元指導医療官が指南 保険医のための保険診療講座

工藤 弘志 (著)

株式会社 日本医事新報社

136 頁  (2015年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,456 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年05月13日

カートに入れる 立ち読み  

指導・監査のプロが教えるココだけは300のチェックポイント300!

本書は、
・保険診療に対する理解を深める STEP1
・指導・監査の流れを知る STEP2
・正しい保険診療を実践するためのチェックポイントを示した STEP3
・最近の指導・監査の傾向をデータで示した STEP4
の4パートで構成されています。
「指導・監査」に対して過度な不安を抱くことなく、地域医療に長く安心して従事していくための良きパートナーとして活用いただける一冊。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:14MB以上(インストール時:35MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:7.7MB以上(インストール時:16.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら

andorid.png 9784784945054-and-1.png 9784784945054-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784945054-iph-1.png 9784784945054-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


ブラックボックスだらけの保険診療がクリアになる!元指導医療官による保険医・開業医のための〈やさしい〉保険診療講座


「診療内容・診療報酬請求に問題がなければ、個別指導に危惧の念を抱く必要はありません」(「おわりに」より)。指導・監査する側を経験したドクターが、現場に寄り添って押さえるべきポイントを教えます


保険診療の仕組み指導・監査の実際の流れについてもわかりやすく解説


「指導・監査」に対して過度な不安を抱くことなく、地域医療に長く安心して従事していくための良きパートナーとしてぜひご活用ください



----


はじめに──「日常診療=保険診療」のはずなのに...

30年余り脳神経外科医として臨床に携わってきた私は、出身大学である神戸大学の医学部脳神経外科教室教授および医学部附属病院長のご推挙により、2010年1月から2013年12月末までの4年間、厚生労働省近畿厚生局の指導医療官として働きました。

この間、およそ400件の個別指導および十数件の監査を行いました。これらの行政指導において、数多くの保険医療機関の管理者や保険医と接しました。その経験を通して痛感したことは、本来ならば、保険医療機関あるいは保険医であれば「日常診療=保険診療」のはずなのに、時にイコールとはならず、日常の診療を行っている医療関係者の保険診療に対する認識と、現在定められている保険診療上のルールとの間にギャップが存在している、ということでした。この状況は診療報酬を支払う側にとっても、また、受け取る側にとっても、決して好ましいことではありません。なんとか両者間のギャップを埋められないかと模索したことが執筆の動機です。

保険診療に関わる多くの方々に、保険診療というものをさらに深く理解していただいて、理解不足によると思われる不適切な保険診療や診療報酬請求をより少なくしていただきたい、というのがこの本の趣旨です。

本書では可能な限り、元指導医療官としての私の知識と経験を披露し、現場の医療関係者の皆さんに正しい保険診療を実践してもらうためのチェックポイントを示しました。

末尾に参考文献を挙げていますが、本書の内容は私個人の考えです。したがいまして、その全責任は私にあります。なお、厚生労働省、厚生局関係の文献はすべてインターネットで検索可能です。


----

STEP1 保険診療と日常診療の間のギャップを埋めよう

1-1 わが国の医療保険の仕組み

1-2 わが国の医療保険の歴史

1-3 保険診療とは何か

STEP2 指導・監査はこんなふうに行われている

2-1 指導・監査と指導医療官

2-2 指導・監査等(1)─適時調査

2-3 指導・監査等(2)─指導

2-4 指導・監査等(3)─監査

STEP3 ココを押さえれば大丈夫!保険診療チェックポイント

3-1 基本診療料

3-2 禁止事項

3-3 薬剤

3-4 診療録

3-5 医学管理等

3-6 在宅医療

3-7 検査

3-8 画像診断

3-9 リハビリテーション

3-10精神科専門療法

3-11処置

3-12手術

3-13麻酔

3-14施術

STEP4 指導・監査─最近の傾向はこうなっている


特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)
このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示