Home   >    eBookStore   >   看護師   メディカ出版   感染症   薬剤処方

ねころんで読める抗菌薬

矢野 邦夫 (著)

株式会社 メディカ出版

152 頁  (2014年8月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,160 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2014年10月10日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

100分で読めて今日から役立つ!身につく抗菌薬のキホン。

ねころんで読めるからアタマに入る、抗菌薬処方のエッセンスが凝縮された一冊。基本的な17の心得をマスターし、敵(病原体)の性格を理解し、おもな抗菌薬の特徴をつかむ!文中の癒し系4コマ漫画が頭を柔軟にしてくれます。

>続編 『もっとねころんで読める抗菌薬』 はこちら

>姉妹書 『ねころんで読める頭痛学 診断と治療』 はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:31.3MB以上(インストール時:78.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:18.3MB以上(インストール時:39.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784840446143-and-1.png 9784840446143-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784840446143-iph-1.png 9784840446143-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


100分で読める身につく抗菌薬のキホン。

ねころんで読めるからアタマに入る、Dr.矢野が伝授する抗菌薬処方のエッセンス。基本的な17の心得をマスターし、敵(病原体)の性格を理解し、おもな抗菌薬の特徴をつかむ。ややこしいけど知っておかなければならない、明日から使える抗菌薬のキホン知識が100分でスラスラ読めて自然と体得できる!


----


はじめに

各地域において「抗菌薬の適正使用」の講習会や講演会が開催されています。「広域抗菌薬を使用したら、デ・エスカレーションして狭域抗菌薬を使用しよう」「このような状況ならば、抗菌薬は必要ない」というように、広域抗菌薬が頻用されない努力や抗菌薬の必要のない患者に抗菌薬を投与しないような啓発がなされています。

このような啓発について大変心強く思いますが、感染症治療と感染対策を切り分けて考えている専門家が多いのが気になります。感染症治療は頑張るけれど、感染対策は担当外というものです。抗菌薬の適正使用の話はするけれども、感染対策については全く触れないということです。

米国疾病管理予防センター(CDC)が2006年10月に公開した『医療環境における多剤耐性菌の管理ガイドライン』では多剤耐性菌対策として行われている様々な介入を7つのカテゴリーに分類しています。そして、その中の1つが「抗菌薬の適正使用」となっているのです。すなわち、抗菌薬の適正使用は感染対策の一部であり、独立したものではありません。並列したものでもないのです。

本書を作成するときに常に念頭にあったのは、「抗菌薬の適正使用は感染対策の一部である」ということでした。感染対策が不十分となり、感染症の患者を病院内に多発させておいて、抗菌薬を投与するというのは適切ではありません。それは、開発途上国において下水設備がなく、コレラやチフスが蔓延している状況で、抗菌薬の選択について議論しているようなものなのです。このような場合、下水設備が必要なのです。これまで、『ねころんで読めるCDCガイドラインシリーズ』を3巻出版しました。それらはすべて感染対策についての話となっています。抗菌薬の話の前に、感染対策について理解していただきたかったのです。感染対策について理解されたうえで抗菌薬の話をすれば、それは意味のあるものになってくるからです。

本書が抗菌薬の適正使用とはどのようなものかについて提示できることを望みます。また、感染対策と抗菌薬は切っても切れないものであることを理解していただけることを希望します。最後に、このような企画を提示していただいたメディカ出版の井澗富美氏に心から感謝の意を表したいと思います。

浜松医療センター副院長・感染症内科長・衛生管理室長

矢野 邦夫


----

【第1章 抗菌薬処方のための17の心得】

◆1.抗菌薬は環境問題である

◆2.刺身を買うために、本屋に行くな!

◆3.犬小屋には犬が住み、馬小屋には馬が住む

◆4.オーディオを購入するときには機能で判断しよう。値段で決めない

◆5.人に代理を頼むときには適した人に頼もう

◆6.誤った情報で買い物をすると損をする

◆7.ワサビは寿司ネタの下に入れると美味しいが、 目の中に入れると痛い!

◆8.「塩」と「砂糖」を区別せずに料理をしない!

◆9.美味しいコーヒーを飲むには、適量の豆と適量の熱湯が必要である

◆10.入社試験で合否を決めるときには得点のみを判断材料にしてはいけない

◆11.無条件反射は身を守る

◆12.少人数のツアーに大型バスをチャーターすることは無駄である

◆13.将棋の「待ち駒」と囲碁の「打ち込み」

◆14.外来患者は必ずしも処方通り薬を飲まない

◆15.個人の利益と集団の利益

◆16.内服は1回で済めば、それに越したことはない

◆17.走り高跳び、三段跳び

【第2章 おもな抗菌薬の特徴】

◆抗菌薬を学ぶ=自動車の運転を学ぶ

◆第1段階:抗菌薬のイメージ

◆第2段階:各系統の抗菌薬

・ペニシリン系

・セフェム系

・カルバペネム系

・モノバクタム系

・ペネム系

・アミノグリコシド系

・キノロン系

・テトラサイクリン系

・マクロライド系

・リンコマイシン系

・ホスホマイシン系

・ポリペプチド系

・環状ポリペプチド系

・オキサゾリジノン系

・その他

【第3章 敵を知る おもな病原体の特徴】

◆戦う相手の性格や生息場所を熟知する

◆ア行ではじまるばい菌

◆カ行ではじまるばい菌

◆サ行ではじまるばい菌

◆タ行ではじまるばい菌

◆ナ行ではじまるばい菌

◆ハ行ではじまるばい菌

◆マ行ではじまるばい菌

◆ラ行ではじまるばい菌

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年8月22日 16:08)

寝転んで読むことができました。読み物系参考書としてはよくできていると感じました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年1月23日 17:11)

