Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   診察・手技   眼科

術後眼内炎パーフェクトマネジメント

島田 宏之, 中静 裕之(著者)

株式会社 日本医事新報社

104 頁  (2017年1月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,940 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年10月13日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

術後眼内炎の予防・治療として有用な手法を伝授します!

術後眼内炎の発症メカニズム、臨床像と診断、抗菌薬とヨード製剤、世界中で使用されているポビドンヨードを用いた予防対策と治療を中心に解説。多くの眼科医を迷信から解放する一冊との声もある術後眼内炎の専門書!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:14.7MB以上(インストール時:36.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:11.7MB以上(インストール時:25.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784962358-and-1.png 9784784962358-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784962358-iph-1.png 9784784962358-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


●術後眼内炎発症ゼロの手法を伝授!


●術後眼内炎は重篤な手術合併症であり、適切な治療を行っても最終視力は不良です。そのため医療訴訟の点からも対策が望まれています。


●抗菌薬を使用せずにポビドンヨードで「術野を一時的に無菌化」させる方法を紹介。


●簡便かつ安価に行え、多剤耐性菌にも有効で、耐性菌誘発の心配もない感染予防法〜治療法まで解説しています。


●「これまでに白内障手術、硝子体手術などに本法を用いてきましたが、眼内炎発症はなく、角膜障害などの眼合併症もありません」(著者談)


----


ヒトは出産に伴って微生物による汚染が始まり,これら微生物は,外界に接した皮膚,粘膜に定着します。これを常在細菌叢と呼びます。結膜常在細菌の多くは非病原性ですが,種類と頻度は地域により差があり,気候風土,衛生状態,抗菌薬の使用状況に影響されます。通常,結膜常在細菌は,侵入してきた病原菌を排除し発病をまねかないように働きます。非病原性である結膜常在細菌が結膜炎や眼内炎を起こすのは,1. 日和見感染,2. 常在細菌の耐性菌化や菌交代現象,3.手術侵襲に伴う術後眼内炎です。


結膜と眼内とは免疫能が異なるので,結膜では問題とならない常在細菌が眼内では起炎菌となります。術後眼内炎は,起炎菌の種類や遺伝子型から,主に術眼の眼瞼・結膜常在細菌叢から細菌が眼内に迷入して生じるとされています。

健常人の結膜には常在細菌が90%で認められ,術前に抗菌点眼薬を3日間点眼しても60%程度にしか減菌できません。眼表面を生理食塩水で洗浄するという方法では,白内障,硝子体手術,硝子体内注射,いずれも常在細菌が眼内に迷入するというリスクがあります。また,ヨード系消毒液で眼瞼や結膜を洗浄すると,一瞬は無菌状態になりますが,少し経つと15%に増加し,手術終了時にも20%に検出されます。

抗菌薬を前房に投与したり,灌流液へ添加するという方法の有用性も報告されていますが,減菌に要する時間が15〜60分と長く,耐性菌,カンジダ,ウイルス,アカントアメーバには効果がありません。しかも,術前〜術後の長期にわたりニューキノロン系合成抗菌点眼薬を使用するために,グラム陽性菌耐性化率は30%以上にも認められます。このため抗菌薬を用いた感染予防方法には限界があります。常在細菌の耐性菌化や菌交代現象を起こさずに,眼表面の常在細菌を短時間で無菌化できれば,眼内への細菌迷入をきわめて少なくできると考えます。

そこで筆者らは,0.25%ポビドンヨードで眼手術の際に術野を繰り返し洗浄することで「短時間で術野を一時的に無菌化」させる方法を考案しました。ポビドンヨードは,安全濃度が確立されている消毒薬です。MRSA,多剤耐性菌,カンジダ,ウイルス,アカントアメーバに対する殺菌効果やバイオフィルム破壊効果もあることが示されています。しかも安価で,薬剤耐性がなく,殺菌に要する時間が15秒と短く,世界中で使用されているという利点もあります。


本書では,術後眼内炎の発症メカニズム,臨床像と診断,抗菌薬とヨード製剤,ポビドンヨードを用いた予防対策と治療を中心に解説しました。

術後眼内炎は重篤な手術合併症であり,各種の内眼手術後に生じうるものです。眼内炎全体の80%以上を占めると報告されており,適切な治療を行っても最終視力は不良です。本書は,術後眼内炎の予防・治療として有用な情報を,読者に提供できるものと確信します。


2016年 師走

島田 宏之


----

1章 術後眼内炎の発症メカニズム

1.結膜常在細菌サイクルと耐性菌

2.発症メカニズム

2章 臨床像と診断

3章 抗菌薬とヨード製剤

4章 予防対策

1.手洗い,消毒,ドレーピング

2.白内障

3.硝子体手術

4.硝子体内注射

5.バックル手術

6.LASIK

7.受水袋

5章 治療

1.眼内炎の初期治療と硝子体手術

2.バックル感染

3.濾過胞感染

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示