Home   >    eBookStore   >   医師   全日本病院出版会   内分泌・代謝

実地医家のための甲状腺疾患診療の手引き―伊藤病院・大須診療所式―

伊藤 公一 (監修) / 北川 亘 , 向笠 浩司 , 渋谷 洋 (編集)

株式会社 全日本病院出版会

214 頁  (2012年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥7,020 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年11月08日

立ち読み   お気に入りに入れる

甲状腺分野のエキスパートを執筆陣に迎えた、甲状腺疾患診療マニュアルの決定版!

データを多く用いた解りやすい構成で、甲状腺の基礎知識から、日常臨床でのポイント、どのタイミングで専門病院に紹介するか、専門病院ならではの取り組みまで幅広く網羅。医療現場に携わるすべての方々にお手元に置いていただきたい一冊です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


こんな時どうすれば!? 内分泌・脂質・尿酸コンサルタント
¥6,696

インフルエンザ診療ガイド2018-19
¥3,780

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:38.8MB以上(インストール時:97MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:32.4MB以上(インストール時:70.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784881170694-and-1.png 9784881170694-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784881170694-iph-1.png 9784881170694-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


甲状腺分野のエキスパートを執筆陣に迎えた、甲状腺疾患診療マニュアルの決定版!


データを多く用いた解りやすい構成で、甲状腺の基礎知識から、日常臨床でのポイント、どのタイミングで専門病院に紹介するか、専門病院ならではの取り組みまで幅広く網羅。医療現場に携わるすべての方々にお手元に置いていただきたい一冊です。


----


伊藤病院は創業75年の節目を迎えました.そこで,日頃の診療経験を活かし,手作りの書籍として「実地医家のための甲状腺疾患診療の手引き」を作成しました.

まずは現在までの私どもの歩みを紹介します.当院は昭和12年,伊藤尹が創業しました.祖父は元々,病理学者でしたが,顕微鏡を介して診断するバセドウ病や甲状腺腫瘍の病態に特別な興味を抱き,臨床医に転身しました.そして大分県・野口病院で甲状腺外科医としての修練を積んだ後,開業を志し,祖父の郷里である東京・表参道にて,病院の前身である有床診療所を開設しました.

このように創業者が抱いた目標そのものが甲状腺疾患専門病院であったことが,我々の最大のプライドです.20年間を要して専門病院の基礎を築いた祖父の死後,昭和34年に30代前半の若さで,父・伊藤國彦が院長職を継承.さらなる専門性を追求し,40年間をかけて現在のスタイルを確立しました.そして平成10年よりは,益々の発展を思い描きつつ,私が院長職を務めております.

昔も今も伊藤病院は3つの使命を持って行動しております.

1つ目は「甲状腺専門病院である」ことです.よって守備範囲と適正規模をわきまえております.そして,いずれの時代も甲状腺に係わる全ての検査・治療を,最先端の手法を持って自己完結できるよう,人員を増やしてまいりました.現在の診療スタッフは全員が甲状腺の専門医であり,自信を持って診療に挑んでおります.施設についても日々,拡充を図っております.昨年にリニューアルオープンを果たした名古屋の分院・大須診療所も含めて,重症バセドウ病や甲状腺癌遠隔転移の診療に不可欠なアイソトープ設備を完備しております.

2つ目は「民間病院である強みを活かす」ことです.無論,社会保障のルールには準じますが,患者様と私どもの目標・利益は一致しております.そこで私的病院の自由度を持って,独自のアイデアで柔軟に環境整備を図っております.最先端の電子カルテシステムなどを駆使し,職員全員が正確かつ迅速な患者サービスに日々努めております.

3つ目は「学術的研鑽を積む」ことです.我々は結果を求めて常に学習しております.そして当院から学会や医学論文などとして発信する学術情報は,世界中の同業者に注目評価されております.さらに,それらの学問的な取り組みは医師に限らず,看護師,臨床検査技師,放射線技師,薬剤師,管理栄養士,事務職にまで及び,研究成果を全員で日々の仕事に活かしております.

以上のミッションを守りつつ,私どもは自身に与えられた社会的役割を精一杯果たしているつもりですが,当然,伊藤病院だけで日本中の甲状腺疾患を拝見し得るわけではありません.

甲状腺疾患は,ありふれた病気が圧倒的多数でありながら,病状が進行するまで,患者様自らが,その存在に気づかずに過ごしてしまうケースが多々存在します.そこでダイレクトに専門医の外来を訪れる場合は少なく,多くの方が,漠然とした体調の変化から受診した,かかりつけ医の先生方に診断され,健診施設のスクリーニング検査で異常が明らかとされ,診療が開始されます.

それはバセドウ病や橋本病による機能異常で決め手になるような臨床所見はなく,手術例が最も多い乳頭癌についても,腫瘤を自覚するケースが稀だからです.とはいえ,いずれの甲状腺疾患においても,早期発見と早期治療が肝要であることは申し上げる必要もありません.