総論的な内容が多いですが、初学者にとってはとても面白く読みやすい内容です。特に感染症に苦手意識がある方には親しみやすい内容だと思います。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2017年1月13日 14:27)

これ一冊では完結しない。シリーズで読みましょう。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年12月21日 14:18)

抗菌薬の入門として大変有意義でした。たしかに寝ころんで読めました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年11月25日 10:36)

各テーマの表題を見た瞬間は、「感染症の本!?」と思ってしまいますが、本文を読むとなんとも的を得ているので、頭にスッと入ってきます。寝ころんで読めるくらいなので、詳しすぎることは成書で確認するべきですが、それでも結構詳しい内容を書いているので、感染症が苦手な人だけでなく感染症を総復習したい方にもオススメだと思います。

★★★★★ 研修医におすすめ
投稿者:SA (2016年9月29日 11:50)

研修医になってまず勉強することは輸液や抗菌薬だと思いますが、あらゆる本が出版されどこから手つけていいのかわからないと思いますが、そういうときにまず読むのにちょうどいい本。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年8月31日 14:21)

タイトル通り読みやすく、医学書というハードルが低い、手に取りやすい本でした。それでいて抗菌薬を考える上で大事なポイントを突いていると思いました。
ユニークな例えで抗菌薬を説明してあり、イメージしやすいものと、逆にイメージしにくいものがあったため、好みが人によって分かれそうだと思いました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年8月26日 11:37)

基本的な内容ですが、あらためて整理するのにちょうど良かった。
なかなか菌の種類を50音順で表示してくれている参考書はないので、フレッシュでした。
いつもはグラム染色で分類してあるので、違う切り方だとかえって頭に残りやすいです。

★★★★☆ 読みやすい
投稿者:匿名 (2016年8月24日 10:51)

医学書という専門性のある内容は読むのに少し意気込みを必要としますが、これは気楽に、まさに寝ころんで読めます。例えが面白い反面、逆にわかりにくい項目もありましたので星一つ減らします。

★★★★☆ 読みやすいのは間違いない
投稿者:匿名 (2016年8月20日 17:10)

とっつきにくい分野なので読みやすいことは重要
けど、特別理解が深まるという感じではないかな…

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年5月17日 15:45)

初版を紙版で購入していましたが今回第三版出版を契機に電子版で再購入。復習用。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年5月13日 16:19)

とてもわかりやすいです。挿し絵も秀逸です。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年5月12日 15:33)

簡単に読める量で電子書籍なのでいつでも読めて便利。内容は最低限だが、パッとすぐに読めて便利。足りない分はメモ機能を使えば気になる点を追加しできていい。

★★★★★ 第2弾も読みたくなった
投稿者:匿名 (2016年3月17日 07:29)

抗菌薬について楽しく書かれていて、イメージを掴みやすいようになっている。第2弾の「もっとねころんで読める抗菌薬」も読みたくなった

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年3月14日 15:41)

題名の通り、ある程度抗菌薬をかじった人ならとても読みやすい本です。絵なども入っていてイメージしやすく、良かったです。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年12月22日 15:32)

テーマごとに頭に残るようなタイトルがあって大変読みやすかったです。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年9月24日 16:57)

漫画なので読みやすい。復習にもなる。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年9月24日 16:18)

読みやすくタイトル通り寝転んで読める

★★★☆☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年8月27日 15:51)

文字通り、寝転んで読んでおります。
内容も多剤耐性菌の知識のアップデートなど大変満足ですが、アプリケーション版と違って、文字サイズを変更できないebook版ですので、最低でもiPad miniサイズのリーダーが必要なところでしょうか。iPhoneでは、眼を傷めてしまうので読まないようにしています。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年8月 7日 10:39)

スマホ一台携帯しておくだけでどこでも場所を問わずに本を開けるのはありがたいです。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年7月 2日 10:13)

ちょっとした時間に気負わず読める感じがいい。読んでいるうちに頭に入ってくるというようなものではなく、結局覚えるところは心して覚えないといけないんですけどね。まぁでも、同じ事を記憶するにしても、表や一覧にされた物を『見る』より、平易な言葉で書かれた文章を『読む』方が入りやすい気がする。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月29日 15:24)

読みやすく、構成もわかりやすかったです。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月29日 09:54)

とてもやさしい表現でわかりやすかった。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 15:09)

楽しく抗菌薬の基本について学ぶことができて大変、満足しました。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 15:07)

総論部分は表現が平易でとっつきやすい。各論では抗菌薬や細菌についての羅列になっている印象がある。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 15:04)

わかりやすく読みやすい!抗菌薬の勉強を始める大きな第一歩になってくれる1冊。
寝転んで読めるという本なので、寝ながら読んでも罪悪感ナシ(笑)

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:58)

値段も安く、気軽に読める。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:50)

読みやすく、抗菌薬入門書としておすすめ。
特に前半の各抗菌薬の解説部分がわかりやすく、それぞれの抗菌薬のイメージが浮かびやすい。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:46)

イラストもあり、大変読みやすいです。気軽に読んで勉強になり、満足しています。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:38)

内容が簡潔で、たとえも理解しやすかった。
感染症に取り組む時の基本的な考え方、抗菌薬の整理に良い内容だった。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:15)

難しい内容が分かりやすい例えで解説されており,頭に残りやすいです.

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 14:12)

題名どおり、気楽に楽しく読めますが、なかなか奥が深く勉強になります。

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月25日 11:01)

製品はいいです。操作が難しい

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2014年12月16日 15:57)

タブレットなので、目的の細菌や抗菌薬のページに飛べて便利に、しかも内容が楽しく易しいので読んで楽しめます。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2014年12月10日 14:39)

読みやすく、反応も良いです。寝ころんで読める内容で例えも良いです。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示