Home   >    eBookStore   >   研修医   救急外来で   学樹書院   救急医学

心拍再開後ケアと低体温療法 トレーニングマニュアル

日本蘇生協議会 (編)

株式会社 学樹書院

98 頁  (2015年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,160 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年02月01日

心拍再開後ケアに必要な事柄を全て網羅!

日本蘇生協議会(JRC)出版部から発刊し,日本循環器学会循環器救急医療委員会心拍再開後ケア普及啓発部会の会員が主体となって企画・作成。実際の現場や各施設でのトレーニング,あるいはPCASトレーニングコースに必携のマニュアルとして役立ちます。

■追補版
PCASトレーニングマニュアル:追補

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:12.3MB以上(インストール時:30.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:333.3MB以上(インストール時:724.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784906502714-iph-1.png 9784906502714-iph-2.png

タテ

見開き


第17回日本脳低温療法学会(2014年8月2日 沼津)において、日本初の試みとして「心拍再開後のケアと低体温療法のトレーニングセミナー」が開催された。このセミナーの開催をきっかけとして生まれることになったのが本書。心停止後の救命率を上げるには、質の高い救命の連鎖が時間の遅れなく実践されることが求められる。そのためには、質の高い効果的なトレーニングの実施が必要であるが、必要な治療法を全て網羅したトレーニングは実際にはほとんど行われてこなかった。蘇生科学の進歩を担う専門家インストラクターらによる本邦初のトレーニングマニュアルである。本書は2015年、日本蘇生協議会の出版部事業の委託を受けて制作された。


----


はじめに

第17 回日本脳低温療法学会(2014年8月1日,2日沼津市)において,日本初の試みとして「心拍再開後ケアと低体温療法トレーニングセミナー」を開催し,定員を大きく上回る多くの参加者があり,トレーニングマニュアル作成希望の声が多く聞かれました.

心停止後の救命率を上げるには,質の高い救命の連鎖が時間の遅れなく実践されることが求められます.それには,心肺蘇生法(CPR)の質の向上が不可欠で,CPRのフィードバックシステムの利用,確実な気道管理,機械圧迫による絶え間ない質の高い胸骨圧迫の継続,循環不全に対する経皮的人工心肺補助装置(PCPS)の迅速で安全な導入,心拍再開後(PCAS)のケア,特に低体温療法やカテーテル治療が重要な治療法となります.これらを救急室から集中治療室あるいはカテーテル検査室までの標準的なチーム医療として各施設で確立するためには,効果的なトレーニングが必要となります.これらの治療法を全て網羅したトレーニングは国際的にも少なく,国内初のセミナー開催であり,それに基づいたトレーニングマニュアルは本邦初のテキストとなります.

本テキストは,日本蘇生協議会(JRC)出版部から発刊し,日本循環器学会循環器救急医療委員会心拍再開後ケア普及啓発部会の会員が主体となって企画・作成をいたしました.

現在の心拍再開後ケアに必要な事柄が全て網羅されており,実際の現場や各施設でのトレーニング,あるいはPCASトレーニングコースに必携のマニュアルとして役立つものであると確信しています.


JRC 代表理事
野々木 宏


----

はじめに

執筆者一覧

使用器材一覧

略語一覧

概説

心拍再開後ケアの重要性

呼吸管理,循環管理

低体温療法(プロトコール含)

モニタリング

アルゴリズム,シミュレーショントレーニング

薬物治療と合併症対策

各論

トレーニングの実際

レッスン1 質の高い心拍再開

1 CPR の質のフィードバック

2 機械圧迫

3 呼吸管理

4 モニタリング

まとめ

レッスン2 適切な循環補助:PCPS,IABP

1 PCPS

2 IABP

器材紹介

まとめ

レッスン3 適切な温度管理

1 アークティックサン

2 クーデック® アイクール(咽頭冷却)

3 サーモガード®

4 KTEK-Ⅳ

まとめ

レッスン4 PCAS シミュレーション(適切なチーム医療)

1 アルゴリズムについて

2 実際のPCAS シミュレーションについて

まとめ

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示