Home   >    eBookStore   >   研修医   三輪書店   脳神経外科

知ってるつもりの脳神経外科の常識非常識 第2版

谷 諭 (編著)

株式会社 三輪書店

480 頁

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,968 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2011年04月04日

立ち読み   お気に入りに入れる

教科書では学べない臨床の知が詰まった脳神経外科ブックレットの第2版が電子書籍になりました。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


脳出血・くも膜下出血診療読本
¥7,128

ベッドサイドの臨床神経生理学
¥4,104

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:90.5MB以上(インストール時:226.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:26.3MB以上(インストール時:57.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784895903110-and-1.png 9784895903110-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784895903110-iph-1.png 9784895903110-iph-2.png

iPad

iPhone4


本書には脳神経外科臨床を行ううえで絶対に知っておくべきこと、知っておくと得する知見、教科書には書かれていないが臨床上重要なこと、あるいは意外に勘違いされていること、といった臨床にすぐ役立つ知識655項目が掲載されている。現場の最前線で活躍している脳神経外科医をはじめ、関連する他科11科の医師の一流の臨床経験からのみ生まれる最新知識や臨床上のコツを学ぶことができる。

第1版の発刊から4年。本書改訂版では、さらに臨床に即したものにするため、内容のブラッシュアップに加え、図表が大幅に追加され,また項目タイトル一覧が付加された。

脳神経外科関連分野の臨床の最先端を効率よく勉強したい研修医、専門医をめざす人、脳神経外科専門医はもちろん、臨床の第一線にいる開業医のレビューとしてもぜひ、お勧めしたい1冊。


----


早いもので,4年前のアテネオリンピックの頃に,この『脳神経外科の常識非常識』が出版されました.編集作業は大変でしたけど,半分,面白くて自分の勉強になったのが思い出されます.一生懸命にみんなで作った本ではありますが,常識,非常識はいつも覆される運命にありますから,ブラッシュアップが必要と当初から思っておりました.今回は執筆担当の一部の先生が変更され,内容が新しくなり,そして,同じ執筆の先生には内容の改訂をお願いしました.自分自身の担当のパートでも,図や表を多くして,よりわかりやすく,現場に即したものにしたいのですが,そうすると,紙面もかさむのが問題です.今でもベストセラーである脳神経外科の本の一つは,僕が研修医の頃は,厚さが2cmに満たなかったと思いますが,いまや上下巻あわせれば9cm近くのものになっています.この『常識非常識』は現場で持って歩くものであり,筋トレが目標でもないかぎり,厚い本になることは望ましくないところで,そのあたりが改訂のジレンマであります.

そんな本ですが,少しでも皆さんのお役に立ってくれればと思っています.もしも,「こんなことが知りたい!」などありましたら,今回,編集など頑張ってくださった三輪書店の佐々木さん,あるいは,学会などで会った際には僕に直接申しつけくださいませ.オリンピックイヤーだけでなく,改訂作業ができればよいかとも思います.

2008年 北京オリンピックのころ


編集責任者
谷 諭


----

第1章 脳神経外科の非常識―よくあるかんちがい

1.脳血管障害

2.脳腫瘍

3.神経外傷

4.小児期の脳神経外科

5.脊椎・脊髄疾患

6.末梢神経

7.機能的疾患

8.モニタリング

9.疼痛

 10.神経内視鏡

 11.脳血管内治療

 12.定位放射線治療

第2章 欠かせない関連領域の非常識―脳神経外科の赤っ恥

1.内科一般

2.救急部での診断・初期治療

3.神経内科的疾患

4.精神科

5.整形外科疾患

6.リハビリテーション医学

7.ペインクリニック

8.神経解剖の面白いところ

第3章 脳神経外科の常識―トリビアの泉への扉

1.脳血管障害

頭頚部・頭蓋内閉塞性病変/くも膜下出血/脳動脈瘤とクリッピング術/もやもや病,血管奇形/その他の出血性病変,他/血管内治療

2.脳腫瘍

3.神経外傷

4.小児期の脳神経外科

5.脊椎・脊髄疾患

6.末梢神経

7.機能的疾患

8.モニタリング

9.疼痛

10.神経内視鏡

11.脳血管内治療

12.定位放射線治療

第4章 欠かせない関連領域の常識―SOS を出す前に

1.内科一般

一般内科/循環器・呼吸器/消化器/神経/救急/代謝・内分泌/腎臓/感染症

2.救急部での診断・初期治療

3.神経放射線

4.神経内科的疾患

5.精神科

6.神経眼科

7.神経耳科

8.整形外科疾患

9.リハビリテーション医学

10.ペインクリニック

11.神経解剖の面白いところ

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年7月22日 13:16)

スマートフォンにはちょっと字が小さいです

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示