Home   >    eBookStore   >   薬剤師   日本医事新報社   精神科   薬剤処方

週刊日本医事新報 7月特集号 向精神薬 総まとめ

石郷岡 純 (編者)

株式会社 日本医事新報社

136 頁  (2014年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥1,296 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2014年10月03日

立ち読み   お気に入りに入れる

向精神薬の全体像を、臨床現場の感覚に沿ってわかりやすく解説!

第1章では治療薬ごとの特徴・意義や使用方法、第2章では疾患と用語を取り上げ、理解が深まるように構成された本書。巻末には内科薬との併用禁忌一覧表を掲載!日常診療での便覧としてぜひご活用ください。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:19.9MB以上(インストール時:49.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:21.9MB以上(インストール時:47.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784947090-and-1.png 9784784947090-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784947090-iph-1.png 9784784947090-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


現代のストレス社会を反映して、日常診療でも睡眠薬や抗うつ薬などを処方する場面が増えていることと思います。

本特集では、これらを含む向精神薬の全体像を、臨床現場の感覚に沿ってわかりやすく解説していただきました。

第1章では治療薬ごとの特徴・意義や使用方法、第2章では疾患と用語を取り上げ、理解が深まるように構成しています。さらに付録として、巻末に内科薬との併用禁忌一覧表を掲載していますので、ぜひ診療机の傍らに備えて日常診療での便覧としてご参照ください。


----


巻頭言

本特集は「向精神薬」についてまとめたものである。向精神薬という用語になじみのない方もいらっしゃるかもしれないが,人の精神活動に影響を与え,その主たる作用の場が脳である薬物の総称である。したがって,定義上は必ずしも治療薬にのみ限定されないが,本特集では治療薬として通常の臨床で用いられている薬物を取り上げている。現在の主要な向精神薬の原型になった薬物の多くは1950年代に生まれており,その後多くの改良が加えられ,今日の多様な姿となった。現在は一段落し,次のブレイクスルーの胎動を待っている時代なので,今の時点で一度,向精神薬の到達点・全体像を把握することは意義のあることであろう。本特集の意図もそこにあり,向精神薬と呼ばれる薬物群を俯瞰するために企画されたものである。

本特集の構成は,主な向精神薬の概略について記述した第1章をはじめに置いている。薬物の特性を記述する方法にはいくつかあるが,本書では薬理学的な特性の記述より,治療薬としての特徴・意義について記述し,できる限り臨床現場の感覚に沿った内容となるように心掛けた。執筆陣は編者の所属する東京女子医科大学精神医学教室のスタッフであり,各自の得意分野を担当してもらった。コンパクトでかつ要点を押さえたものになったと自負している。

第2章は薬物を駆使するために理解しておくことが必要な疾患・用語について解説したものである。精神医療の専門家でない方でも,この領域に関する最低限の知識を持っておくことが,薬物を最大限に生かすための重要な要素となるためである。ここでも教室の力を総動員することでまとめることができた。また,付録として薬剤師に内科薬との併用禁忌情報の一覧表を作成して頂いた。診察机の傍らに備えて参考として頂きたい。

精神科医以外の医師も向精神薬を使用する機会は飛躍的に増えており,本書が包括的・全人的な医療の展開に少しでもお役に立てれば幸いである。なお,本特集の疾患名はDSM-Ⅳに準拠していることをご了承頂きたい。

2014年7月

東京女子医科大学精神医学教室主任教授 石郷岡 純


----

■プラタナス■

●精神科医を目指す最近の人たち(村井俊哉)

■News■

●振り返り1week (2014.7.17-23)

●[社会保障制度改革推進会議] 一体改革の進捗を制度横断的に点検 - 経済成長との整合性も視野に

●news topics

・社会保障費自然増「厳しく精査」 - 15年度概算要求基本方針案

・健康寿命延伸と医療による経済成長目指す - 健康・医療戦略

・4種混合の定期接種、使用可能ワクチン1種追加へ

・事故調GLを議論する研究班が本格始動 - 10月に中間まとめ

・厚生労働省人事異動〔7月22日付〕

・<訃音>福山幸夫氏

■お茶の水だより ■

再教育研修は行政処分のカギ

●感染症発生動向調査 2014年第27週 6月30日~7月6日)

第1章 向精神薬の今

①抗精神病薬

②抗うつ薬

③気分安定薬

④抗不安薬

⑤睡眠障害治療薬

⑥抗てんかん薬

⑦認知症治療薬

第2章 用語解説

①認知行動療法

②電気痙攣療法(ECT)

③統合失調症

④気分障害

⑤社会不安障害

⑥パニック障害

⑦全般性不安障害

⑧強迫性障害

⑨外傷後ストレス障害(PTSD)

⑩解離性障害

⑪身体表現性障害

⑫パーソナリティ障害

⑬ナルコレプシー

⑭レビー小体型認知症(DLB)

⑮発達障害

⑯注意欠如・多動性障害(ADHD)

⑰性同一性障害(GID)

⑱精神保健福祉法

⑲知的障害者福祉法

⑳発達障害者支援法

㉑成年後見制度

㉒障害者総合支援法

㉓リワーク

付録―内科薬との併用禁忌一覧表

①抗精神病薬

②抗うつ薬

③気分安定薬

④抗不安薬

⑤睡眠障害治療薬

⑥抗てんかん薬

⑦認知症治療薬

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★☆☆ 安い!
投稿者:ヤバレジ (2016年3月11日 18:24)

安くて向精神薬について書かれているので良いが、電子版にすると広告が邪魔に感じる

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示