Home   >    eBookStore   >   研修医   シービーアール   放射線科   画像診断

画像解剖に基づく単純X線写真の撮影法と読影のポイント

黒木 一典, 古川 博明 (著)

株式会社 シービーアール

250 頁  (2009年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,400 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2012年12月21日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

研修医単純X線処方のためのバイブル。

ひとつひとつ解剖を裏づけにした解説で単純X線写真の読み方、撮り方が手に取るようにわかる書籍です。

特徴
・209種類の撮影法のX線画像とX線解剖のすべてがわかる。
・解剖がわかると症状に見合った必要な情報が直感でわかる。
・解剖がわかると画像の読みがより深く理解できる。
・基本的な撮影法が解説されているので撮影のオーダーが適切にできる。
・X線がわかるとCT、MRIの読影にも強くなる

単純X線 撮影・読影の定番書をぜひお持ちのタブレット端末・スマートフォンでご活用ください。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:48.8MB以上(インストール時:121.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:35MB以上(インストール時:76.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784902470529-and-1.png 9784902470529-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784902470529-iph-1.png 9784902470529-iph-2.png

iPad

iPhone4


研修医単純X線処方のためのバイブル。

臨床現場において、研修医には単純X線写真の素早く正しいオーダーできるよう、単純X線で使用されるすべての撮影法に対応する骨関節の構造をイラストを用いて詳しくわかりやすく示し、単純X線画像と対比させながらの撮影法、読影のポイントを解説している。全209種の撮影法を掲載。病態や受傷機転によるチェックポイントが丁寧に解説されているので救急時にもほしい画像の撮影法がすばやく選択でき、技師への行き届いた撮影法の処方ができる。得られた画像の読み方、正しい画像か、不十分な画像か、アーチファクトの判断が根拠をもってわかる仕立てになっている。

<著者紹介>

黒木一典(湘南記念病院放射線科)

日本医学放射線学会専門医、日本IVR学会専門医、第1線で活躍する臨床歴24年の専門医。

古川博明(川崎市立多摩病院画像診断部診療放射線技師)

骨関節の解剖に詳しく、それに基づいてすべての撮影法を解剖学的にイラストで解説できる鬼才。臨床歴24年、研修医のパートナーとして信頼されている放射線技師。


----


著者のことば


X線単純写真の撮像法に関する成書はすでに多数あるが,本書は実際に撮像する診療放射線技師の立場に立った通常の撮像法の解説ばかりでなく,検査を依頼する医師に適切な撮影指示を出すために役立つ解説書となるよう配慮されている.むしろ後者に力点が置かれているといってもよい.

いささか恥ずかしい話であるが,私が内科の研修医の頃,X線検査とりわけ単純写真の検査依頼を,指導医に言われるまま,何となく,惰性で明確な目的もなく行っていたことが少なからずあった.また,あまり普段依頼しない領域の場合,最適な撮像法がよくわからなくても取りあえず依頼してしまうこともあった.そのような時,しばしば診療放射線技師の方々から問い合わせがあり,「先生,なぜこの検査が必要なんですか?何が知りたいんですか?本当にこの撮像法でよいですか?」と究極の質問が飛んでくる.そのたびに顔面蒼白になったものであるが,いま思えば大いに勉強になり,助けられたと心より感謝している.

このように以前は研修医も時間をかけ,失敗や経験を重ねて成長でき,トレーニングを受ける立場の者に対する許容範囲もそれなりに広かったが,現在の医療を取り巻く環境はこのようなことを許してはくれない.経験の浅い医師でも要求されるハードルは非常に高い.画像検査でも必要最低限の検査で最大の情報を引き出すことが要求される.当然といえば当然であるが,現実にはなかなか厳しいものがある.

本書のねらいはまさにそこにある.本書は診療放射線技師,古川博明氏の豊富な専門知識と長年の経験に基づいた,渾身の一作である.必ずや,研修医をはじめとする経験の浅い医師が臨床の現場で実際にX線単純写真を検査依頼する際に役にたつものと信じている.またベテラン医師でも普段馴染みのない領域の検査の場合大いに参考になるものと思う.もちろん診療放射線技師の撮像の手引書になることは言うまでもない.


