Home   >    eBookStore   >   研修医   救急外来で   三輪書店   救急医学

研修医当直御法度 百例帖 第2版

寺沢 秀一 (著)

株式会社 三輪書店

400 頁  (2013年1月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,104 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年03月01日

カートに入れる 立ち読み  

研修医のバイブル『研修医当直御法度 症例帖』の10年ぶりの大改訂!
日夜当直で冷や汗をかいている研修医へ贈る、失敗から学べる当直御法度の事例集が「百例帖」となり、厳選した23症例が加わり、その名の通り全100症例、140頁と大改訂にふさわしい内容・ボリュームに仕上がりました。

救急医療に携わるすべての人たちにささげる著者渾身の1冊!

姉妹書「PDA版研修医当直御法度第5版」はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:90MB以上(インストール時:225.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:67MB以上(インストール時:145.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784895904285-and-1.png 9784895904285-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784895904285-iph-1.png 9784895904285-iph-2.png

iPad

iPhone4


研修医のバイブル『研修医当直御法度 症例帖』の10年ぶりの大改訂!

初版の77症例については最新の知見に基づいた鑑別法、治療方法に塗り替えられるとともに、推奨文献も大幅にupdateされており、さらにこの10年間の間に開催された症例検討会において取り上げられた「つまづき症例」の中から、厳選した23症例も新たに追加! 100症例、140頁もの増頁となり、タイトルも「症例帖」から「百例帖」へ、大改訂にふさわしい内容・ボリュームに仕上がりました。

医療者としての姿勢や間違いを起こした際の謝罪の仕方なども取り上げられており、「間違いをした人を責めず、その教訓を共有してこそ進歩する」という言葉を実践する救急医としての著者のメッセージも伝わってくる、救急医療に携わるすべての人たちにささげる著者渾身の改訂第2版、ぜひお手元へ!


----


『研修医当直御法度百例帖』

高校に入るまでに合計5回手術台に上がりましたが,その後は大学時代にスポーツで鍛錬したことが幸いしたのか,これまで大病もせずに元気にこれました。しかし,昨年,悪性腫瘍の診断を受け,現在治療中です。還暦を迎え,クラスメートの医師はすでに何名か他界し,親しかった医師の訃報も届く今日この頃,仕事人としての幕引きや人生の幕引きを考える時期を迎えています。そして,この時期に入って,やっと医師として大事なものがわかってきた気がしています。その大事なものは,知識,技術の習得に走る若い研修医の先生方の時期には,なかなか認識できないもののようです。カンファレンスや講演の機会に,若い皆さんにこの大事なものを伝えようとしても,うまく伝えきれないもどかしさを感じています。

最近,時々,『研修医当直御法度』の初版本を持ってこられてサインしてほしいと言う,あまり若くない(失礼!)医師にも出会います。彼らに「もう使わなくなったにもかかわらず,引っ越しの度にどうしても捨てられませんでした」と言ってもらえるのは,大きな喜びの一つです。第5版まで改訂が進み,海外でも翻訳出版されるに至ったのは,皆様に応援していただいたおかげです。心から感謝申し上げます。しかし,それとともに,『研修医当直御法度症例帖』の改訂が,筆者の怠慢のために先送りになってきたことが,ずっと大きな気がかりでした。今回,自分の病気のこともあり,奮起して改訂させていただきました。

県内外の多くの施設で,研修医の先生方の「つまずき症例」を提示していただき,一緒に振り返るカンファレンスをさせていただいています。今回の改訂は,その際に繰り返し出てくる事例を追加させていただきました。そして,同じ間違いをしないために,筆者が研修医の先生方にいつもしているアドバイスや,講演会でお話ししている医療事故防止のための工夫,間違いをしたときの謝罪の仕方,後輩教育,仲間増やしにつながる医師としての大事な姿勢なども含めて,筆者のこれまでの医師としての経験からお伝えしたいことすべてを網羅して百例帖にさせていただきました。

「間違いをした人を責めず,その教訓を共有してこそ進歩する」というトロント大学元救急科教授Dr.Bruce Rowat先生の言葉をかみしめながら,体調不良の中,なんとか改訂作業を終えました。拙書が,患者さんやそのご家族,そして救急に携わる救急隊員,救急救命士,看護師,医師の方々が傷つく医療事故,紛争を一つでも減らすことに役立つことを願ってやみません。 突然の依頼にもかかわらず,お忙しい中,快くお引き受けいただき,短期間に多くのイラストを描いてくださった,いばらきレディースクリニックの茨木保先生に心から感謝申し上げます。また,今回の改訂は三輪書店の小林美智さんのアドバイス,応援なしには成し得なかったと思います。紙面を借りて心から感謝の意を表します。


