもらえる施設が少なく,小児科でも患者数が多すぎてスタッフや設備が不足し,年齢や通院年数などで独自の診療制限をかけざるを得ないところもあるようです.それほど患者さんは多い,ということのようです.

それを受けて神経発達障害を扱った数々の出版物が刊行されていますが,データがたくさんあってどれがポイントなのか把握し辛い,専門的過ぎて初学者には難しい,などいろいろな書籍があるようです.

そこで,最も基本的な部分をしっかり押さえようという目標を達成しようと書き下ろしたものが,本書です.つまり,難しい理論の話はほぼ出てきませんが,実地診療で必要なみかた,考え方の基本をしっかりと押さえておこう,というわけです.

本書では,疾患名はDSM-5 に準拠しているので,それ以前の広汎性発達障害やアスペルガー症候群などの用語は,基本的には使用していません.2005年に施行された発達障害者支援法では,神経発達障害を発達障害と呼称し,その範囲を「自閉症,アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害,学習障害,注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう」と定義されており,この行政上の区分と学術上の区分には差異があります.しかしながら,この差異は今後も変化していくものと考えられています.

本書がみなさんの日常診療のお役に立つことがあれば,幸いです.


2018年新春

橋本 浩


----

Part 1 総論

入門編

▪神経発達障害とは

▪疫学と社会的背景

▪採算性を含む診療体制の問題

▪かかりつけ医と専門家および専門家同士の連携

▪かかりつけ医が発達障害を疑ったら

Column 臨床心理士もいろいろ

▪参考文献

基本編

▪神経発達障害の分類

▪神経発達障害診療の基本

▪治療とフォローアップの基本

▪NICU退院児と神経発達障害

▪神経発達障害と耳鼻咽喉科・眼科

Column 日本の学校教育のIQ 偏重による弊害

▪参考文献

Part 2 各論

A.疾患各論

▪知的発達症(群)

▪コミュニケーション症(障害)

▪自閉スペクトラム症(ASD)

▪注意欠如・多動症(ADHD)

▪限局性学習障害(群)

▪運動症

B.治療・療育・連携・支援の概要

▪心理療法

▪リハビリテーション

▪ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とライフ・スキル・トレーニング(LST)

▪ペアレントトレーニング

▪神経発達障害と食事

▪薬物療法

Column 困った母親が増加している...?

▪参考文献

Part 3 応用・発展編

▪症例1

▪症例2

▪症例3

Column 神経発達障害に対する法律と差別の問題


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示