2009年 2月

黒木 一典


現在,画像診断はX線CT,MRI,超音波検査など様々なモダリティが発達し,その適応も広がりつつある.それらに譲るところも多くなったが,やはり画像診断の基本は単純X線写真であろう.

単純X線写真から読み取れる情報量は,症例にもよるが,撮影する側の技術や知識,経験に左右されるところが大きい.だが一方では,依頼医師がその症例や症状に合致した適切な撮影指示をしなくては,診療放射線技師は依頼医が求める画像を提供できない.

そのため本書は,一般的な撮影法をできるだけ数多く収載することに重点をおいた.撮影指示によりどのような単純X線画像が得られるか,また読み取れる代表的な情報,そしてどのような体位で撮影されるかを把握し,より直感的にX線画像解剖を理解していただけるように基本的撮影法も記したので,撮影依頼のときから活用していただきたい.

そして撮影する側,診療放射線技師には解剖や病態の知識を常に深め,患者さんにとってより価値のある情報を提供することが求められている.そのためまずはどのような症例でも,技師の誰もが,常に基本形で撮影したものと差異のない画像を提供できることが重要と考える.そしてさらに,医師が求めている画像情報を診療放射線技師が推し量り,画像について協議し,有用な追加撮影を医師にいつでも提案できるような環境が実現されれば,われわれは患者さんのニーズに一層近づけるだろう.

そして若手の医師や診療放射線技師諸兄の側に置かれた本書が日常診療のお役に立てるならば,それに勝る喜びはない.

できあがってみると,諸先輩方のお叱りを受ける点も多々あると思われるが,それらについては今後厳しくご指摘いただき,さらに良い内容にしていくつもりである.

末筆ながら,本書の出版に際しご指導いただいた諸先輩方,また大変なご尽力をいただいた株式会社シービーアールの皆様に心より敬意を表すとともに,厚くお礼申し上げます.


2009年 2月

古川 博明


----


I.頭部・顔面・頸部領域

1.頭部概観

2.トルコ鞍

3.側頭骨

4.眼窩

5.視神経孔

6.副鼻腔

7.鼻骨

8.頬骨

9.下顎骨

10.顎関節

11.顔面骨

12.頸静脈孔撮影

13.卵円孔撮影

14.頸部軟線撮影

15.唾液腺

16.甲状腺

II.上肢領域

1.肩関節

2.肩甲骨

3.肩鎖関節

4.上腕骨

5.肘関節

6.前腕骨

7.手関節

8.手根骨

9.手掌

10.母指

11.指骨(第2~5指)

III.胸郭領域

1.鎖骨

2.胸鎖関節

3.胸骨

4.肋骨

IV.胸部・腹部領域

1.胸部

2.腹部

3.KUB

V.脊椎領域

1.全脊椎

2.頸椎

3.胸椎

4.胸腰椎移行部

5.腰椎

6.仙椎

7.尾骨

VI.骨盤・下肢領域

1.骨盤

2.骨盤計測撮影

3.腸骨

4.仙腸関節

5.坐骨

6.恥骨

7.下肢全長

8.股関節

9.大腿

10.膝関節

11.膝蓋骨

12.下腿

13.足関節

14.踵骨

15.距踵関節

16.母趾種子骨

17.足

18.足部荷重時

19.足趾

Appendix 撮影の前に

参考文献

Index

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 撮影法とか
投稿者:kyte (2016年8月19日 20:25)

案外技師さん任せの医師も多いと思いますが
この本で確認すると読影の際もより理解が深まっていいですよ

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年3月13日 15:25)

救急科でローテートしている研修医です。
四肢の骨折から頭蓋や顔面の骨折まで様々なX線写真を撮影します。
どこに着目すべきかわかり、プレゼンにも役立ってます。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年2月 1日 14:53)

内科医には見たこともない撮影法も多く読影のみならずどの撮影をオーダーすればよいか勉強になった。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示