Home   >    eBookStore   >   医師   ITを活用する   メディカ出版   画像診断   神経内科   脳神経外科

テクニックを磨く! デバイスを知る! 血栓回収療法 Technical Tips

吉村 紳一 (編集)

株式会社 メディカ出版

224 頁  (2019年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥9,350 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年08月14日

時間短縮から治療のコツ、デバイス情報まで

急性期脳梗塞治療における血栓回収療法のクリニカルエビデンスが確立したが、その実施にあたっては病院を挙げた時間短縮の取り組みや確実なカテーテルテクニックが求められる。本書では、診療体制の工夫、経験豊富な臨床医しか知り得ない「Tips」、最新デバイス情報など、診療に携わるすべての医療者に必要な情報を余すことなく網羅した。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:62.1MB以上(インストール時:128.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:29.3MB以上(インストール時:63.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784840469081-iph-1.png 9784840469081-iph-2.png

タテ

見開き


時間短縮から治療のコツ、デバイス情報まで

急性期脳梗塞治療における血栓回収療法のクリニカルエビデンスが確立したが、その実施にあたっては病院を挙げた時間短縮の取り組みや確実なカテーテルテクニックが求められる。本書では、診療体制の工夫、経験豊富な臨床医しか知り得ない「Tips」、最新デバイス情報など、診療に携わるすべての医療者に必要な情報を余すことなく網羅した。


----


一人でも多くの脳梗塞患者さんを救うために

急性期脳梗塞に対する血栓回収療法のクリニカルエビデンスが確立し,日米のガイドラインでも強く推奨されました.このような背景から,血栓回収療法はすでに脳卒中医療において欠かせない技術となっており,その治療数は年々増加しています.

しかしその実施にあたっては,病院への迅速かつ適切な搬送,病院到着後の時間短縮,さらには確実なカテーテルテクニックなどが求められ,経験豊富な臨床医しか知り得ない「Tips」も多く存在します.そこで臨床の第一線で活躍する新進気鋭の執筆者が結集し,最新知識の習得と本治療の実践に役立つ書籍を刊行することとしました.

本書ではこの治療を成功させるためのコツを4分野に分けて,実践的かつ詳しく解説しています.まず,「I 患者を安全かつ迅速に受け入れる工夫」では,患者搬送における重要ポイントと院内体制整備の工夫について紹介しました.次に,「II 治療成功のコツ!」では,本治療を成功させるためには何をどうすればよいのかについて,画像読影から術後管理まで幅広く解説してもらいました.「III テクニックを磨く!」では,血管閉塞部位ごとに,ステントリトリーバー派,吸引デバイス派,併用派の3つに分けて,それぞれのエキスパートから最新のテクニックを紹介してもらいました.そして,「IV デバイスを知る!」では,本治療に使用される機器に関する情報が詳細に解説されています.

Technical Tips満載の本書は,きっと皆さんの診療に役立つものと確信しています.ぜひ多くの方に手に取っていただき,一人でも多くの脳梗塞患者さんを救ってほしいと願っております.


2019年6月

兵庫医科大学脳神経外科主任教授
吉村 紳一


----

・序文

・編集・執筆者一覧

I患者を安全かつ迅速に受け入れる工夫

1.患者搬送(救急車)と院内発症対応のコツ

2.患者搬送(ドクターヘリ)と画像転送のポイント

3.患者を増やす病院前診断ツール

4.院内体制をどう整備するか?

II治療成功のコツ!

1.画像読影のポイント:これだけは見逃すな!

2.全身チェック:到着後に最低限確認すべきことは?

3.時間短縮:何をどうすればよいのか?

4.再開通率上昇:良好な開通を得るコツ

5.合併症回避:陥りやすいトラブルと回避のポイント

6.トラブルシューティング:知っておくべきテクニック

7.術後管理:治療後に重要なこと

IIIテクニックを磨く!

1.IC-M1閉塞:あなたならどうする?

i.ステントリトリーバー派

ii.吸引デバイス派

iii.併用派

2.M2-3閉塞:あなたならどうする?

i.ステントリトリーバー派

ii.吸引デバイス派

iii.併用派

3.BA閉塞:あなたならどうする?

i.ステントリトリーバー派

ii.吸引デバイス派

iii.併用派

4.Tandemlesion(頚部IC&MCA)

5.動脈硬化性および解離病変

i.頚部内頚動脈の閉塞

ii.頭蓋内動脈の閉塞

iii.解離性病変

IVデバイスを知る!

1.デバイス総論

i.血栓回収デバイスの比較

ii.頚動脈ステントの比較

2.デバイス各論

i.SolitairePlatinum

ii.TrevoXPProVue

iii.REVIVESE

iv.ペナンブラシステム

v.GatewayPTADilatationCatheter

vi.UNRYUxp

vii.SOFIAFLOWPlus

viii.TronFX


・索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示