Home   >    eBookStore   >   研修医   メディカ出版   解剖学   臨床検査   循環器科   外科

CIRCULATION Up-to-Date Books01 心臓外科医が描いた正しい心臓解剖図

末次 文祥 (著) , 池田 隆徳 (監修)

株式会社 メディカ出版

200 頁  (2014年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,860 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2014年06月13日

立ち読み   お気に入りに入れる

透視図→心カテ 断面図→心エコー 見たいところが見える

著者独自の描き方である「透視図」「断面図」で描かれ、透視図は心臓を正面から透かして見たい部位に絞り込み、カテーテル検査・治療に役立つ。断面図は心エコーの参考となるラインで切り取られ、検査に役立つ。かゆいところに手が届く心カテ・心エコーに最適の心臓解剖図です!

CIRCULATION Up-to-Date Booksシリーズ

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40.2MB以上(インストール時:100.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:183.3MB以上(インストール時:398.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840449038-and-1.png 9784840449038-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840449038-iph-1.png 9784840449038-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


心カテ・心エコーに最適の心臓解剖図!

著者独自の描き方である「透視図」「断面図」で描かれている。透視図は心臓を正面から透かして見たい部位に絞り込み、カテーテル検査・治療に役立つ。断面図は心エコーの参考となるラインで切り取られ、検査に役立つ。かゆいところに手が届く心臓解剖図である。


----


はじめに


「貴君の挿絵はおかしい」――本書の名づけ親にもなっていただいた恩師から,手術手技を描いた図に関して完全な誤りをご指摘いただいたとき,拙い構成に加えて不勉強なままの図解で切り抜けようとした自分を一瞬恥じました.しかし,正しい画に直すために術式の懇切丁寧なご指導を受けた後,私が心に誓ったことは,「たとえ何度描き直しても,全身全霊を込めて正しい図を完成させます」――ただその一事でした.すべての他の作業を中断し,ある意味命がけで一枚の紙に向かいました.「ごまかしや欺瞞を含んだまま形だけのものを作るぐらいなら,本など出すべきではない」.じっと悩んだ末,一世一代の試合に臨む心境で一枚の図を描き上げました.

固唾をのんで待った結果は,「これならいいでしょう」という穏やかで優しい一言の評価でした.瞬間,胸に熱いものが込み上げきて,言葉にならぬ達成感がわが身を包んでゆくのを感じました.そんな大それたものか,と苦笑される向きもあるかもしれませんが,この間,数日の思いはおそらく一生忘れることができないでしょう.その画は――どこかに出てきますのであとでゆっくり見つけてください.

すぐれた医学的図譜は,実際に役立つばかりでなく,見るものを感動させます.その感動は,受け手である医学者・医療者一人ひとりの心に情熱という火をともし,そしてその情熱こそがわれわれの日々の努力のための原動力となってゆくのです.かのフランク・H・ネッター師の図譜をひもとくと,その才能と技量に甘んずることなく研鑽を積み続け,寸暇を惜しんで作画にいそしんだに違いない師の情熱が,図の余白から陽炎のように立ちのぼってくるのが感じられます.

私は,解剖学者ではありません.また外科医としても手術で名をはせるような才覚も技量も持ち合わせません.ただ心臓外科手術の素晴らしさを記録し,伝えることにやりがいと使命感を感じて手術図を描き続けてきたものですが,最近,数年かけて実感したのは「自分はなんと正常構造を知らぬ心臓画描きであったことか」という思いでした.解剖もおぼつかないまま,利いたふうな手術の絵など描いていては自分のためにも世のためにもならぬ――そう思って編集部にご相談し,「循環器専門医に必要な解剖学」と銘打って,肉眼解剖図を臨床的に探求する場を設けていただきました.本当は正しい解剖図はほかの誰でもなく,自分自身に必要だったのです.したがって,本書は若いころの自分に教えるような気持ちで書きました.臨床医にとっての解剖学は,正しい診断と治療を行ってゆくための言語であり,道具であり,武器です.

「外科医は間違った図を描いてはならない」――本書のタイトルはそういう訓戒でもあると肝に銘じ,あらためて今井康晴先生に衷心よりの感謝の気持ちをこの場を借りて申し上げさせていただきます.また,解剖学のお立場から推薦のお言葉を賜りました篠田謙一先生,そして数々の発表の機会をお与えいただきました伊藤翼先生,本書の監修の労をお執りいただきました池田隆徳先生,さらに,東京女子医大 心研 時代にお世話になった多くの先生方ならびに本書を編むに当たり多大なるご協力をいただいた諸先生方に,厚く御礼申し上げます.

