Home   >    eBookStore   >   看護師   ベッドサイドで   メディカ出版   臨床看護

まるごと やりなおしのフィジカルアセスメント

山勢 博彰 (編著)

株式会社 メディカ出版

212 頁  (2015年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,024 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年04月28日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

ベッドサイドですぐ活かせる よくあるこんな疑問・勘違いを解説

現場で忙しい看護師が、イラストでどこの何を見るべきかが一目でわかり、チャートによってどういった場合にはどのように判断するべきかがわかる、復習や確認に使える「見てわかる」フィジカルアセスメントの本である。
現場でよくある勘違いや間違いの例を挙げ、実践で役立つ内容となっています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40.5MB以上(インストール時:101.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:141.6MB以上(インストール時:307.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840454476-and-1.png 9784840454476-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840454476-iph-1.png 9784840454476-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


フィジカルアセスメント技術を新たに加えてパワーアップ。正常・異常の見極め方、急変症状や術後・疾患別のアセスメントをわかりやすく解説。チャートやチェック表でアセスメントの流れやポイントがすぐにわかる。実践ですぐ活かせる知識が学べる一冊。


----


看護師が実施するフィジカルアセスメントは、医師が行う診察のように、病気を診断するために行うものではない。情報収集、アセスメント、看護診断、看護計画、実施、評価という一連の看護過程で必要な行為という位置付けにある。こうしたアセスメントは、病気そのものではなく対象の健康状態を査定するもので、ヘルスアセスメントと呼ばれることもある。フィジカルアセスメントには、インタビューを通して査定する問診と、客観的な観察法である視診、触診、打診、聴診のフィジカルイグザミネーションがある。これらのアセスメント技術を身に付け、実際の臨床場面で使いこなすことによって、より良い看護を提供することが可能になる。

看護教育ではフィジカルアセスメントが重要視され、多くの大学や専門学校などで演習を取り入れた教育が行われている。しかし、現役の看護師のなかには、苦手意識をもつ者も多く、触診や打診をすることが特別の看護行為であるかのような印象を与えている現状もある。アセスメントの一つひとつの技術は決して難しいものではない。繰り返し実施することによって身に付けることが可能で、特別な看護行為でもない。重要なのは、そこから得られた所見をどのように看護に活かせるかである。

本書は、『ナースビーンズsmart nurse』の増刊号として発刊されていたものを再編集したものである。この増刊号の評判は高く、何度か版を重ね今回の単行本化となった。内容は、単にフィジカルアセスメントの基本を解説しているだけでなく、臨床で活用しやすいものになるよう努めた。現場で忙しい看護師が、イラストでどこの何を見るべきかが一目でわかり、チャートによってどういった場合にはどのように判断するべきかがわかる、復習や確認に使える「見てわかる」フィジカルアセスメントの本である。また、現場でよくありがちな勘違いや、間違いの例を挙げ、読者の知りたい「本当のところはどうなの?」に応えられる内容になっている。

現場の多くの看護師に本書を手にしてもらい、臨床実践に役立ててもらえたら幸いである。


2015年8月

山口大学大学院医学系研究科保健学系学域教授 山勢博彰




----

・はじめに

【1章 フィジカルアセスメントのおさらい】

◆1 フィジカルアセスメントの目的と方法

◆2 フィジカルアセスメントの基本手技

【2章 「全身状態」から見る イラスト・チャートでわかる 正常・異常の見極めかた】

◆1 外観・外皮のアセスメント

◆2 頭頸部のアセスメント

◆3 胸部のアセスメント

◆4 循環器のアセスメント

◆5 呼吸器のアセスメント

◆6 腹部のアセスメント

◆7 筋骨格系のアセスメント

◆8 神経系のアセスメント

【3章 「急変症状」から見る チャートでわかる 急変時のアセスメント】

◆1 ショックのアセスメント

◆2 意識障害のアセスメント

◆3 頭痛のアセスメント

◆4 呼吸困難のアセスメント

◆5 胸痛のアセスメント

◆6 腰背部痛のアセスメント

◆7 腹痛のアセスメント

◆8 下痢・下血のアセスメント

◆9 嘔吐・吐血のアセスメント

◆10 痙攣のアセスメント

◆11 運動麻痺のアセスメント

◆12 体温異常のアセスメント

◆13 熱傷のアセスメント

◆14 外傷のアセスメント

【4章 「術後・疾患」から見る チェック表・チャートでわかる 対象別のアセスメント】

◆1 チェック表で見る 術後のアセスメント

(1)開頭術後

(2)開胸術後

(3)開心術後(人工心肺使用)

(4)開腹術後

(5)内視鏡下手術(胸腔鏡、腹腔鏡)

◆2 チャートで見る 疾患別のアセスメント

(1)脳卒中

(2)呼吸不全

(3)心不全(急性期と慢性期)

(4)慢性腎不全(透析患者)

(5)糖尿病

(6)化学療法中

(7)熱中症

(8)せん妄と不穏


・索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示