Home   >    eBookStore   >   研究者   救急外来で   日本医事新報社   救急医学

@ER×ICU めざせギラギラ救急医

薬師寺 泰匡 (著)

株式会社 日本医事新報社

236 頁  (2017年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,916 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年05月25日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

「救急医って何者!?」新進気鋭の救急医が答えます。

ブログ『@ER×ICU 救急医の日常』や日経メディカルOnlineのコラム連載で大人気の薬師寺泰匡先生が贈る、救急医の実態調査レポート。今後の専門分野として救急を考えている初期研修医の皆さん、将来の専攻に悩む医学生の皆さん、救急に興味のある医療従事者の皆さん。今まであまり知られていなかった「リアル救急医」の世界を覗いてみませんか?

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク未対応 南山リンク未対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:21.4MB以上(インストール時:53.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:5.5MB以上(インストール時:12MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784947188-and-1.png 9784784947188-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784947188-iph-1.png 9784784947188-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


ブログ『@ER×ICU 救急医の日常』や日経メディカルOnlineのコラム連載で大人気の薬師寺泰匡先生が贈る、救急医の実態調査レポート。救命救急センターとERとの違いといった日本の救急医療の仕組みから、救急医の日常業務やプライベートの過ごし方、さらには優れた救急医になるためのアドバイスまで、軽妙な文章でわかりやすく解説。
今後の専門分野として救急を考えている初期研修医、将来の専攻に悩む医学生などなど、救急に興味のある方へ今まであまり知られていなかった「リアル救急医」の世界をご紹介します。


----


はじめに

「救急医ってどんな人ですか?」って質問されたら、返答に窮してしまう国。それが日本ではないかと思います。テレビドラマや映画を観ていても、みんないろんなことをやっていて、どうも実態が掴みにくい存在かもしれません。しかも、救急車で病院に搬送されたら必ず救急医がいるかといったらそうでもないのが現実なので、余計に実感しにくい状況です。おそらく救急医に対するイメージは医学生や医師の間ですらあいまいで、ER医だとか救命医だとか、分類しはじめたら余計に混乱して、ついつい関西弁で「どないやねん」と突っ込みたくなる気持ちがふつふつと沸いてくることと思われます。

この本がそういった疑問(ツッコミ?)に対する答えになれば最高ではありますが、とりあえず実際の救急医が毎日どんなことを考えて、どんな仕事をしているのか、脚色のない等身大の形をお届けしたいなと思っています。自分は救急医としては若手で、もっとこの世界にどっぷり浸かっている方や、もっともっと深く広く活躍されている方々もたくさんいらっしゃいます。それは重々承知の上ですし、 n=1のケースレポートのようなものですので、エビデンスとしては不十分すぎます。ですから、「あぁ、こういう人もいるんだなぁ」とか、「他の人はどんな感じなのかなぁ」といった、興味の入口にして頂ければ幸いです

というわけで、この本の読者として想定しているのは、これから救急医療に関わりたいと思っている人、医学生や医学生になろうと思っている人、救急医療に興味がある人、救急医がどんな人なのか興味がある人です。それ以外の人は置いてけぼりになるかもしれませんが、本書を日本の救急医療はどうなっているのか、これからどうなるのかということを考えるきっかけにでもして頂き、あとはヤギの餌にでもして下さい。救急に興味が持てなくても、この本のおかげでヤギの生態には興味が持てるかもしれません(消化できないので本当はダメですよ)。もし「救急医になってもいい、是非なりたい」という方がいらっしゃいましたら、日本救急医学会が「救急医をめざす君へ」というウェブサイトをつくっているので、是非参考にして下さい(qqka-senmoni.com)。僕以外の救急医の生き方などにも触れられます。いつか救急医として一緒に頑張りましょう!

さて、ここまで読んで頂いて、救急医について書かれた本なのだということをご理解頂けたのではないかと思います。しかし「それにしても"ギラギラ救急医"ってなんやねん」という疑問がまだ残っていることでしょう。タイトルの"ギラギラ救急医"ですが、テレビドラマにもなった『きらきら研修医』へのオマージュみたいなものです。高校を卒業するときの卒業アルバムに「君の目はいつもキラキラしていて......」と担任教諭が書いてくれたすぐ横に、同級生が「あなたの目はいつもギラギラしていて......」と書いてくれたのが記憶にあり、じゃあ僕はギラギラ研修医だなということで、同名のブログを書いていました。そして初期研修が終わって、救急医として歩みはじめたのを契機にギラギラ救急医になりました。決して脂ぎっているわけではございません。いつでも前向きに、目をギラギラ輝かせて日々過ごしているつもりです。もちろん、「そんなもんめざしたくないわ」ということでしたら、キラキラ救急医をめざして下さい。

いろいろ書きましたが、肩の力を抜いて気軽に読んで頂ければと思います。それでは、あまり誰も教えてくれなかったリアル救急医の世界をお楽しみ下さい。


2017年10月

薬師寺 泰匡


----

第1章 救急医療の枠組み、救急医の仕事について

救命救急センターってどんなところ?

ERってどんなところ?

ERが発展しなかったわけ ─日本の救急医療体制の歴史─

救急医の出現 ─救急医って何をする人なのか?─

救急医の仕事

第2章 救急医について

救急医になるために

救急医はイケメンがいい!

救急医に必要な能力

プロフェッショナルに近づく学生時代の過ごし方

救急医の日常

救急医のプライベート

救急医の睡眠時間

救急医のやりがい

限られた時間の活かし方

ドラマの救急医と本物の救急医

どうして救急医になったのか

第3章 救急科研修について

研修病院の選び方

初期研修と後期研修の違い

後期研修医として初期研修医の指導に当たる

自分自身の日々の勉強

院外での勉強会

メンターを見つける

救急医のキャリアプラン

第4章 救急ならではの症例紹介

救急ならではの症例

救急ならではの症例1 「アルコール関連」

救急ならではの症例2 「心停止患者」

救急ならではの症例3 「抜けなくなっちゃった人」

救急ならではの症例4 「熱中症」

救急ならではの症例5 「敗血症」

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示