Home   >    eBookStore   >   金原出版   画像診断

BRAND NEW 心臓核医学

西村 恒彦 (編)

金原出版 株式会社

288 頁  (2012年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥8,800 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年11月18日

進歩著しい心臓核医学の最先端をフロントランナ-達が詳細解説!

心臓核医学は機能画像診断法として臨床的有用性が確立され、さらに形態診断(CT/MR)との融合画像や分子イメ-ジングなど新しい展開を遂げつつある。
「基礎」「症例」「展開」「エビデンス」「展望」の5部構成で、現時点での「心臓核医学のすべて」を網羅した内容となっている。心臓核医学に関わる循環器内科・外科医、放射線科・核医学科医および診療放射線技師の方々の座右の書として好適・必携の1冊。

便利機能

全文検索未対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク未対応 南山リンク未対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:61.6MB以上(インストール時:123.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:50.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784307070911-iph-1.png 9784307070911-iph-2.png

タテ

見開き


心臓核医学は機能画像診断法として臨床的有用性が確立され、さらに形態診断(CT/MR)との融合画像や分子イメ-ジングなど新しい展開を遂げつつある。「基礎」「症例」「展開」「エビデンス」「展望」の5部構成で、現時点での「心臓核医学のすべて」を網羅した内容となっている。心臓核医学に関わる循環器内科・外科医、放射線科・核医学科医および診療放射線技師の方々の座右の書として好適・必携の1冊。


----


近年、循環器領域の画像診断法の進歩には著しいものがあります。とりわけ、心臓核医学はここ四半世紀の間に機能画像診断法としてその臨床的有用性が確立されるとともに、最近では形態診断(CT/MR)との融合画像や分子イメージングなど新しい展開を遂げつつあります。

本書は、機能画像(代謝および分子画像を含む)診断法としてユニークな心臓核医学が病態を的確に捉え、治療方針の決定や予後予測など循環器診療の中で多いに活用されるようにとの思いを込めて作成したものであります。そこで、本書のタイトルを『BRAND NEW心臓核医学─機能画像が病態を捉える』とさせていただきました。

また本書は、心臓核医学の基礎から臨床そして将来展望に至るまで現時点での「心臓核医学のすべて」を網羅した内容となっています。

本書の編纂に関しては、日頃から懇意にしていただいている心臓核医学の第一人者である汲田伸一郎教授(日本医大)、 玉木長良教授(北海道大)、 中嶋憲一教授(金沢大)および西村重敬教授(埼玉医大)の各先生方に御協力を仰ぎ、また執筆に関しては心臓核医学の第一線でご活躍されている先生方にお願いしました。

このようにして出来あがった本書は、編者にとって40年間近く従事してきた心臓核医学の集大成といえるものになったと自負しております。

本書を循環器内科・外科の先生方、放射線科・核医学科の医師および技師の先生方がテキストとして、あるいは辞書代わりに日常診療の折に触れご利用いただき、少しでも心臓核医学の普及および発展に寄与できれば編者にとって望外の喜びであります。

最後になりますが,本書の上梓に際して御尽力いただいた金原出版 小林一枝,竹山基博両氏に心から感謝いたします。


2012年10月

西村 恒彦


----

A.心臓核医学の基礎

1.心臓核医学検査

2.心筋血流SPECT

3.左室および右室機能の評価

4.心臓交感神経機能のイメ-ジング

5.心筋脂肪酸代謝イメ-ジング

6.99mTc-ピロリン酸(PYP)による心筋壊死イメ-ジング

7.18F-フルオロデオキシグルコース (FDG)による心筋イメ-ジング

B.心臓核医学の実際

1.負荷心筋血流SPECTが虚血重症度判定に有用であったCKD患者の一例

2.PCI後のフォロ-アップ検査が新規病変検出に有効であった一例

3.post stress stunningが認められた3枝病変の一例

4.123I-BMIPPが虚血性心筋症の診断に有用であった重症心不全の一例

5.123I-MIBGによる交感神経活性のモニタ-が有用であった拡張型心筋症の一例

6.不整脈源性右室異形成症/心筋症(ARVD/C)の一例

7.たこつぼ心筋障害の一例

8.心サルコイド-シスの一例

9.家族性肥大型心筋症(hypertrophic cardiomyopathy:HCM)の一例

C.心臓核医学の展開

1.新しいデ-タ収集法

2.新しいデ-タ解析法

3.冠動脈CTとSPECTの融合

4.他のモダリティとの比較

D.心臓核医学のエビデンス

1.心臓核医学エビデンスの重要性と有用性

2.虚血性心疾患の診断とリスク層別化

3.虚血性心疾患の治療評価

4.糖尿病

5.慢性腎臓病

6.心不全と突然死

7.閉塞性下肢動脈硬化症

8.非心臓手術の術前評価

9.その他(心筋症、先天性心疾患など)

E.心臓核医学の展望

1.循環器疾患および動脈硬化の分子イメ-ジング

2.PETによる血管内皮機能の評価

3.PETを用いた特異的イメ-ジング

4.心臓核医学の将来展望


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示