Home   >    eBookStore   >   学生   医学教育出版社   医師国家試験

国試・CBTの薬(改訂第8版 第2巻)

中木 敏夫 (著)

株式会社 医学教育出版社

134 頁  (2018年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥790 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年07月20日

立ち読み   お気に入りに入れる

「薬理学はカタカナの薬の名前ばかり出てきて全く面白くない」という学生がいなくなることを願い、薬における基本的な知識の整理に役立ててもらえるようにまとめた。医学生が知っておくべき薬の要点を図と箇条書きでまとめ、各章末ではその章で扱った薬の問題演習ができるようになっている。加えて巻末の付録として、重要な薬や副作用、禁忌などのまとめを一覧にした。

国試・CBTの薬(改訂第8版 第1巻)

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:12.2MB以上(インストール時:30.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:43.4MB以上(インストール時:94.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784871634915-and-1.png 9784871634915-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784871634915-iph-1.png 9784871634915-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


医学生に必要な薬の知識をまとめ、多くの支持を得てきた本書。第8版は内容のアップデートに加え、電子版で全3巻+問題集という4冊に分けて発行!


「薬理学はカタカナの薬の名前ばかり出てきて全く面白くない」という学生がいなくなることを願い、薬における基本的な知識の整理に役立ててもらえるようにまとめた。医学生が知っておくべき薬の要点を図と箇条書きでまとめ、各章末ではその章で扱った薬の問題演習ができるようになっている。加えて巻末の付録として、重要な薬や副作用、禁忌などのまとめを一覧にした。

医師国家試験およびCBTで問われる治療薬の対策としては、本書で十分である。


----


はじめに

薬理学は,薬についての理屈を扱う学問領域である。薬はどのようにして効くのか,また,その理屈が臨床とどのように関連しているのかを扱う。これは,薬について理解するために必要であるばかりでなく,薬を有効かつ安全に使用するために不可欠な知識である。

それにもかかわらず,「薬理学はカタカナの薬の名前ばかり出てきて全く面白くない」と嘆き,学習を途中で投げ出してしまう学生がいる。本書は,そのような学生がいなくなることを願い,薬における基本的な知識の整理に役立ててもらえるようにした。

現在,臨床で使用されている薬の種類は1万を超えているが,医学生として理解し,覚えるべき薬の数は決して多くない。本書の内容からわかるように,全医薬品のわずか1%の150程度しかない。同級生と部活やサークルの先輩・後輩の人数を足したぐらいである。本書に掲載されている薬をしっかりおさえて,薬に関する整理箱を頭の中に作れば,後は比較的楽に整理ができていくだろう。また,従来の薬理学では,どうしても薬力学に重点が置かれがちであったが,薬を有効かつ安全に使用するには,基本的な薬物動態の知識も必要である。

今回の改訂では,紙ベースからデジタル書籍とし,以下の点を中心に執筆を進めた。第一に,新しく承認された薬のうち,特徴のあるものを追加した。これらの薬は医師国家試験およびCBTへの出題実績はまだないが,今後出題されてゆくと考えられる。同様の理由により前回の改訂にて追加した薬はその後に国試に出題されている。例えば,尋常性痤瘡,加齢黄斑変性,Lennox-Gastaut症候群,肺線維症,インスリノーマなどに対する治療薬,非ニコチン禁煙補助薬である。第二に,臨床で使用頻度が減った薬は削除した。第三に,2017年2月に実施された第111回医師国家試験の出題内容を反映した。医師国家試験およびCBTで問われる治療薬の対策としては,本書で十分である。

本書を読んで,読者が最大限の学習効果を得られることを期待する。内容にはできる限り正確を期したが,思わぬ誤りや不備があるかもしれない。その際には,ぜひご一報いただきたい。


2018年4月

中木 敏夫


----

5 免疫・炎症関連薬

抗炎症薬

関節リウマチ治療薬

痛風治療薬

免疫抑制薬

Point Check

問題演習

6 抗腫瘍薬

抗腫瘍薬

Point Check

問題演習

7 呼吸器系作用薬

気管支喘息治療薬

鎮咳薬

肺線維症治療薬

幼児呼吸窮迫症候群(IRDS)治療薬

末期肺癌治療薬

抗アレルギー薬

アナフィラキシーショック治療薬

Point Check

問題演習

8 循環器系作用薬

抗不整脈薬

強心薬

本態性高血圧症治療薬

脳圧亢進治療薬

狭心症発作治療薬

片頭痛発作治療薬

Point Check

問題演習

付録

必ず知っておきたい薬の名前

試験でよく問われる副作用のまとめ

禁忌のまとめ

中毒治療薬のまとめ

医薬品名と語幹

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示