Home   >    eBookStore   >   薬剤師   メディカ出版   小児科   産婦人科   薬学   臨床看護

ネオネイタルケア2018年秋季増刊 病態・疾患別でまなぶ 新生児の薬剤

河田 興 (編著)

株式会社 メディカ出版

240 頁  (2018年9月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,400 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年11月23日

病態ごとに適した薬剤が学べる実践書!

NICUでよく使用されている薬剤を、病態別に分類して解説。それぞれの疾患と薬剤を関連付けて学べるので、実践場面をイメージできる。理解を深められるよう、NICUナースの疑問に答えるQ&A付き。薬剤について悩んだとき・困ったときに、サッと役立つガイドブック。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:32MB以上(インストール時:80.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:68.9MB以上(インストール時:149.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840462686-and-1.png 9784840462686-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840462686-iph-1.png 9784840462686-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


病態ごとに適した薬剤が学べる実践書!

NICUでよく使用されている薬剤を、病態別に分類して解説。それぞれの疾患と薬剤を関連付けて学べるので、実践場面をイメージできる。理解を深められるよう、NICUナースの疑問に答えるQ&A付き。薬剤について悩んだとき・困ったときに、サッと役立つガイドブック。


----


はじめに

新生児の医者になって25年、このたび新生児医療を離れて薬学生の教育に仕事を移しました。新生児、小児の医療に関心を持ち、薬の専門家として、より多くの薬剤師が医療の現場に現れることを期待して暮らしています。

これまでの間、香川(医科)大学小児科教授の故・大西 鐘壽先生と伊藤 進先生の下で小児・新生児の薬の問題に取り組んできました。

2000年ごろには、大西先生が厚生(労働)省に足しげく通われて、「治療上の見捨てられた孤児(therapeutic orphan)」である、小児の薬の問題に声を上げられました。そうやって、ようやくできた薬の適応外使用解決のための細い道筋のひとつの「小児薬物療法検討会議」、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」のために、伊藤先生が週末にほぼ休みなく検討資料をこつこつと作成しておられました。

日本未熟児新生児学会(現日本新生児成育医学会)の作成した、適応外薬検討リストからいくつかの薬で適応症、用法・用量の設定がなされた過程をそばで見てきた者として、赤ちゃんや子どもへ使用する薬を適切に供給し、安全で有効に使用できるためのデータを作っていかないといけないことを切実に感じています。

本編では、薬物療法を中心に過去からの疾患概念、治療変遷と最近の治療と位置付け、問題点などが分かるような記述をしていただきました。薬の項目では、主に急性期の治療薬を中心に、適応外使用の現状が分かるような体裁をとりました。一部は、有効で安全であるというデータがないものまで取り上げました。20年以上にわたり、代替薬がない、より有効な薬、より安全な薬をリストして日本で使用できるように努力をしてきた結果の現状です。

私自身は、フェノバルビタールの筋注製剤を500gの超低出生体重児に使用して、大腿に大きな傷跡を残した経験をしたことから、静脈注射が可能な製剤の治験に関わることができました。目の前の疾患や患児に対し、適切な治療や薬を選択して、適切な使用を行うのは当然のこととして、いかに有効で安全に使用できるかといったデータを系統的に収集して、適切な情報を発信するかが大きな課題であると考えています。

本書が薬の使用に際し、どんな根拠があって(あるいは根拠なしに)使用しているのか、より安全な使用のためにはどうしたらいいのかを皆さんが考える一助になればいいと思っています。適切な薬が、本当に必要とされる赤ちゃんへ適切に使用されることを願っています。


2018年9月

摂南大学薬学部教授
河田 興


----

・はじめに

・執筆者一覧

・本書に記載する薬剤における新生児(小児)適応の留意点

1章 新生児の感染症のくすり

〔1〕細菌感染症:早発型敗血症と遅発型敗血症、肺炎と髄膜炎

(1)ビクシリン(R)/(2)ゲンタシン(R)、アミカシン/(3)ペントシリン(R)/(4)バンコマイシン/(5)クラフォラン(R)、セフォタックス(R)/(6)メロペン(R)

〔2〕真菌感染

(1)プロジフ(R)/(2)アンビゾーム(R)/(3)ファンガード(R)

〔3〕ウイルス感染:母子垂直感染を起こすヘルペス、サイトメガロウイルス

(1)ゾビラックス(R)/(2)デノシン(R)、バリキサ(R)/(3)ホスカビル(R)

2章 新生児の呼吸器疾患のくすり

〔1〕呼吸窮迫症候群(RDS)、慢性肺疾患(CLD)

(1)サーファクテン(R)/(2)酸素/(3)ステロイド

〔2〕未熟児無呼吸発作

(1)レスピア(R)/(2)ドプラム(R)

3章 新生児の循環器疾患のくすり

〔1〕低血圧もしくはショック

(1)イノバン(R)/(2)ドブトレックス(R)/(3)容量負荷/(4)ピトレシン(R)/(5)ソル・コーテフ(R)

〔2〕未熟児動脈管開存症(PDA)

(1)イブリーフ(R)/(2)インダシン(R)/〔コラム〕パラセタモール(アセトアミノフェン)は、未熟児動脈管開存症(PDA)に使用できるでしょうか

〔3〕新生児遷延性肺高血圧(PPHN)、肺動脈性肺高血圧

(1)アイノフロー(R)/(2)エポプロステノール静注用「ACT」/(3)トラクリア(R)/(4)レバチオ(R)

〔4〕動脈管依存性先天性心疾患、抗心不全

(1)ミリスロール(R)/(2)ミルリーラ(R)/(3)ハンプ(R)/(4)プロスタンディン(R)/(5)リプル(R)、パルクス(R)

4章 重症新生児に使用するくすり

〔1〕新生児けいれん

(1)ノーベルバール(R)/(2)ミダフレッサ(R)、ドルミカム(R)/(3)ホストイン(R)/(4)オリベス(R)/(5)イーケプラ(R)

〔2〕鎮静、筋弛緩

(1)トリクロリール(R)/(2)ラボナール(R)、イソゾール(R)/(3)エスラックス(R)/(4)モルヒネ(R)/(5)フェンタニル

〔3〕眼科用薬

(1)オフサロン(R)/(2)ミドリン(R)P/(3)アバスチン(R)

〔4〕腎不全

(1)ラシックス(R)/(2)ソルダクトン(R)/(3)アルダクトン(R)A/(4)ダイアモックス(R)

5章 その他、NICUで使用するくすり

〔1〕消化器(胎便関連性腸閉塞症、Feeding Intolerance、静脈栄養関連性胆汁うっ滞)

(1)ガストログラフィン(R)/(2)エリスロシン(R)/(3)Omegaven(R)

〔2〕栄養

(1)ビタジェクト(R)/(2)プレアミン(R)-P/(3)エレメンミック(R)注/(4)イントラリピッド(R)、イントラリポス(R)/(5)HMS-1、HMS-2

〔3〕ホルモン関連薬剤(ステロイドを除く)

(1)ジアゾキシド/(2)サンドスタチン(R)/(3)ヒューマリン(R)R/(4)チラーヂン(R)S

〔4〕血液凝固系

(1)リコモジュリン(R)/(2)エスポー(R)/(3)アコアラン(R)、アンスロンビン(R)P、ノイアート(R)

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示