Home   >    eBookStore   >   薬剤師   フジメディカル出版   糖尿病   薬学

経口糖尿病薬の新展開―病態プロファイルと最適薬剤選択の決め手―

稲垣 暢也 (監修)

有限会社 フジメディカル出版

214 頁  (2012年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,104 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年06月08日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

経口糖尿病薬についての最新の知見と病態に応じた最適薬剤処方の実際が分かる!

SU薬、グリニド薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド薬、チアゾリジン薬、DPP-4阻害薬の6種類の経口糖尿病薬について、種類と特性,選択の指標、そしてインスリン注射の導入を見誤らないための限界といった基本知識から、病態・検査値からみた薬剤の選択基準、処方の実際、注意点まで詳しく解説。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:30MB以上(インストール時:75MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:17.6MB以上(インストール時:38.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784862700407-and-1.png 9784862700407-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784862700407-iph-1.png 9784862700407-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


●インクレチン関連薬の登場により,経口糖尿病薬のラインナップが一層充実した反面,6系統にも及ぶ薬効群の中から最適の薬剤を選び出すことは,より複雑になりました。

●病態プロファイル・検査値からみた選択は? 第一選択薬の決め手は? 最初の薬剤で血糖コントロールが得られない時の次の一手は?

●いかにして患者さんごとの最適な薬剤を選ぶかをテーマに,専門医がクリアカットに解説。あなたの糖尿病診療をサポートします。


----


インクレチン関連薬が2009 年末にわが国で発売されてからわずか2 年半の間に,糖尿病治療はすっかり変貌した。この間に4 種類のDPP-4 阻害薬と2 種類のGLP-1 受容体作動薬が発売され,糖尿病専門医はもちろんのこと,多くの非専門医の間でも大いに注目され,すでに200 万人以上の2型糖尿病患者にこれらのインクレチン関連薬が処方されている。

インクレチン関連薬の登場により,わが国では現在SU 薬,グリニド薬,α- グルコシダーゼ阻害薬,ビグアナイド薬,チアゾリジン薬,DPP-4 阻害薬の6 種類の経口糖尿病薬が存在する。糖尿病の病態を把握しながら,その時々で最適の薬剤を処方する必要がある。 本書は,「経口糖尿病薬の新展開〜病態プロファイルと最適薬剤選択の決め手〜」と題し,これら6 種類の経口糖尿病薬について,最新の知見と病態に応じた最適薬剤処方の実際をわかりやすく解説している。さらに,GLP-1 受容体作動薬についても,注射薬ではあるがインスリンとは異なりインスリンの代替えとはならないという観点から併せて解説した。

具体的には,これらの薬剤の種類と特性,選択の指標,そしてインスリン注射の導入を見誤らないための限界といった基本知識から,病態・検査値からみた薬剤の選択基準,処方の実際,注意点まで詳しく解説している。さらに,実際の患者さんに処方する場合,病態に応じて,まず最初に何を処方するか,最初の薬剤で良好な血糖コントロールが得られない場合に次に何を処方するかといった,より実践的な踏み込んだ内容とした。また,様々な合併症を有する糖尿病患者にはどのような点に注意して薬剤を選択すればよいのか,合併症別に解説した。最後に,SU 薬とインクレチン関連薬併用による重症低血糖,インスリンからGLP-1 受容体作動薬への切り替えによる高血糖,高用量メトホルミンといったいくつかの話題についても取り上げ,最新の情報を盛り込んだ。

最後に,ご多忙の中それぞれの分野の第一人者である先生方にご執筆いただいた。ここに深謝申し上げる。読者の明日からの糖尿病診療のお役に立てば,この上ない喜びである。


2012年5月

稲垣 暢也
京都大学大学院医学研究科 糖尿病・栄養内科学


----

1.経口糖尿病薬の選択における基本知識

・経口血糖降下薬の種類と特性-SU薬からインクレチン薬まで-

・経口薬選択の指標-患者のプロファイルから何を読み取るか-

・経口薬の限界-インスリン注射の導入を見誤らない-

2.薬剤選択の実際

・病態・検査値からみた薬剤選択―選択基準・処方の実際・注意点

SU薬

グリニド薬

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)

ビグアナイド薬

チアゾリジン薬

DPP-4阻害薬

GLP-1受容体作動薬

・経口薬選択の実際

病態に応じた最初の一手-まず最初にどの薬剤を用いるか?

最初の薬剤で良好な血糖コントロールが得られない場合,次の一手は?

-α-GIやグリニド薬で良好な血糖コントロールが得られない場合

-SU薬で良好な血糖コントロールが得られない場合

-ビグアナイド薬で良好な血糖コントロールが得られない場合

・合併症を有する患者における薬剤選択と注意点

肥満

動脈硬化症

腎症

網膜症の内科的治療

神経障害

・高齢患者における薬剤選択と注意点

3.トピックス

・SU薬とインクレチン関連薬併用による低血糖

・α-GI・ビグアナイド薬とインクレチンの併用

・インスリンからGLP-1受容体作動薬への切り替えによる高血糖

・チアゾリジン薬と骨折

・α-グルコシダーゼ阻害薬・グリニド薬による食後高血糖改善と大血管イベントに関する大規模スタディ

・高用量メトホルミン

・インスリンとDPP-4阻害薬の併用

4.薬剤一覧

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示