2012年 12月

寺沢秀一



第1版の序文

ある時期に,それまで自分が見聞きしたERでの失敗事例集をワープロで打ち出し,計7部コピーして,私と同じ考えで働く医師たちに郵送しました。その後,驚いたことが2つ起きました。ひとつは,そのコピーのコピーを日本のあちこちの救急施設の研修医が持っているという噂を聞くようになったことです。そのコピーに特別な名前を付けて,研修医の先生方が勉強会で輪読しているというお便りもいただきました。そのコピーのコピーをきれいに綴じて,まるで製本したかのような立派な表紙を付けて持参し,訪ねてくださった方もいました。もうひとつ驚いたことは,私が知らないうちにそのコピーがある大手の医書出版社に持ち込まれ,出版が検討されるに至ったことです。何回かの校正まで進みましたが,私は土壇場で出版を中止していただきました。

この度,三輪敏社長のご厚意で,上記の原稿に手を入れ,画像や心電図を加えて出版させていただくことになりました。実を言うとかなり複雑な心境です。もともと出版を意識して書いたものでないため,私の経験による独断と偏見に満ちた内容だからです。また実際にこれらの事例に関わった医師がまだ現役で,かつ私の親しい人たちであり,今後私は彼らに顔を合わせにくくなるからです。

日本にはまだ北米型救急専門医が常駐するERが少ないため,平成16年からすべての研修医がERにローテーションすることになっても,しっかりした教育,指導,監督が行われるとは思えません。そういう環境のERにローテーションする研修医の先生方にとって,先輩医師のERでの失敗談こそが最も効果的なアドバイスになるだろうと思います。北米型救急医を志した頃,「失敗をオープンにしてこそ進歩が生まれる」と恩師(Dr.Rowat,元トロント大学救急医学教授)に言われました。この言葉を信じて,この拙著を救急の現場で日夜患者さんたちのために冷や汗をかきながら奮闘する研修医,ナース,そして救急救命士,救急隊員の方々に捧げます。

すばらしいイラストを描いてくださった大和成和病院の茨木保先生に,そして,校正で我が儘を聞き入れてくださった三輪書店の宮内秀樹氏に感謝申し上げます。

2002年 1月

寺沢秀一


----

1 意識障害

case 1 昏睡状態で発見,頭蓋内器質病変を疑う
.........すべての意識障害患者は50%ブドウ糖2アンプル静注から

case 2 高血圧,突然の激しい頭痛と嘔吐
.........高血圧性脳症と誤診されるくも膜下出血

case 3 突然の精神症状
.........40歳以後の初めての精神症状や痙攣は器質的なものを考える

case 4 軽い脳梗塞と思われた認知症と片麻痺
.........脳卒中にみえる患者の落とし穴(1) 
      軽い脳梗塞と誤診されることの多い慢性硬膜下血腫

case 5 持続する腹部症状から昏睡へ
.........脳卒中にみえる患者の落とし穴(2) 
      神経学的左右差(片麻痺,半身痙攣)があるから頭蓋内器質的病変とは限らない

case 6 家で倒れているのを発見,片麻痺あり,ショック状態
.........脳卒中にみえる患者の落とし穴(3) 
      頭蓋内病変だけではショックにならない

case 7 道路で倒れていた,嘔吐の跡あり
.........高血圧性脳幹(橋部)出血と誤診される有機リン中毒

case 8 統合失調症で加療中,痙攣と意識障害
.........精神科患者の意識障害だから薬物中毒とは限らない

case 9 進行性乳癌患者の意識障害
.........悪性腫瘍患者の意識障害だから脳転移,とは限らない

2 めまい・失神・痙攣

case 10 めまい,嘔吐から昏睡へ
.........内耳性めまいと誤診される小脳出血

case 11 回転性めまい,嘔吐で受診,頭部CTスキャン正常
.........回転性めまい,初診時に神経内科医さえもだまされる脳梗塞あり!

case 12 後頸部痛が先行した回転性めまい
.........これまで経験のない一側の後頸部,後頭部痛は椎骨動脈解離を考える!

case 13 「めまいで動けない」と受診した高血圧治療中の患者
.........「めまい」で最も怖いのはvertigoではなく,pre-syncope!

case 14 突然気を失った
.........「めまい(pre-syncope),失神,意識障害,痙攣」は3群に分ける!

case 15 特発性てんかんの治療中の痙攣発作
.........痙攣重積は30分以内に止めるべし!

