Home   >    eBookStore   >   研修医   フジメディカル出版   神経内科

サルコペニア 30のポイント

関根 里恵, 小川 純人 (編集)

有限会社 フジメディカル出版

172 頁  (2018年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,456 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年04月19日

新しい知見・ガイドライン等を踏まえて当初の24項目から30項目に設問数を増やし,各項目を大幅にアップデート!

・サルコペニアに関する疑問を,30項目のQ&A形式で解説
・2013年の初版「24のポイント」に6項目を追加しブラッシュアップ
・高齢者医療・介護に携わる全てのスタッフの方々に,用途に応じて読んでいただける
・老年医学と栄養治療の最前線で活躍中の執筆陣によるクリアカットな内容

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:18.0MB以上(インストール時:38.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:5.8MB以上(インストール時:14.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784862701688-iph-1.png 9784862701688-iph-2.png

タテ

見開き


●サルコペニアに関する疑問を,30項目のQ&A形式で解説

●2013年の初版「24のポイント」に6項目を追加しブラッシュアップ

●高齢者医療・介護に携わる全てのスタッフの方々に,用途に応じて読んでいただける

●老年医学と栄養治療の最前線で活躍中の執筆陣によるクリアカットな内容


----


企画・編集にあたって

加齢に伴うさまざまな機能変化のなかでも,歩行能力,運動機能,視力,記銘力,腎機能をはじめとした人間の身体機能,生理機能は年齢に従って低下していくことが知られており,更年期以降の性ホルモン低下や栄養障害による影響も認められやすくなる。なかでもとくに,筋量と筋力の進行性かつ全身性の減少を特徴とするサルコペニアによって,高齢者の身体機能は一層低下するとともにactivitiesofdailylife(ADL)の自立を保つことが困難となり,結果的にフレイルや転倒・骨折などによる要介護状態に陥る場合も少なくない。そのため,超高齢社会を迎えたわが国においてサルコペニアの早期発見,早期対策は介護予防の観点からもきわめて重要であると考えられる。学問的には,学会等によってサルコペニア診療ガイドラインや同診断基準が発表されるなど,サルコペニアに関する概念・病態ならびに栄養・運動介入等による予防対策について体系化が進みつつある一方で,未だ高齢者医療・介護に携わるスタッフを含め広く理解されるには至っていない状況である。

そこで本書では,高齢者医療・介護に関わる幅広いスタッフの方々を対象に,わかりやすいQ&A方式を採用し,手軽かつ実際的な用途に応じて理解が深められる内容を目指し企画,改訂された。具体的には,サルコペニアの概念や病態生理,診断,予防・治療法のほか,高齢者の実際的かつ効果的な栄養管理方法や高齢者の状況・特性に応じたアプローチ等を最新の研究成果や知見も交えてご紹介いただいた。とくに今回の改訂版では,本書の初版である「サルコペニア24のポイント」を2013年に発行してから約5年経過したことや,その間の新しい知見・ガイドライン等を踏まえて当初の24項目から30項目に設問数を増やし,各項目を大幅にアップデートさせたことなどを強調したい。

本書を通じて,高齢者医療・介護に関わる方々のサルコペニアに対する理解が一層深まり,今後の高齢者に対する診療・介護・研究の新たな展開に少しでも貢献できることを期待している。


2018年6月

東京大学医学部附属病院病態栄養治療部 関根 里恵

東京大学大学院医学系研究科加齢医学 小川 純人


----

●概念・定義・疫学

Q.1 サルコペニアの定義を教えてください

Q.2 罹患の実態について教えてください

Q.3 フレイルの概念、およびサルコペニアとの関連性について教えてください

Q.4 ロコモティブシンドローム,およびサルコペニアとの関連性について教えてください

Q.5 生活習慣病とサルコペニアとの関連性について教えてください

●病態生理

Q.6 サルコペニア高齢者の特徴は? ―遺伝子,性差,環境,生活習慣など

Q.7 どのような機序で起こるのですか?

Q.8 サルコペニアの原因にはどのようなものがありますか?

Q.9 サルコペニアによる機能障害や疾患・合併症にはどのようなものがありますか?

Q.10 サルコペニアの摂食嚥下障害について教えてください

●サルコペニアの診断

Q.11 サルコペニアの診断基準はありますか?

Q.12 診断のためのバイオマーカーについて教えてください

Q.13 診断のための臨床症候について教えてください

Q.14 筋力の基準値について教えてください

●治療と予防

Q.15 治療法にはどのようなものがありますか?

Q.16 栄養管理ではどのようなことに注意すればよいでしょうか?

Q.17 高齢者の調理の工夫は?

Q.18 運動による治療と予防効果について教えてください

Q.19 リハビリテーションについて教えてください

●栄養管理の実際

Q.20 高齢者の栄養評価法は?

Q.21 高齢者に必要な栄養素は?

Q.22 必要な栄養素をとるための工夫は?

Q.23 低栄養状態な高齢者の管理ポイントは?

Q.24 介助者(家族)に必要な「高齢者栄養管理の心得10か条」とは?

●高齢者の状況に応じたアプローチ

Q.25 在宅療養高齢者の場合に注意すべきポイントは?

Q.26 摂食・嚥下など障害がある高齢者で注意すべきポイントは?

Q.27 認知症などの障害がある高齢者で注意すべきポイントは?

Q.28 とくに長期臥床高齢者の場合に注意すべきポイントは?

Q.29 高齢者糖尿病の場合に注意すべきポイントは?

Q.30 担がん患者で注意すべきポイントは?

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示