Home   >    eBookStore   >   研修医   文光堂   診察・手技   内科一般   神経内科   小児科

カラーイラスト図解 手軽にとれる小児神経所見

小坂 仁 (編)

株式会社 文光堂

93 頁  (2014年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,400 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年08月23日

初学者が目で見て理解できる,小児神経所見の“超”入門書

ベッドサイドで小児の神経所見をとるイメージが湧きやすいようにカラーイラストをふんだんに盛り込んだ構成になっている.単に所見のとり方を覚えられるだけでなく,その所見に異常があった場合にどんな疾患や病態が考えられるかについても言及.小児科医を目指す若手医師が最初に身につけるべき最小限の神経所見に内容を絞って編集した.

■関連書籍
カラーイラスト図解 手軽にとれる神経所見

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:13.8MB以上(インストール時:28.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:8.6MB以上(インストール時:18.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784830630361-iph-1.png 9784830630361-iph-2.png

タテ

見開き


小児の神経所見のとりかたについて,研修医・若手医師が最初に身につけるべき内容に絞って解説した実践テキスト.実際にベッドサイドで神経所見をとるイメージが湧きやすいようにカラーイラストをふんだんに盛り込み,初学者が目で見て理解できる"超"入門書.小児科医を目指す若手医師必携の1冊.単に所見のとり方を覚えられるだけでなく,その所見に異常があった場合にどんな疾患や病態が考えられるかを簡潔に解説しているので,ベッドサイドですぐに役立てることができる.小児科医を目指す若手医師が最初に身につけるべき最小限の神経所見に内容を絞ってあるので,神経所見のとりかたを学び始める入門書として最適のテキストである.


----


小児神経疾患は,多くの病院で入院患者があり,受け持ちとなる機会には恵まれています.しかし呼吸・消化器系の問題の対応に追われ,神経所見の所得があまり重視されていないようです.たとえ感染症や栄養障害で入院する患児であっても,診察を通じて神経病変を類推し,その病変から出発して,なぜ現在の問題点が生じているのか考えることは大切です.また小児科外来の子どもたちは神経系の問題を伴うことが多く,発達と神経学的所見の評価ができることは,全身を診る小児科医としては必要な技術となります.

神経所見に限りませんが,小児の診察は協力を得ることが難しく,遊びを通じて所見を引き出す必要があり,そこにはいくつかのコツがあります.また神経所見は,常に発達の視点から考えてみることが必要で,そこが大人の神経診察との大きな違いであり,小児科医のやりがいもそこにあります.

この本は初期研修医を想定し,明日から小児科配属となる,あるいは外来での予診に臨む際に,短時間に小児神経所見を勉強するための,簡明な入門書となることを目的としています.小児の発達にはかなりの幅がありますが,異常所見の検出に主眼をおき,記憶に留めやすいよう,単純化し図示するように心がけています.省略した部分も多く,興味を持った方は,さらに専門書を勉強されることを希望します.本書がきっかけとなり,小児科,特に成長・発達や神経・筋疾患に興味を持たれる方が増えることを願っております.


平成26年2月

小坂 仁


----

1 問診~病態と病変部位の推定~

I 問診の目的

II 妊娠歴,分娩歴,家族歴,発達歴,成長歴などの既往歴

III 現病歴

IV 部位予測を行う

2 神経学的診察:①乳児

I 保護者の膝の上での診察

II 診察台での診察─①背臥位

III 診察台での診察─②座位

IV 診察台での診察─③腹臥位

V 再び保護者の膝の上での診察

3 神経学的診察:②幼児(1~5歳)

4 神経学的診察:③学童(6歳以上)

診察手順(第2~4章)のまとめ

5 反射の考えかたと観察

I 深部腱反射と原始反射

II 病的反射

III 原始反射

IV 姿勢反射

6 脳神経系の診察

I 視神経(第Ⅱ脳神経)の診かた

II 動眼・滑車・外転神経(第Ⅲ・Ⅳ・Ⅵ脳神経)の診かた(眼球運動,上眼瞼挙上に関わる神経群)

III 三叉神経(第Ⅴ脳神経)の診かた

IV 顔面神経(第Ⅶ脳神経)の診かた

V 聴神経(第Ⅷ脳神経)の診かた

VI 舌咽・迷走神経(第Ⅸ・Ⅹ脳神経)の診かた

VII 副神経(第Ⅺ脳神経)の診かた

VIII 舌下神経(第Ⅻ脳神経)の診かた

7 筋トーヌスの診かた

Ⅰ 筋肉の量の評価

II 筋力

III 筋トーヌスの診かた

8 歩行の観察~小児の歩行異常~

Ⅰ 痙性歩行:痙性片麻痺

II 小脳性失調歩行

III 基底核障害

IV 弛緩性麻痺:末梢神経性麻痺

Ⅴ 弛緩性麻痺:筋障害

9 脳性麻痺の診断

Ⅰ 脳性麻痺の定義

II 脳性麻痺と未熟児

III 障害部位と異常

IV 脳性麻痺の診断

Ⅴ 痙性型脳性麻痺の診断

10 痙攣性疾患とてんかんの診かた

Ⅰ 発作の観察

II てんかん発作の分類

III てんかんの疾病分類

11 意識障害の診かた

Ⅰ バイタルサインの確認と安定化

II 意識障害の程度の判定

III 眼の観察

IV 麻痺の有無の観察

Ⅴ 髄膜刺激徴候

VI 筋緊張

VII 脳ヘルニアの徴候

12 不随意運動の診かた

I 随意運動の仕組みと不随意運動

II 不随意運動を観察するポイント

III 種々の不随意運動の症状

13 頭部と皮膚所見の診かた

I 頭囲の測定法

II 大泉門

III 骨縫合部

IV 皮膚所見

付録 外来病歴用紙

index

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2019年9月 5日 14:20)

小児の神経学的所見は取りにくいです。脳神経の評価から1つ1つ丁寧に書いてあります。イラストも見やすくてありがたいです。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示