Home   >    eBookStore   >   研修医   メディカ出版   小児科   循環器科

図解とQ&Aでここまで分かる ステップアップ新生児循環管理

与田 仁志 (編著)

株式会社 メディカ出版

360 頁  (2016年8月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,536 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年03月10日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

新生児医療スタッフの必須知識がこの1冊に

循環生理の基礎から新生児ならではの血行動態、必須検査、特殊な管理が要求される先天性心疾患まで、新生児循環管理のすべてが分かりやすく解説。研修医やNICUナースのお役にたてる1冊。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:44.9MB以上(インストール時:112.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:176.5MB以上(インストール時:383.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840458078-and-1.png 9784840458078-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840458078-iph-1.png 9784840458078-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


新生児医療スタッフの必須知識がこの一冊に

生理的状態から逸脱した新生児の治療・ケアには循環の理解が不可欠。循環生理の基礎から新生児ならではの血行動態、必須検査、特殊な管理が要求される先天性心疾患まで、新生児循環管理のすべてが分かるこの一冊で、見逃してはならない所見や観察のポイントを完全マスター。


----


刊行にあたって

私自身、新生児の診療をしていながら、こと新生児循環管理に関する手引書がなく、研修医やNICUナースに役立つ本が必要だと思っていました。そのような折、Neonatal Care 2012年春季増刊号『図解でどんどんステップアップ 新生児循環管理なるほどQ&A』を編集する機会に恵まれました。本増刊号はその思いに応えられるもので、新生児医療に関わる多くの医療者にご好評いただきました。本書はそれをもとに執筆陣が改訂を加え、かつより基礎的な項目から、外科治療や術後管理など発展的な項目を増やして、さらに充実させたものです。本書はわが国で初めての新生児循環管理の実践書と言えます。

新生児の呼吸管理はともかく、循環管理は難しいと思っている医師やNICUスタッフは決して少なくないと思われます。しかし、循環の理解は生理的状態から逸脱した患児の看護・診断には不可欠です。NICUでは呼吸心拍モニタやSpO2モニタが所狭しと並んでいますが、そこからのデータやバイタルサインだけでなく、X線写真や心エコー所見などから多くの情報が得られます。これらの情報でどのように血行動態を解釈し、どんなふうに治療に活かすのか? 本書では分かりやすく説明してあります。

NICUで遭遇する循環器疾患といえばまず、皆さんは未熟児動脈管開存症を思い浮かべることでしょう。その診断のポイントや治療中の観察についてNICUナースの果たす役割は非常に大きく、しっかりと理解する必要があります。また、先天性心疾患の病児が入院してくるのもNICUならではの光景です。先天性心疾患についても診断から治療まで自施設で見るところもあるでしょうし、先天性心疾患と分かるとより専門の施設や部門に移送する施設もあるでしょう。どんな場合であっても、心疾患児の観察すべきポイントには共通点があります。搬送のタイミングも重要な要素です。循環器疾患のみかたには特殊性があるのも事実で、SpO2モニタにしても酸素濃度の調整にしても、他疾患の児とは異なる考えが要求されます。本書ではまた、皆さんが苦手とされているであろう不整脈の診断や双胎間輸血症候群、晩期循環不全など特珠な病態についても触れています。巻末には治療に用いられる薬剤についての基本知識や使用法などもまとめました。主にNICUで遭遇するさまざまな循環管理について図解を存分に取り入れて解説しましたが、その際に飛び交う循環器用語や略語についても巻末にまとめ、分かりやすくしました。

本書が多くの読者からの期待に応えた1冊として、NICUだけでなく分娩室や新生児室など、新生児に関わるすべての部門の皆さんのお役に立てることを切に願っております。


2016年6月

東邦大学医学部新生児学講座
与田 仁志


----

・刊行にあたって

・執筆者一覧

【第1章 新生児の循環生理を理解しよう!】

〔1〕子宮内生活から子宮外生活で循環はどう変わる?

〔2〕肺血管抵抗と体血管抵抗って何?

〔3〕左右短絡、右左短絡ってどういうこと?

〔4〕新生児蘇生法では右手にSpO2モニタを付けるのはなぜ?

〔5〕新生児・早産児の心臓は小児や成人とどう違う?

〔6〕前負荷・後負荷って何? 新生児ではどんな特徴がある?

〔7〕新生児の心機能はどんな要素で評価する?

〔8〕何mmHg以下からが低血圧? 在胎週数とどう関係する?

〔9〕出生後も肺高血圧が続くとどうなる?

