Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   糖尿病   薬剤処方

週刊日本医事新報 6月特集号 インクレチン関連薬+α

稲垣 暢也 (編著)

株式会社 日本医事新報社

168 頁  (2013年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥1,296 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2014年09月19日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

医療従事者必読の「週刊日本医事新報」の月末特集号。2013年6月特集号のテーマは「インクレチン関連薬+α」です。

糖尿病治療のエキスパートが、できるだけ多くの症例を実際に挙げながら、なぜこの場面でインクレチン関連薬を用いたのか、あるいは、インクレチン関連薬と併用する場合にどのような根拠で併用薬を選んだのか、わかりやすく解説している実践集!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:20.2MB以上(インストール時:50.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:16.1MB以上(インストール時:34.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784946530-and-1.png 9784784946530-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784946530-iph-1.png 9784784946530-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


インクレチン関連薬の特徴と各糖尿病治療薬との併用の意義について、症例も豊富に呈示し、簡潔にわかりやすく解説。

2013年6月1日から運用を開始した新たなHbA1c目標値に関する「熊本宣言2013」についても、本特集の編者である京大・稲垣暢也教授にご解説いただきました。


新しい時代の糖尿病治療を徹底解説した1冊です!


----


インクレチン関連薬がわが国で初めて用いられるようになってからすでに3年半になります。


この間に、7種類のDPP-4阻害薬と3種類のGLP-1受容体作動薬が登場しました。これらの薬剤は、血糖依存性にインスリン分泌を促進することから、単剤では低血糖を起こしにくく、またグルカゴン分泌抑制作用といったこれまでの糖尿病治療薬にはない効果も有し、さらには臓器保護作用や体重減少作用など糖尿病治療に都合の良い作用を併せ持っているために、急速に多くの糖尿病患者に用いられるようになりました。さらに、インクレチン関連薬はこれまでの糖尿病治療薬とは作用機序が異なることから、他の様々な糖尿病治療薬との併用も多く行われ、糖尿病治療は大きく変貌しています。


本特集の特徴は、糖尿病治療のエキスパートが、できるだけ多くの症例を実際に挙げながら、なぜこの場面でインクレチン関連薬を用いたのか、あるいは、インクレチン関連薬と併用する場合にどのような根拠で併用薬を選んだのか、わかりやすく解説している実践集であるという点にあります。さらに、インクレチン関連薬に関する特徴と、各糖尿病治療薬との併用の意義についても簡潔にわかりやすく解説しています。そして、有効例だけではなく有効でなかった例も挙げ、なぜ有効であったのか、あるいは有効ではなかったのか、結果だけではなく「考え方」についても解説を加えています。


読者の先生方には、本特集をご活用いただき、インクレチン関連薬を用いた糖尿病治療を究めていただければ幸いです。

最後に、多忙を極める中、貴重な症例を提示いただき、わかりやすい解説をご執筆いただいた先生方に心より御礼申し上げます。


2013年6月

稲垣 暢也


----


●巻頭言 ... 稲垣暢也


●緊急寄稿「熊本宣言2013」について ... 稲垣暢也


●第1章 単独療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 原島伸一、稲垣暢也、安田浩一朗、田中大祐

●第2章 SU薬との併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 西 勇一、久保田 章、亀田晶子

●第3章 ビグアナイド薬との併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 太田明雄、遅野井 健、池田弘毅

●第4章 インスリンとの併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 黒瀬 健、矢部大介、高池浩子、中神朋子

<資料> 糖尿病治療薬一覧

●第5章 チアゾリジン薬との併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 高本偉碩、門脇 孝、鈴木 亮、関根 理、前川 聡

●第6章 α-グルコシダーゼ阻害薬との併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には× ... 山田祐一郎、成田琢磨、犬飼浩一、石田 均

●第7章 インスリン療法からの切り替えは可能か-DPP-4阻害薬への切り替え ... 辻井 悟

●第8章 インスリン療法からの切り替えは可能か-GLP-1受容体作動薬への切り替え ... 勝野朋幸、宮川潤一郎、難波光義


■NEWS■

●日医定例代議員会 『日本医師会綱領』を採択-専門家集団としての理念や目標示す


●詳報 日医定例代議員会 医療事故調査制度に質疑集中-ブロック代表・個人質疑(6月23日)要旨


●中医協・消費税負担分科会 消費税8%時、診療報酬で対応-高額投資による負担分の補填は見送り


●厚労省研究班・日本睡眠学会 睡眠薬の減薬・休薬指針明示-不眠症の薬物療法でガイドライン


●NEWS FLASH

・医療法等改正法案の概要を提示-厚労省

・小児用肺炎球菌ワクチン、年内にも13価ワクチンに

・無過失補償制度の検討、一時休止-厚労省検討会

・「健康な食事」の基準作りへ-厚労省検討会初会合

・都道府県医師会長改選情報


●<医療機器>ゲル充填人工乳房など保険適用に


●感染症発生動向調査 2013年第23週(6月3~9日)


■お茶の水だより■

●「全国がん登録」の実現を


■OPINION■

"深層を読む・真相を解く(24) 安倍内閣の「骨太方針」と「日本再興

戦略」をどう読むか? ... 二木 立(日本福祉大学長)"

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示