Home   >    eBookStore   >   研修医   救急外来で   中外医学社   救急医学

救命救急24 最重症例から学ぶ現場の思考

宮㟢 紀樹 (著者)

株式会社 中外医学社

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,240 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月09日

立ち読み   お気に入りに入れる

これこそ3次救急のリアル!重症内因性疾患を救命する医師の頭の中を現在進行形で丸裸にした1冊

一般的な救急医療の本とは一線を画し、3次救急の現場でいかに頭を使い、それを行動に移すかにフォーカスを当て、実際の症例をもとにしたリアルな時間軸のなかで「救急医の頭の使い方」を学んでいく。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:17.9MB以上(インストール時:44.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:70.5MB以上(インストール時:153.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498166004-and-1.png 9784498166004-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498166004-iph-1.png 9784498166004-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


3次救急の初療における"頭の使い方"とは?

私が勤務する東京都立墨東病院は,東京都墨田区にある772床の病院で,日々たくさんの救急患者を受け入れている.都内には数多くの救急病院があるが,その分布は都心に密集しており,隅田川を東に越えると救命センターは当院だけとなる.そういった事情もあり,区東部の背景人口約180万人の3次救急を一手に担っている.

そのため3次救急の受け入れ数は年間2000件ほどで,本邦でもトップクラスの数を誇っている.

最重症患者が運ばれてくる3次救急の初療室では,初期治療の出来が救命の成否を分ける.どうやっても助からない症例,実は軽症であった症例も実際は存在するが,適切な初期対応を行わないと命を落とす最重症例も多く存在する.

刻一刻と状態が変化し,立ち止まって考える時間すらない症例に対して,いかなる思考過程で救命に導くか.正解などない救命救急の現場では,その時点での妥当な選択と行動を紡いでいくことが何よりも重要である.


さて,当院救命センターには,幸いにも多くの初期研修医,後期研修医がローテートしてくれており,また駆け出しの救急医も多く所属する.彼らの中には救急,集中治療の知識が豊富な人も多いのだが,いざ初療となると途端に動けなくなる人が実に多い.その原因のほとんどは,初療室での「頭の使い方」にあるように思う.

初療では最も大切なものの1つであるのに,世の中には思考訓練を目的とした医学書が実に少ない.そういった事情から,今回執筆する運びとなった.


本書は一般的な救急医療の本とは一線を画しており,3次救急の初療現場でいかに頭を使うか,というところにフォーカスを当てている.網羅的なものではないので,これを読んでも救急医学の知識の整理にはならないと思われる.ただ救急医療,特に最重症例においては,症例ごとに重要なエッセンスが詰まっていると確信している.

まず基本的に,検査はすぐに結果の出るものだけを扱っている.すなわち血液ガス,エコー,12誘導心電図である.最重症例では,一般の採血検査結果を待っている間に勝負がついていることも多い.本書では情報,身体所見,初期検査のみで初療が進んでいく.

また特徴的なところとして,初療室入室からの時間経過を分単位で載せている.瞬間ごとに何を考えどう行動したか,入室からどのくらい時間が経っているかも意識して読み進めていただきたい.

本書は,救急を志している初期研修医,そして実際に救急の道に進んだ後期研修医や駆け出しの救急医を意識して執筆した.本書を通じて初療での「頭の使い方」を学び,実臨床に生かしていただければ幸いである.


2018年9月


宮﨑紀樹


----

第1章 病院前情報と心構え

症例1 60歳代男性の吐血

症例2 80歳代女性の嘔吐

症例3 60歳代男性の意識障害

第2章 臨床的ストーリーの構築

症例4 70歳代男性の意識消失

症例5 自宅で倒れていた80歳代女性

症例6 60歳代男性の呼吸困難

第3章 判断・決断・行動

症例7 60歳代男性の腹痛

症例8 60歳代男性の吐血

症例9 40歳代男性の呼吸困難

第4章 違和感と落とし穴

症例10 60歳代女性の意識消失発作

症例11 70歳代女性の意識障害

症例12 60歳代女性の呼吸困難

第5章 変化に備える

症例13 70歳代女性の腹痛

症例14 50歳代女性の意識障害

症例15 60歳代女性の吐血

第6章 意識障害

症例16 70歳代女性の意識障害

症例17 70歳代男性の意識障害

症例18 80歳代男性の意識障害

第7章 ショック

症例19 70歳代男性の意識障害

症例20 50歳代男性の胸痛

症例21 80歳代女性の意識障害

第8章 ECPR

症例22 50歳代男性の院外心停止

症例23 40歳代女性の胸痛,ショック

症例24 20歳代女性の過量服薬


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示