3 呼吸・循環

case 16 前胸部絞扼感(過去3回軽い発作あり)
.........Risk factorのある胸痛患者は循環器内科医への相談なしに帰すな

case 17 前胸部痛,ただし心電図異常なし
.........1回の心筋マーカー,心電図のみで急性心筋梗塞を否定するな!

case 18 気管支喘息重積
.........気管支喘息重積は,前日に診た医師の責任

case 19 気管支喘息治療中,呼吸困難増強
.........PaCO2 42Torrは正常か?

case 20 高齢者のwheezing dyspnea
.........気管支喘息vs心臓喘息

case 21 主訴「咳止めがほしい」から呼吸不全へ
.........主訴「咳」で左心不全が受診する! 

case 22 喘鳴を伴った呼吸困難
.........stridorか? wheezingか?

case 23 嘔吐中の胸痛,心窩部痛
.........急性心筋梗塞→大動脈解離→肺塞栓→食道破裂の順に考える

4 ショック・乏尿

case 24 突然の激しい腹痛が持続,やがて意識障害も出現
.........ショックの見かけだけをよくする昇圧薬

case 25 上腹部痛の持続,微熱でショックに陥る
.........解熱鎮痛薬でマスクされる敗血症性ショック

case 26 蜂に刺されてショック状態
.........治療し過ぎるアナフィラキシーショック

case 27 激しい嘔吐による脱水と乏尿
.........ちょっと待て,ほんとにいるのかラシックス

5 急性腹症

case 28 激しい下腹部痛「今,生理中です」
.........若い女性の下腹部痛は,そうでないとわかるまで子宮外妊娠として扱う

case 29 増強する下腹部痛,悪寒,発熱
.........虫垂炎の穿孔と誤診されるPID(骨盤腹膜炎)

case 30 腹痛,嘔吐,発熱
.........虫垂炎が誤診されることの多い患者群

case 31 周期的な臍周囲の腹痛・嘔吐,排ガス・排便なし
.........内科医が長く診すぎる腸閉塞

case 32 高齢者の激しい腹痛
.........高齢+心房細動+激しい腹痛なのに腹膜刺激徴候なし→腸梗塞の初期

case 33 主訴「浣腸して便を出してほしい」
.........便秘による腹痛と誤認される特発性S状結腸穿孔!

6 消化管出血

case 34 繰り返し持続するコーヒー残渣様嘔吐
.........コーヒー残渣様嘔吐だから主病変が消化管出血,とは限らない

case 35 当初,痔の出血と思われた大量の下血
.........血便,いつも痔とは限らない

case 36 高齢者の「下痢ぎみ」
.........高齢者の「下痢してます」にご用心

7 頭頸部外傷

case 37 外傷治療中の急変
.........必ずけがをした理由を聴くべし

case 38 オートバイ事故,頭蓋内損傷+ショック
.........頭部外傷だけならショックにならない

case 39 事故後,意識は改善するも四肢が動かない
.........顔面,頭部外傷で意識障害のある患者は,頸椎損傷もあるものとして扱う!

case 40 泥酔して道路に倒れていた
.........泥酔だけ? それとも泥酔+頭蓋内損傷?

8 胸・腹・骨盤外傷

case 41 オートバイ事故,心電図は洞性頻脈だが心肺停止
.........緊張性気胸は絶対見逃すな!

case 42 事故で左側胸部打撲,しかし胸部X線撮影で血気胸認めず
.........肋骨骨折の合併症

case 43 腹部を鉄棒で打撲後,増強する腹痛,嘔吐
.........遅れて所見の出てくる腹部外傷が多い

case 44 交通事故で骨盤骨折,輸液中ショックとなる
.........不安定骨盤骨折は容易に2,000ml以上出血する

case 45 左胸を庖丁で刺されたが,歩いて来院
.........穿通性外傷,電撃傷--見かけと中身は大違い

9 特殊救急

case 46 ブロバリン100錠飲んで1時間後来院
.........吐かせるべきか,胃洗浄すべきか,それとも......

case 47 ガソリンを吸い込んだ
.........中毒でも催吐,胃洗浄が禁忌のことがある

case 48 車の排気ガスによる自殺企図
.........高気圧酸素療法で遅発性一酸化炭素中毒を防ぐ努力をしたことが重要!

case 49 溺水で心肺停止した小児
.........低体温溺水患者の心肺蘇生は特別 

case 50 マラソン中倒れた,尿がコーラ色
.........「軽い熱中症」?→ミオグロビン尿→急性腎不全に注意

case 51 猫に手を咬まれた!
.........動物咬傷で特に怖いのは猫咬傷!

case 52 マムシに咬まれ,肘部をひもで強く縛って来院
.........毒蛇咬傷は治療し過ぎるな!