よって私どもは診療連携に重きを置いております.本書は,甲状腺疾患に遭遇した際,伊藤病院の存在を信頼し,快く診療連携に協力して下さる実地医家の先生方に御覧頂くことをイメージして作成しました.

まずは甲状腺疾患の見つけ方,初期診断から,専門病院である伊藤病院との診療連携のポイントを分かりやすく記しました.そして実際に診療依頼を頂いた後に,私どもが,どのように患者様と向き合い,それぞれの疾患に対処しているかをまとめました.

編集は次世代を担う若手の診療技術部長,医長に任せ,ベテラン医師から大学より出張で勉強中の医師に至るまで,現在,伊藤病院で働く全診療スタッフが総力をあげて執筆に当たりました.

創業より4分の3世紀を迎えた現在が,専門病院として完成された姿とは,まだまだ思っておりませんが,まずは本書を通して現時点における伊藤病院の知力,体力を読み取って頂ければ幸いに存じます.さらには,本書の内容が先生方の日常診療の一助となれば望外の喜びでございます.

伊藤病院は,今後も「甲状腺を病む方々のために」世界一の専門病院を目指し精進する所存でございます.

どうぞよろしくお願い申し上げます.


2012年 10月

伊藤病院院長
伊藤 公一


----

序文●まえがき

略語一覧

Ⅰ 実地医家のための手引き―専門病院にどの患者を依頼するか―

1.甲状腺疾患の頻度・分類

2.甲状腺疾患を疑うときのアプローチ

3.診察法(問診,視診,触診)

4.甲状腺機能のスクリーニング

5.専門医に送るべきときはいつか

6.伊藤病院での診療の流れ

Ⅱ どのように検査するか?

1.伊藤病院での各種検査

2.超音波検査

3.Computed Tomography(CT)検査

4.核医学検査

5.穿刺吸引細胞診

Ⅲ バセドウ病を診る・治す

1.臨床症状と診断基準

2.三大治療法の比較―どの治療法を選ぶのがベストか―

3.甲状腺関連眼症(バセドウ病眼症)

4.抗甲状腺薬治療

5.バセドウ病に対する131Ⅰ内用療法

6.無機ヨード治療

7.抗甲状腺薬で副作用が出た場合

8.バセドウ病と不整脈

9.バセドウ病の手術

10.甲状腺刺激抑制抗体による甲状腺機能低下症

Ⅳ 橋本病を診る・治す

1.臨床症状と診断基準

2.一般血液検査から橋本病を推定できるか

3.橋本病の治療

4.潜在性甲状腺機能低下症は治療すべきか

5.特殊例

6.ヨウ素摂取が橋本病に及ぼす影響

7.良性・悪性腫瘍の合併頻度とその分類

8.他の自己免疫性疾患の合併について

Ⅴ 甲状腺腫瘍を診る・治す

1.甲状腺腫瘍の分類と頻度

2.甲状腺腫瘍の診断

3.良性甲状腺腫瘍の手術適応

4.甲状腺濾胞性腫瘍について

5.甲状腺悪性腫瘍の手術

6.甲状腺乳頭癌について

7.その他の甲状腺癌について

1) 濾胞癌

2) 髄様癌

3) 低分化癌

4) 未分化癌

8.甲状腺原発悪性リンパ腫

Ⅵ その他の甲状腺疾患

1.亜急性甲状腺炎

2.化膿性甲状腺炎

3.TSH不適切分泌症候群(SITSH)

Ⅶ 妊娠合併時に注意すべき3ポイント

1.バセドウ病と妊娠

2.橋本病(甲状腺機能低下症を含む)と妊娠について

3.妊娠中の甲状腺,副甲状腺手術

巻末●甲状腺専門病院75年を振り返って

コラム

Column ① 甲状腺の解剖とシェーマ

Column ② 採血室と検査の実際

Column ③ 当院の診療情報管理業務について

Column ④ 医療相談の実際

Column ⑤ 東日本大震災と伊藤病院

Column ⑥ 甲状腺疾患治療薬の大量処方

Column ⑦ ヨウ素摂取とバセドウ病

Column ⑧ PEI治療

Column ⑨ チラーヂン®との飲み合わせ

Column ⑩ ヨウ素制限食について

Column ⑪ 甲状腺微小癌は手術? 経過観察?

Column ⑫ 伊藤病院の手術療法ガイドライン

Column ⑬ リコンビナントTSH

Column ⑭ 伊藤病院の手術室の紹介

Column ⑮ 131Ⅰ内用療法(RI大量療法)

Column ⑯ 甲状腺癌の131Ⅰによる外来アブレーション

Column ⑰ 外科手術機材の歴史と紹介

Column ⑱ 大須診療所の紹介

Column ⑲ 患者様向けリーフレット

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2018年10月23日 14:09)

甲状腺治療に関して、最新の知見を交えて記載しており患者説明に役立つ

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示