〔10〕動脈管が自然閉鎖しないとどうなる?

〔11〕心雑音はどんなときに出る? どう評価する?

【第2章 検査・モニタリング方法を理解しよう!】

〔1〕SpO2モニタリングから何が分かる?

〔2〕血液ガス分析から何が分かる?

〔3〕観血的・非観血的血圧から何が分かる?

〔4〕尿量から何が分かる?

〔5〕Capillary refilling time から何が分かる?

〔6〕BNPなどのバイオマーカーから何が分かる?

〔7〕胸部X線から何が分かる?

〔8〕心電図モニタはどんなふうに見ればよい?

〔9〕心電図モニタから分かる異常な波形にはどんなものがある?

〔10〕新生児心エコー検査から何が分かる? (1)PDA評価の実際

〔11〕新生児心エコー検査から何が分かる? (2)心機能評価の実際

〔12〕新生児心エコー検査から何が分かる? (3)肺高血圧評価の実際

〔13〕新生児心エコー検査から何が分かる? (4)心拍出量評価の実際

〔14〕心室圧容積関係で何が分かる?

〔15〕Stress-Velocity 関係で何が分かる?

【第3章 先天性心疾患を理解しよう!】

〔1〕先天性心疾患を疑うのはどんなとき?

〔2〕先天性心疾患にはどんなものがある?

〔3〕先天性心疾患は心エコーでどう区分したら理解しやすい?

〔4〕シャントのあり、なし、右左、左右で先天性心疾患の管理は変わる?

〔5〕チアノーゼ性、非チアノーゼ性で先天性心疾患の管理は変わる?

〔6〕胎便吸引症候群や呼吸窮迫症候群との鑑別が問題となる先天性心疾患は?

〔7〕酸素を投与してはいけない心疾患があるのはなぜ?

〔8〕動脈管が閉鎖・狭小化することが、なぜショックに結び付く?

〔9〕大血管転位でプロスタグランジンを使うのはなぜ?

〔10〕プロスタグランジンの副作用は?

〔11〕欠損孔の部位と大きさで心室中隔欠損の管理は変わる?

〔12〕ダウン症候群や18トリソミーに合併することが多い心疾患は何?

〔13〕無脾症、多脾症って何?

〔14〕先天性心疾患の搬送のタイミングと注意点は?

〔15〕胎児期に心疾患が見つかったら?

【第4章 先天性心疾患の手術を理解しよう!】

〔1〕新生児期に姑息術が必要となる疾患とその術式は?

〔2〕新生児期に根治術が必要となる疾患とその術式は?

〔3〕新生児期の術後管理で注意すべきことは?

【第5章 不整脈を理解しよう!】

〔1〕不整脈はどうして起こる? メカニズムとその意味は?

〔2〕胎児不整脈をどう見る? 治療しなくてはならない胎児不整脈は?

〔3〕新生児不整脈をどう見る? 治療しなくてはならない新生児不整脈は?

【第6章 循環不全はこう管理する!】

〔1〕心収縮力の低下にどう対応する?

〔2〕循環血液量の不足にどう対応する?

〔3〕末梢血管の虚脱や透過性亢進にどう対応する?

〔4〕肺血管抵抗を下げるにはどうすればよい?

〔5〕肺血管拡張薬の使用で注意することは?

〔6〕体血圧を下げずに肺血管拡張をもたらすには?

〔7〕カテコラミンの使用で注意すべきことは?

〔8〕副腎皮質ステロイドの使用で注意すべきことは?

〔9〕容量負荷で注意すべきことは?

〔10〕肺血流増加型先天性心疾患はどう管理する?~呼吸管理を中心に~

〔11〕低酸素吸入療法って何? どんなときに使う?

〔12〕一酸化窒素を先天性心疾患に使うのはどんなとき?

〔13〕インドメタシンは動脈管にどう作用する? 副作用は?

〔14〕PDAの内科的治療にはどんなものがある? 動脈管が開かないための予防的管理は?

〔15〕PDAの外科的結紮術のメリット・デメリットは?

【第7章 特殊な循環不全】

〔1〕新生児蘇生法での薬物投与はどうする?

〔2〕新生児仮死で脳を守る循環管理とは?

〔3〕双胎間輸血症候群って何? どんな注意が必要?

〔4〕晩期循環不全はなぜ起こる?



<付表>

・循環管理でよく出会う薬剤一覧

・循環管理でよく出会う略語一覧



・索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年6月15日 14:56)

新生児の循環動態を理解するのに必要な知識が簡潔に整理されており大変学習し易い。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示