10 その他の救急疾患

case 53 糖尿病治療中,全身倦怠,食欲不振,悪心,嘔吐
.........糖尿病患者の不定愁訴にご用心

case 54 脱力,手足のしびれ,呼吸がしにくい
.........過換気症候群と誤診されやすい疾患群

case 55 甲状腺機能亢進症治療中,咽頭痛と発熱,翌日ショック状態
.........主訴が「風邪(発熱,咽頭痛)」でも命に関わる場合がある

case 56 風邪様症状と嘔吐の乳幼児
.........2歳以下の嘔吐では腸重積と髄膜炎を見逃すな!

case 57 頭痛,嘔吐が先行し,視力障害
.........頭痛,嘔吐しか訴えない緑内障

case 58 変形性膝関節症治療中,急激な右膝の痛みと腫脹
.........単発性関節炎+発熱は細菌性関節炎が否定できるまで帰すな!

case 59 突然の-側の陰嚢痛
.........40歳以下の一側の急性陰嚢痛は,そうでないとわかるまでは精巣捻転として扱う

case 60 腰痛で受診してショック状態へ
.........尿管結石と誤認される腹部大動脈瘤破裂

case 61 股関節痛? で受診した高齢女性
.........整形外科疾患と誤認される閉鎖孔ヘルニア嵌頓

case 62 「蜂窩織炎」で帰したらショックで搬送される!
.........蜂窩織炎と誤認される壊死性筋膜炎

case 63 下肢の蜂窩織炎として紹介された1例
.........下肢の腫脹,発赤は深部静脈血栓症の否定から

case 64 顔面の発疹から全身痙攣,意識障害
.........頸部より上の帯状疱疹は中枢神経への波及をマークする

case 65 転倒して腰痛から意識障害へ
.........高齢者では必ず,既往歴,使用薬を把握すべし

case 66 「排尿時にプツプツした感じがする」
.........精神科? 心療内科? の患者への対応術を磨くべし

11 検査(1) 画像検査

case 67 バイク事故で呼吸困難
.........ポータブル撮影にするか,X線室まで行かせるか

case 68 X線撮影の指示の出し方が鍵!
.........X線撮影の指示の仕方が勝負

case 69 単純X線写真のみかた
.........単純撮影の読影に強くなれ!

case 70 外傷後,歩行可能な股関節痛,X線で骨折は認めない
.........救急室で最も多い見逃し,それは骨折

case 71 大動脈解離を疑って胸部CTスキャンをしたが...
.........単純CTスキャンで大動脈解離を否定しない

12 検査(2) 血液・心電図

case 72 発症後早期の赤血球数,ヘモグロビン,ヘマトクリット
.........発症後早期の1回の血算で急性の出血の有無や出血量の判定をしてはならない

case 73 慢性腎不全治療中,食欲不振,全身倦怠
.........検査結果を待つ時間が命とり

case 74 戸外で倒れていて心肺停止状態
.........心電図が心静止(フラット)だから死亡,とは限らない

13 手技・機器

case 75 気管支喘息発作で意識障害,転送中嘔吐のため呼吸停止
.........輸液ルートの「確保」,気道の「確保」とは何か?

case 76 心肺蘇生での気管内挿管
.........心肺蘇生での気管内挿管は入れ過ぎが多い

case 77 腹部刺創で右大腿静脈に輸液ルート
.........腹部,骨盤の外傷では下半身に輸液ルートをとるな!

case 78 心室細動で電気ショックを行うも,除細動器が作動しない
.........除細動器が壊れていた?

case 79 チューブの挿入ミス
.........胸腔チューブ,膀胱留置カテーテル,鼻胃チューブ,どれも合併症あり

case 80 血胸を疑い,胸腔穿刺するも陰性
.........Negative tap means nothing !

case 81 酸素投与器具の選択
.........酸素投与に強くなれ!

