Home   >    eBookStore   >   研修医   総合医学社   救急医学   その他   臨床看護

Dr.石松の急変対応がスッキリわかる本-病態の理解からドクターコールまで-

石松 伸一 (著)

株式会社 総合医学社

127 頁  (2018年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年07月13日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

「感覚的にはわかっていたが理論として知らなかったこと」がここに!

急変とはどんなに予測して万全の体制で臨んでいても起こるもの。急変の原則(なぜ起こる?どう対処する?どう防ぐ?)から、急変に遭遇したチームはその後どうしなければならないか、著者の経験などを基に解説しています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:15.9MB以上(インストール時:39.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:19.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784883786640-and-1.png 9784883786640-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784883786640-iph-1.png 9784883786640-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


はじめに

急変とはどんなに予測して万全の体制で臨んでいても起こるものですし,とくに新人の方は,できれば自分の受け持ち患者さんの急変には出会いたくないと思っているのが正直な気持ちでしょう.またベテランの方も自分が新人の頃に受け持ちをしていて急変で不幸な転帰をとられた患者さんの顔は一生忘れられず今でも思い出すと思います.

一方チームの中でみると,きっと医学的には予測や早期の対処が困難であった急変事例も,振り返りをしているうちにチームの中で最も経験の浅いスタッフのせいにされてしまったり,チームはそう思わなくてもその個人が「自分のせいで」と思い込んでしまうような悲しい現実があることも事実です.こういったことは個人やチームの仕事へのベクトルを悪い方向にもっていく可能性も大きいですし,仕事に対する無力感や失望など,我々医療職にとっては,労働環境や処遇と同じほど大切なことだと思うのです.


この本では急変の原則(なぜ起こる? どう対処する? どう防ぐ?)から急変に遭遇したチームはその後どうしなければならないか,私の経験や皆さんの経験談を基に解説してあります.その中には意外と知らなかった,感覚的にはわかっていたが理論として知らなかったことがたくさんあることと思います.


患者さんの急変とはもちろん患者さんご自身やご家族にとっても,大変なことですし,当然,我々医療職にとってもつらいことです.どうかそのつらいベクトルを日常の業務の意欲や仕事のやりがいにつながる方向にもっていくきっかけになればと思っています.一人でも多くの患者さんとスタッフの幸せのために.


2018年6月

石松 伸一


----

Part1 急変のキホン

1-1急変とは何か

急変の定義/急変対応のポイント/急変の病態

1-2 急変時のABCD

A:Anticipate(急変を予測する)/B:Behave(行動)/C:Communication(意思疎通)/D:Document(記録)

1-3 ドクターコールのコツ

効果的なドクターコールとは/コミュニケーションツールのSBAR(エスバー)とは/SBARで報告してみる

1-4 チームで行う急変対応

RRTとEMT/RRS

Part2 症状別にみる急変対応

2-1 意識障害①(原因と意識レベルの判定方法)

意識障害の原因/意識レベルの判定/意識障害のフィジカルアセスメント

2-2 意識障害②(意識障害を引き起こす頭蓋内病変)

脳の障害部位と異常呼吸パターン/障害による瞳孔の大きさと対光反射/姿勢異常

2-3 呼吸苦(呼吸困難と呼吸不全)

呼吸困難/NPPV(BiPAP)/呼吸生理を理解する/呼吸不全とは/事例からみた呼吸不全

2-4 ショック

ショックの分類と全身の循環状態/循環血液量減少性ショック/心原性ショック/心外閉塞・拘束性ショック/血液分布異常性ショック/心原性ショックの落とし穴/事例で考えてみよう/血圧/出血性ショックにおける血圧の変化/感染性(敗血症性)ショックにおける血圧の変化

2-5 アナフィラキシーショック

CT撮影中の落とし穴/アナフィラキシーの概念とは/アナフィラキシー症状のキホン/アナフィラキシーの治療/アナフィラキシー治療の落とし穴

2-6 けいれん

けいれん対応のキホン/事例で考えてみよう

2-7 腹痛

腹痛対応のキホン

2-8 転倒・転落

転ばないためにはどうする

Part3 急変後の対応

3-1 復習,急変時のABCD

まずは復習,急変時のABCD

3-2 急変後に対応すること

急変後にすること/医療事故調査・支援センターの役割とは


索 引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示