最後になりますが,細やかなる編集で素晴らしく読みやすい本に仕立ててくださった出路賢之介氏はじめ編集部の皆さまにも心より感謝申し上げ,ついでにお許しいただけるならば,作画と編集のためにいつにも増して普段の仕事の能率と質が低下する私に代わり,本来専心すべき地域の循環器診療,一般診療,また諸事雑事に至るまで,すべてにおいてバックアップしてくれた,「手術図制作研究所」の命名者でもあるわが妻で副院長の末次啓子医師に,心より陳謝と感謝の気持ちを述べまして,序文に代えさせていただきます.
――ありがとうございました.


2014年 2月

医療法人末次医院院長 手術図制作研究所主宰
末次 文祥


----


序章 臨床に役立てるために

1 心臓の外観―地図式記名法―

2 造影CT 立体画像―心カテの通る道―

3 右上腕動脈とその周辺の解剖―心カテの入口兼圧迫止血点―

4 心臓発生学の臨床的に役立つツボ―読み飛ばさない発生学のページ―

第1章 心臓透視解剖図
―それぞれの構造物の相互の位置関係と冠動脈の走行を見る―

1 正面像:解剖学的構造物をできるだけ一枚に描き込んだ透視図

2 背面像:背側から両房室弁を見下ろした透視図

3 右側面像:「心臓の骨格」を重視した透視図

4 左前斜位像:右室流出路・肺動脈と大動脈の位置関係がわかる透視図

5 左側面像:左室側の真横から大動脈弁・肺動脈弁・冠動脈の走行を見た透視図

第2章 心臓断面詳細図
―1つの平面で切り取った断面から立体視した解剖図―

1 心エコーの基本の構え①:左室長軸断面像

2 心エコーの基本の構え②:左室短軸断面像

3 両心室と大動脈基部を包含する断面図:五腔像

4 大動脈基部で切った心臓短軸断面像

5 4つの部屋と房室弁を同時に見る:四腔像

6 右室を見るための断面図:右室前額断面像

7 心窩部アプローチによる断面像①:sub-xiphoid view

8 心窩部アプローチによる断面像②:下大静脈―右室流出路を軸にした断面像

9 心筋シンチのための断面図:左前斜位方向からみた断面像

第3章 新しい病態解剖図

1 大動脈弁狭窄症

2 拡張型心筋症・肥大型心筋症

第4章 手術図・心臓の図を描くための心臓構造解剖学
―CIRCULATION GRAPHICUSより―

1 伝えるチカラ ―イラストという雄弁なもの―

2 夢の運針 ―冠動脈の端側吻合―

3 管は輪が集まってできる ―存在感・立体感を左右する線―

4 そのディテール,わかりやすく正確に―シェーマとスケッチの中間に位置するイラスト―

5 新生児ジャテーン手術絵巻 ―大血管スイッチ手術のクライマックス―

6 心臓の三次元的イメージ ―立体を平面に表現するために―

7 「立体的な」孔 ―ファロー四徴症のVSD―

8 ネッターの遺産 ―主題を明確にするという到達点―

9 解剖学教室の深夜 ―観察し,探求し,没頭して描出する―

10 透視図への挑戦 ―その隣,その後ろ,その奥にあるもの―

11 タイム・リミット ―大動脈自己弁温存基部置換手術―

12 ペン画の不思議 ―心室中隔欠損孔を線だけで描く―

13 鉛筆画のクオリティ

14 アナログな手術記録 ―役立つ図を描いて残そう―

15 One for all, All for one! ―心臓外科チームの結束―

16 「 想像力」と「創造力」 ―デジタル化の"功"と"罪"―

17 机上の「実論」 ―ボールペンで血管を描く―

18 直線の曲線美 ―人工血管を描く―

19 絵解き従軍記 ―三色ボールペンで描く手術記録―

20 赤壁の戦い ―トータル・アーチ・リコンストラクション―

21 ザ・マイクロサージャンズ―小人化心臓血管外科医的冠動脈手術図―

22 イラストの未来へ ―心臓外科医の依頼で描いた解剖図でないイラスト―

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2018年4月18日 12:39)

外科医のみならず、内科系医師が心臓について理解を深めるのに必ず役に立ちます。
カテや心エコーがよくわからない学生・研修医・初学者にははじめの一歩に、慣れてきた医師にはより精度の高い画像を頭でイメージするのに役立つと思います。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年6月16日 14:33)

この本のおかげで、ただ立っているだけだったカテの時間が有意義なものに変わりました。

★★★★★ 外科医は絵がうまい
投稿者:匿名 (2016年8月22日 20:35)

他の解剖のほんとちょっと趣が違うので面白いですね。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年12月24日 14:02)

非常に面白かったです。循環器内科研修の際に読ませていただきましたが、カテーテル、エコーの理解が深まりました。単純に絵が綺麗で見惚れます。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月28日 16:36)

心臓が立体的に理解出来ます

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年3月30日 10:31)

3DCTにおいて、心臓の種々の断層面の画像作成、及び読影の機会が多くなっており、これの理解に非常に役に立ちます。画像がきれいで、一つの章立てが短く、かつ読みやすいため、tabletに入れて、仕事の合間に読むのにも適しています。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示