14 輸液・薬品

case 82 点滴ボトルのとり違え
.........病院でも,ボトルにはすぐ名前を!

case 83 輸液のもれ,スピード調節
.........ドパミンの輸液がもれた!

case 84 気管支喘息発作でアミノフィリン静注
.........アミノフィリン(ネオフィリン)静注での心肺停止

case 85 ジアゼパムの投与スピード
.........呼吸,循環不全で暴れる患者にセルシン静注は殺人(罪)剤

case 86 膿胸からひどい悪臭のある膿
.........悪臭(+)なら嫌気性菌の感染を考えた抗菌薬の選択を

15 トリアージ

case 87 救急室への電話の問い合わせ
.........電話の段階で大事なトリアージが始まっている

case 88 救急外来で受診手続き中,心肺停止
.........救急車以外で来た患者が軽症とは限らない(待合室でも心肺停止する)

case 89 内科外来宛の紹介状
.........内科外来に紹介されてきた患者だから内科の病気とは限らない

case 90 「胆石胆嚢炎」として朝まで診ていたらショックに陥る
.........胆石胆嚢炎と総胆管結石・胆管炎とは大違い!

16 チームワーク・人間関係

case 91 当直医から日直医へ患者の引き継ぎ
.........医師から医師への引き継ぎ患者は要注意

case 92 交通事故で日直医が脳外科医,整形外科医,胸部外科医にコンサルテーション
.........複数科の医師が診る患者は要注意

case 93 救急室にいつも来る軽症患者
.........救急室の「常連さん」にご用心

case 94 気難しい上籍医が当直の夜
.........気難しい上籍医へのコンサルテーション術

17 患者の秘密・倫理

case 95 患者の同僚から病状を聞かれて正直に答えた
.........患者の秘密を守る義務

case 96 交通事故で運ばれた泥酔患者
.........患者の権利と道義的責任

case 97 13歳のエホバの証人教団信者
.........13歳の患者を「判断能力のある患者」とみなせるか?

case 98 「階段から転落した」4歳男児
.........乳児,幼児の外傷は常に虐待も考慮する!

18 診療姿勢・謝罪

case 99 入浴中の心肺停止
.........救急車から二人の救急患者が降りてきた

case 100 山でマムシに咬まれた男性
.........患者が亡くなってからも大事な仕事がある

One Point Study

代謝性アシドーシスの鑑別

電解質異常の救急治療の3原則

Oncologic Emergency

不整脈で急死しうる先天性3羽ガラス

痙攣重積のアプローチ

めまいの鑑別診断

急性腹症のDo & Don't

カナダ頭部CTルール

外傷による低血圧~ショック患者

外傷診断のピットフォールズ

溺水のマネジメント10カ条

偶発性低体温症 accidental hypothermia(深部体温<35℃)

熱中症(heat illness)の分類

糖尿病性ケトアシドーシスの治療

過換気症候群のピットフォールズ

細菌性髄膜炎の起炎菌と抗菌薬の選択

眼科救急のランクづけ

検査のまとめ

緊急薬剤投与の注意点

緊急時使用の薬剤一覧

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年10月12日 12:01)

何回も読み直すことをお勧めします。忘れた頃に御法度症例がやってきます。自分が経験したあともう一回読み直すと、本当に身につくのでぜひ読んでほしいです。私は初期研修医ですが、見事にこの本の中の症例と同じものがありました。ERで働くなら必読の本だと思います。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年8月 6日 16:11)

研修医時代に第1版を読んでいました。精神科医なのですが、最近身体的な問題に苦慮することが多く、身体治療のおさらいをするきっかけになればと思って購入しました。本書は第1版同様、読み物として面白く通読しやすいところが最大の長所かと思います。書籍版は大判で持ち運びづらいのが唯一の欠点でしたが、この製品はスマートフォンで読むことができるので、どこでも空いた時間に読めるのが画期的です。いい時代になりました。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年6月 4日 13:39)

すでに研修医は卒業してしまった身ではあるが、救急外来や当直でよくあう症例があり、それ以外にも診療姿勢に関することなども書いてある。非常に興味深く読ませてもらいました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年6月 4日 11:17)

電子書籍はいつでもどこででも読めるので便利です。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月29日 10:16)

重箱の隅をつつくような視点もあり、重宝しています

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月28日 16:13)

救急当直のときに役に立っています。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月22日 14:56)

内容は書籍のをみて大体知ってましたが、電子書籍にしても利便性は損なわれず読むことができた。
目次からページのジャンプもできて使いやすい。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年3月30日 11:16)

実例がとてもわかりやすく説明されており、参考になります。なんども読んで当直で活かしたいと思います。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年9月 6日 18:04)

本の内容は素晴らしいです

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年5月13日 16:06)

書籍としての購入も迷っていたこの本。
電子版にしたことで常に持ち歩き、空き時間に読み進めることができています。
人気のシリーズ、さすがにわかりやすい!

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年4月23日 18:31)

久しぶりの改訂版が電子書籍で出たので、迷わず購入しました。第1版よりさらに洗練されていて、改めて非常に良い本だと思いました。

コメントする (ログインが必要です)
このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示