Home   >    eBookStore   >   研修医   メディカ出版   臨床検査   消化器内科   消化器外科

イラストで理解する大腸内視鏡操作法

中嶋 清司 (著)

株式会社 メディカ出版

192 頁  (2016年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥6,264 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年05月18日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

内視鏡画像をシンプルな模式図で表現→操作法のイメージが明確に伝わる!スコープを思いのままに操るコツ、教えます!

「ページを開いたときに、腸管模式図がパッと目に飛び込んでくるような本」を目指して執筆。日本全国の大腸内視鏡検査のレベルを上げる一冊!著者の自信作です♪

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:21.2MB以上(インストール時:53.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:88.1MB以上(インストール時:191.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840456241-and-1.png 9784840456241-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840456241-iph-1.png 9784840456241-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


スコープの基本操作法のポイントを伝授!

大腸内視鏡画像をシンプルな模式図で表現したことで操作法のイメージが明確に伝わる画期的な教科書。どんな症例でもシンプルでパターン化された挿入ができるよう、初心者・初級者のためにスコープの基本操作のポイントをていねいに解説する。


----


はじめに

私は,2013年5月に『若手ドクターのための大腸内視鏡挿入法~挿入パターンと道順』(メディカルレビュー社)という純粋な挿入法の教科書を刊行しました.この教科書で伝えたかったことは,大腸内視鏡挿入法には決まった手順があり,その手順を理解して,ポイントとなる部位をていねいにクリアしていけば,挿入難易度に振り回されずに,限られたパターンだけで挿入することが可能となるという内容でした.多くの先生方からありがたいご意見,ご感想をいただきましたが,中級者以上でなければ理解できない難しい理論が多く,「もっと基本的で入門書的なものを書いてほしい」といった要望を受けて,初級者向きの入門書を執筆することになりました.

そこで初級者向きとはどういうものだろうかと想像したときに,頭で深く考えるような理論ではなく,求められるのはもっと単純で感覚的なイメージだろうと思い,自分が初級者だったころの「研修ノート」をひっぱり出してきて,読み直してみました.そこには,スコープを持つ右手元の感覚はどうあるべきだとか,ルーメンは内視鏡画面のどの位置でとらえるべきだといった感覚的な内容ばかりが書かれていました.一般的に,初級者は道具(スコープ)を自分の思い通りに操ることができません.そのような初級者に,どれだけ素晴らしい挿入理論を解説したところで,しょせんは「猫に小判」「豚に真珠」「馬の耳に念仏」でしかありません.今では大腸内視鏡挿入法の名人,達人と呼ばれている先生であっても,最初は誰でも猫であり,豚であり,馬であったのです.私も例外なく豚でした.まったく理解できない,まったく手が動かないところから始めて,1つずつ何かを感じて,何かをつかみ取りながら上達してきたのです.

本書では,これから大腸内視鏡を始めようとする初心者や初級者を対象にして,スコープの基本操作法のポイントをていねいに解説しました.解説に用いる内視鏡画像は写真ではなく,模式図にしたことで,操作法のイメージをより明確に示すことに成功しました.また,重要なポイントはそのまま「見出し」にしました.

本書を精読して,真摯に取り組めば,誰でも必ずうまくなることを約束します.


