Home   >    eBookStore   >   研修医   救急外来で   総合医学社   救急医学

救急·集中治療(24巻3・4号)AKIの管理Q&A―救急・集中治療のための質問237―

草野 英二 (特集編集)

株式会社 総合医学社

236 頁  (2012年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥6,048 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年11月08日

Critical Careに携わる ICU、救急、麻酔、外科、内科の医師とコメディカルを対象に、解説と情報を満載した『救急・集中治療』が電子版となりました。

本書 24巻3・4号では、総論でARFからAKIへの概念の変換や早期診断のバイオマーカーなどこの領域の進歩を、また各論では症例を提示を通して診断やコツが会得できるように専門家に執筆いただきました。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:39MB以上(インストール時:97.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:24.7MB以上(インストール時:53.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784883785162-and-1.png 9784883785162-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784883785162-iph-1.png 9784883785162-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


今世紀に入り腎臓病学も疾患概念に大きな変化があったが,それは慢性腎臓病(CKD)と急 性胃障害(AKI)の導入に代表される.従来の慢性腎疾患とか急性腎不全(ARF)といった概念よりも,いずれもブロードに捉えて,早期の段階から診断して,治療介入をしたほうが生命予後が良くなるとの工ビデンスが出始めたためであろう.これらの背景には,学問のグローバル化とインターネットなどのITツールの発展により,世界の広い範囲で研究成果や概念の共有化が行われつつあることが大きいと考えられる.

高齢化社会の到来で必然的に高齢者が増え,種々のリスクを有する患者が手術を受けたり,薬剤服用の機会も増えるために周術期のAKI発症が多く,死亡率も高い,予後も悪いということになると考えられる.最近の報告によると,ICU対象患者は世界で年間数百万人に上り,このうち約200万人がAKIを発症し,血液浄化療法を行っても死亡するケースが多いのが現状である.

AKI世界サミット会議が2005年から年一回開催され,早期診断のための診断基準が提言 されている.すなわち,AKIは48時間以内に発生した急速な腎機能低下で,具体的には血清クレアチニン0.3mg/dL以上の増加または基礎値から50%以上の上昇,尿量の低下として1時間当たり0.5ml/kgの乏尿が6時間持続を満たす段階でAKIと診断するとの基準が示された.また,RIFLE分類やAKIN分類などにみられるようにステージ分類が提唱され,ステージごとに検査や治療の対策を立てるととが勧められている.AKIの場合は,より鋭敏なバイオマーカーが必要であり,予後改善のためには,血清クレアチニンより鋭敏なバイオマーカーの開発が急がれている.

本特集では,総論でARFからAKIへの概念の変遷や早期診断のバイオマーカーなどこの領域 の進歩を,また各論では症例提示を通して診断や治療のコツが会得できるように執筆頂いた.


特集編集 草野英二
自治医科大学 腎臓内科


----


Ⅰ.総論

Q1.変遷する概念:AKI(急性腎障害)と急性腎不全は,どう違いますか?

Q2.多臓器不全を合併したAKIの診断は,どのようにしますか?

Q3.多臓器不全を合併したAKIの治療は,どのようにしますか?

Q4.AKIの予後は,どうなっていますか?

Q5.AKIの原因疾患と鑑別診断は,どのような手順で行いますか?

Q6.AKIの臨床症状では,どのような事項が大切ですか?

Q7.AKIの保存的な治療法には,どのようなものがありますか?

Q8.AKIの血液浄化法には,どのようなものがありますか?

Ⅱ.術後AKI

Q9.手術後AKI(成人)

Q10.手術後AKI(小児)

Q11.産科領域のAKI

Q12.ショックとAKI

Q13.感染症関連のAKI(敗血症を含む)

Ⅲ.疾患によるAKI

Q14.CKDにAKIが合併した場合の診断と治療

Q15.腎炎によるAKI

Q16.コレステロール塞栓によるAKI

Q17.心不全,心筋梗塞によるAKI

Q18.肝疾患によるAKI

Q19.血液疾患によるAKI

Q20.膠原病によるAKI

Q21.代謝性疾患とAKI

Q22.横紋筋融解症によるAKI

Q23.運動後AKI

Ⅳ.薬剤によるAKI

Q24.非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)によるAKI

Q25.抗腫瘍薬によるAKI

Q26.抗菌薬によるAKI

Q27.造影剤によるAKI

Q28.降圧薬,利尿薬によるAKI

Q29.免疫抑制薬(カルシニューリンインヒビター)によるAKI

Q30.ビタミンDによるAKI

Q31.農薬,重金属,その他の非薬物性化学物質によるAKI

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示