内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-上部消化管 改定第4版

田尻 久雄 (監修) / 長南 明道, 田中 信治, 武藤 学 (編集)

株式会社 日本メディカルセンター

250 頁  (2018年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥11,880 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年09月14日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

初版から13年、急速に変貌を遂げつつある上部消化管内視鏡診断学を見据え第4版改訂!

本書は「所見ごと」に項目立てされているのが特徴である。隆起あるいは陥凹といった所見をみて、その所見から質的診断に至るプロセスを、多くの内視鏡写真と簡潔な説明、そしてフローチャートを用いて懇切丁寧に解説している。

内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-下部消化管 改定第4版

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:102.8MB以上(インストール時:257.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:76.8MB以上(インストール時:167.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784888759311-and-1.png 9784888759311-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784888759311-iph-1.png 9784888759311-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


改訂第4版の序

本書が世に出てから13年が経った.満を持して初版を発刊したのが2005年,「内視鏡所見を切り口にした面白い本が出た」と好評を得た.2007年には当時急速に進歩しつつあった「特殊光による内視鏡像」の項を追加して,早くも第2版を刊行した.2011年には編集者に武藤 学教授を加え,咽頭・食道の分野を充実させて第3版が刊行された.

それから6年半が経った.この間,2012年には「日本食道学会拡大内視鏡分類」が作成され,研究が進んでいる.また,2013年に「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」が除菌適応に追加されるとH.pylori除菌は急速に進み,2014年に「胃炎の京都分類」が提唱されたことと相まって,H.pylori陰性およびH.pylori除菌後胃疾患の研究が急速に進んだ.さらに画像強調観察(IEE;Image‒Enhanced Endoscopy)による新たな上部消化管内視鏡診断学が急速に進歩し,今やIEEはごく当たり前の検査として普及しつつある.多くの規約・基準も改定された.『頭頸部癌取扱い規約』(改訂第5版,2012年),『胃癌治療ガイドライン』(改訂第4版,2014年),『食道癌取扱い規約』(改訂第11版,2015年),『胃癌取扱い規約』(改訂第15版,2017年),『消化器内視鏡ハンドブック』(改訂第2版,2017年)などである.

そこで今回は,急速に変貌を遂げつつある上部消化管内視鏡診断学を見据え,第4版改訂を行った.上述の事柄はすべて盛り込んだつもりである.また,飛躍発展したIEEの項を充実させ,IEE画像をふんだんに取り入れた.

既存の消化管内視鏡診断に関する書籍の多くは,「疾患ごと」に項目立てされ鑑別診断に終始している.これに対し,本書は「所見ごと」に項目立てされているのが特徴である.隆起あるいは陥凹といった所見をみて,その所見から質的診断に至るプロセスを,多くの内視鏡写真と簡潔な説明,そしてフローチャートを用いて懇切丁寧に解説している.また,執筆は現在内視鏡分野の最前線で活躍中の先生方にお願いし,生命線といえる内視鏡画像も美しい最高のものとなっている.さらに,疾患ごとに大切な事項は疾患別内視鏡像の項にまとめて示し,最新のトピックス,技術的なコツは充実したコラムの中に包み隠さず盛り込まれている.

本書は内視鏡専門医を目指す若手医師が手に取ってすぐに役立つきわめて実践的な内容となっている.一方で,拡大内視鏡をもたない一般内視鏡医にも配慮した内容構成になっている.また,すでに専門医を取得し指導医を目指す先生方が,知識を整理するにおいても役立つ質の高い本になったと自負している.この本が,内視鏡診療に日夜研鑽を積まれている諸先生方の座右の書となれば望外の喜びである.

最後に,大変お忙しいなか快く改訂執筆をお引き受け下さった先生方に厚く御礼申し上げるとともに,このようなすばらしい企画を組む機会を与えて下さった日本メディカルセンター諸氏に感謝いたします.


2018年立春

長南 明道
田中 信治
武藤 学
田尻 久雄


----

Ⅰ.総論

1.症状・身体所見から何を考えるか

2.内視鏡検査の適応と禁忌

3.内視鏡検査の準備

4.部位別解剖と正常内視鏡像

5.挿入観察法

6.色素内視鏡検査

7.拡大内視鏡観察

(1)正常~胃炎の胃拡大内視鏡観察

(2)胃癌の拡大内視鏡診断アルゴリズム

8.画像強調観察

9.超音波内視鏡(EUS)

Ⅱ.診断のプロセス

形態を表現する用語/隆起性病変を表現する用語/陥凹性病変を表現する用語/[咽頭]/[食道]/[胃]/[十二指腸]

Ⅲ.疾患別内視鏡像

[咽頭・食道]

咽頭部の表在癌(頭頸部癌取扱い規約)/食道癌(食道癌取扱い規約)/Barrett 食道の定義/逆流性食道炎(Los Angeles分類)/食道静脈瘤(門脈圧亢進症取扱い規約)/食道扁平上皮癌の拡大内視鏡分類(日本食道学会分類)/NBIによるBarrett食道表在癌の内視鏡像

[胃]

胃癌の肉眼型分類/胃潰瘍の分類/胃炎(木村・竹本分類/Sydney system/京都分類)/胃ポリープ(山田分類)/悪性リンパ腫の肉眼分類(MALTを除く)(佐野分類/『胃と腸』胃悪性リンパ腫編集小委員会の分類)/MALTリンパ腫の肉眼分類

[十二指腸]

十二指腸潰瘍(型分類・Stage分類)/乳頭部癌

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示