臨床画像 2019年9月号 拡散強調像:最近の技術動向と臨床展開

株式会社 メジカルビュー社

 (2019年8月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,700 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年09月13日

画像医学,画像診断に携わる放射線科医や一般臨床医を対象に,画像診断の重要かつ最新のテーマ,話題のトピックスを取り上げて解説する総合画像医学雑誌。【特集】拡散強調像:最近の技術動向と臨床展開

■特集:拡散強調像:最近の技術動向と臨床展開
序説
先進的な拡散強調MRIの技法
拡散MRIトラクトグラフィの現状
拡散強調像による脳虚血の診断
ほか

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:30.3MB以上(インストール時:62.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:8.8MB以上(インストール時:20.0MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784008003909-iph-1.png 9784008003909-iph-2.png

タテ

見開き



----


拡散強調像(diffusion‒weighted image;DWI)が臨床応用されてすでに久しい。ほかの新しい画像診断技術と同様,臨床応用が始まった当初は頭部にその利用が限定されていたが,神経放射線を専門とする筆者は,高信号を示す急性期脳梗塞や脳膿瘍,類上皮腫などに遭遇するたびに感動を覚えたものである。等方性DWIがMRIのほかの撮像とは異なった拡散という現象に由来する新たなコントラストをもたらし,echo-planar法で短時間の撮像が行われることもあって,種々の頭部疾患において現在に至るまで有用性が発揮されている。頭部MRIにおいてはルーチンの撮像に組み込んでいる施設がむしろ一般的である。また頭部に関していえば,その後の拡散テンソルの導入によるトラクトグラフィのそのほかの拡散パラメータの各種病態への応用もかなりのインパクトがあった。

一方,その後のさまざまな進歩によりDWIがそのほかの多くの臓器にも用いられるようになり,腫瘍性病変をはじめ多くの知見が集積されて,日常診療に不可欠なものになっているのは周知のとおりである。

今回の特集では,まず拡散の解析やトラクトグラフィに関連した最近のトピックス的な事項ないしトレンドを堀 正明先生,神谷昂平先生に解説していただいた。次いで,五明美穂先生,上谷浩之先生,鹿戸将史先生には脳病変,飯間麻美先生,有薗茂樹先生,竹内麻由美先生にはそれぞれ乳腺,泌尿器疾患,婦人科疾患についてDWIの臨床面を中心に最新情報や将来的な展望を含めて執筆していただいた。また高原太郎先生にはDWIのユニークな応用例として,高原先生が情熱を傾けているDWIBS法を用いたMR‒neurographyをまとめていただいた。いずれも現在,DWIの研究や診療で各領域において第一線で研究,診療にあたられている方々ばかりで,的確にポイントを突いた内容の論文になっている。この特集が読者諸氏にとり,奥深いMRIでの拡散の研究の現在の動向を知り,また日常の臨床で把握しておくべきDWIの知識を整理する機会としていただければ編者として大きな喜びと考えている。


土屋 一洋


----

■特集:拡散強調像:最近の技術動向と臨床展開

序説

先進的な拡散強調MRIの技法

拡散MRIトラクトグラフィの現状

拡散強調像による脳虚血の診断

脳腫瘍診断における拡散強調像

拡散強調像が特徴的な脳画像診断−炎症・代謝・精神疾患など−

MR-neurography

乳房の拡散強調イメージング:現状と将来展望

泌尿器科疾患における拡散強調像

婦人科疾患における拡散強調像

●連載

・頭蓋内病変の画像所見スペクトラム[第11回]

脆弱X関連性振戦/運動失調症候群(fragile X-associated tremor/ataxia syndrome;FXTAS)MIMIC


・特集アドバンストコース[Vol.35,5月号]

前立腺癌の画像診断 update

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示