2015年12月

中嶋 清司


----

・はじめに―初心者と初級者のための入門書です

・大腸内視鏡挿入法における大腸の区分

・本書の使い方

【I 操作法の基本的な考え方】

(1)操作の心得7カ条

(2)操作法の3大原則

(3)S状結腸のループ形成の成り立ちを理解する

【II スコープの基本操作法】

<A>基本操作のポイント

(1)スコープヘッドコントロールを保つ

(2)左手のアングル操作(とくに左右アングル)を控える

(3)右手でクルクルと軸回転させながら進めていく

(4)右手首の回転を使って,柔らかく操作する

(5)スコープは吊り上げ気味に持つ

(6)過度の送気は挿入難易度を上げる

(7)一定の距離感(赤玉ではない近接像)で勝負する

(8)目前の屈曲部へ届かせるために押す

(9)内視鏡画面の「正中ライン」へ導いてとらえる


<B>腸管屈曲部のとらえ方

(10)軸回転と引き戻し操作のみで,最短距離で通過する

(11)12時方向へ回転移動させて,アップアングルでとらえる

(12)軸回転操作を行う直前に,ダウンアングルへ戻す

(13)腸管屈曲部の外側ラインをガイドにする

(14)鋭角なスリットでも,引き込むと開いてくる

(15)横長に展開するルーメンでは,横長に見たまま進める

(16)縦長に展開するルーメンでは,過伸展させない

(17)過伸展させているように感じたら,引き込んでみる

(18)回転するルーメンは「右下方向へ回転移動する」という特徴を利用する

(19)6時方向に合わせて,ダウンアングルでとらえる

(20)引き込み切れず,うまくとらえられないときの対処法

(21)S状結腸を畳み込む(Right Turn Shortening)


<C>ループ形成解除法

(22)ループ形成解除法は難しいものではない

(23)解除操作の準備:スコープ彎曲部のフックと,ループの縮小

(24)正しい方向へ,180°近くの軸回転(トルク)をかける

(25)斜め上へ引き抜いてくるように引き戻す

(26)ループが解け,ストレート化されると感覚でわかる

(27)ループ形成解除法を習得して,「完全ストレート化の完成度」を高める

(28)体外スコープのねじれを光源側へ逃さない

(29)ループ形成解除法を疑似体験で理解する

【III 初級者のための挿入法】

<A>直腸~直腸S状結腸移行部(RSJ)

(1)直腸へ挿入したら,左手の操作部を立てて「検査開始時の画像」を出す

(2)「直腸Rbの前壁」を,左軸回転操作で越えていく

(3)直腸Raの屈曲部から,挿入の組み立てを開始する

(4)最初に,大きく右軸回転(約180°)をかけて画像の「天と地」を入れ替える

(5)アップアングルで上り,RSJのスリットを正面視でとらえる

(6)RSJの屈曲部は,直腸全体を引き込みながら通過する


<B>S状結腸~脾彎曲部(SF)

(7)S状結腸の挿入法の3つのポイント

(8)S状結腸は「Right&Down」で進めていく

(9)「左方向へ展開していく屈曲」の対処法

(10)S-topを頭側へ鋭角に突き上げない

(11)S-topは過伸展させずに,慎重に越えていく

(12)上部S状結腸は直線的に最短距離で押し進めていく

(13)ループ形成のパターンを予測する

(14)Nループパターンの進め方

(15)αループパターンの進め方

(16)SFで体内外のスコープを完全にストレート化する


<C>横行結腸~盲腸

(17)SFを押しながら越えたら,十分に引き込む

(18)LTは,ダウンアングルで落とし込むように進めていく

(19)横行結腸では,素直な軸回転操作で進めていく

(20)MTの屈曲部は押し込まずに,引きながら越える

(21)MTの屈曲部(垂れ込み)の角度を判断して,HFの越え方を決める

(22)HFの越え方:MTの屈曲部を引き込むパターン

(23)HFの越え方:MTの屈曲部を吊り上げるパターン

(24)上行結腸から盲腸へ進めていく

【IV 上級者の挿入法:軸保持短縮パターン】

(1)軸保持短縮パターンのアウトライン

(2)S-topの屈曲部を引き込んで,ルーメンを右回転させる

(3)「引き込んだ形」を崩さずに進めていく

(4)S-topの屈曲部にフックさせたままRight Turn Shorteningへ

(5)SDJを通過すると同時にストレート化する

(6)軸保持短縮パターンの成功確率を上げるコツ

【挿入パターン別フローチャート】

(1)序盤:直腸~RSJの挿入パターン

(2)中盤:Nループパターン

(3)中盤:αループパターン

(4)中盤:軸保持短縮パターン

(5)終盤:MTの屈曲部を引き込むパターン

(6)終盤:MTの屈曲部を吊り上げるパターン


・文献

・索引

・著者紹介

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示