Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   東洋医学

実践ちょいたし漢方 増補版

新見 正則 (著)

株式会社 日本医事新報社

160 頁  (2015年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,780 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年04月03日

立ち読み   お気に入りに入れる

週刊日本医事新報特集号で好評を博した『実践 ちょいたし漢方』に25項目を加筆して書籍化!

漢方理論は一切出てきません。あくまで西洋医の立ち位置から、治療手段のオプションとして漢方を取り扱います。
患者タイプ別のフローチャート形式で77項目をわかりやすく解説し、漢方は何から手をつければよいかわからない、という方にぜひ一読頂きたい一冊です。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  AndroidOS 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:18.8MB以上(インストール時:47MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:6.9MB以上(インストール時:15MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら

andorid.png 9784784944668-and-1.png 9784784944668-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784944668-iph-1.png 9784784944668-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


週刊日本医事新報特集号で好評を博した『実践 ちょいたし漢方』に25項目を加筆して書籍化!

漢方理論は一切出てきません。あくまで西洋医の立ち位置から、治療手段のオプションとして漢方を取り扱います。

がっちりタイプ、女性、高齢者など患者タイプ別のフローチャート形式で77項目をわかりやすく解説。


漢方は何から手をつければよいかわからない、胡散臭いと思う。そんな先生にこそ読んで頂きたい1冊です。


----


書籍化に当たって


昨年の1月に『週刊日本医事新報』の特集号として漢方の素晴らしさや,使いやすさをご披露しました。その特集号が大変に好評と言うことで,今回書籍化することになりました。大変に光栄なことで,心からうれしく思っています。私が学生の頃は,漢方の授業もなく,臨床で使用している先輩も少なく,漢方に親しむ機会は皆無でした。ところが,それから約30年経過した今は,多くの医師が漢方の存在を知っています。そして大学教育のなかにも組み込まれています。時代の変遷を感じます。

しかし,私は「医師には比較的認知されたが,患者さんや,一般人にはあまり漢方は認知されていない」と思っていました。ところが,昨年1年間で大手キー局のゴールデンタイムの特別番組に3回も漢方の特集で登場する機会に恵まれました。そして視聴率は相当のものでした。つまり視聴者も漢方に関心があり,それを知っているテレビ局も,視聴者が望むのであれば漢方の特集を一番のビッグタイムに流そうという作戦です。私が思っている以上に,漢方は一般人に期待されています。


現代西洋医学の進歩は実際に素晴らしいものがあります。しかし,残念ながら完璧ではないのです。そんなときに昔の知恵を使うことは当然の選択肢のひとつです。そして日本では漢方は保険診療ですから,どの診療科の先生も漢方に興味があれば,漢方を使える環境を整えるべきです。そんな本をめざしました。この本を読んで頂く条件は,「漢方に興味がある」ことだけです。

また,漢方は生薬の足し算の叡智にて,極論すればいろいろな病気が治る可能性があります。そんな昔の経験知を,今困っているひとに試してみることは理にかなっています。私の師匠である松田邦夫先生の師匠は,大塚敬節先生です。大塚敬節先生の頻用処方は,大柴胡湯,八味地黄丸,半夏瀉心湯,柴胡桂枝湯でした。名医は上達するほど,処方数が減るそうです。私が患者さんを診るときには,がっちりタイプであれば大柴胡湯,子どもは五苓散または小建中湯,女性は当帰芍薬散,高齢者は真武湯,そして初老期は牛車腎気丸がまず登場します。そして,いろいろな話を伺い,診察をしながら他の選択肢を考えていくのです。そんな漢方処方選択の思考過程の魅力や,不思議さを是非,本書で味わって下さい。そして本書を参考にして,困っている患者さんに漢方という選択肢を提示して下さい。


2015年1月

新見正則


----

漢方とは

01 手術後のイレウス(腹部膨満感)

02 腹部膨満感

03 口内炎

04 胃弱(胃腸虚弱・胃アトニー・胃下垂)

05 胃炎・胃もたれ(胃内停水・胃拡張)

06 胃痛(けいれんを伴う疼痛)

07 胃酸過多(胸やけ・溜飲)

08 悪心・嘔吐

09 二日酔い

10 慢性腸炎・慢性下痢(しぶり腹)

11 慢性腹痛(過敏性腸症候群)

12 食欲不振

13 便秘

14 黄疸・肝炎

15 痔疾患

16 かぜに罹りたくない

17 かぜの初期

18 インフルエンザ

19 気管支炎

20 喘息の併用に

21 ちょっとした咳と痰

22 高血圧

23 動悸(心悸亢進)

24 起立性低血圧(めまい)

25 腎疾患

26 むくみ

27 脳血管障害後遺症(脳溢血・半身不随)

28 糖尿病の口渇

29 糖尿病の神経障害(しびれ)

30 肥満

31 貧血

32 ちょっとした頭痛

33 慢性頭痛(片頭痛)

34 めまい

35 神経痛・しびれ

36 腰痛

37 肩こり(筋肉痛・五十肩)

38 むちうち症

39 打撲・捻挫

40 こむら返り(けいれんを伴う疼痛)

41 ヒステリー様症状(神経質・神経衰弱)

42 気合いが入らない

43 気の巡りが悪い(不安神経症)

44 精神不安・うつ病もどき(ノイローゼ・神経症)

45 神経過敏状態(ノイローゼ・神経症・ヒステリー)

46 認知症の周辺症状(神経症)

47 悪夢(神経衰弱)

48 夜泣き(小児夜泣き)

49 多汗症

50 疲れ・だるさ(疲労倦怠)

51 暑気あたり

52 こじれたら・長引いたら(亜急性期~慢性期)

53 不眠症

54 病後の体力低下

55 手足・腰の冷え

56 間接リウマチ・関節痛

57 更年期障害もどき(自律神経失調症もどき・血の道症・月経痛)

58 月経不順

59 月経前緊張症

60 乳腺痛(乳腺炎)

61 不妊症・習慣性流産(陰萎)

62 慢性湿疹・皮膚病

63 蕁麻疹

64 かゆみ(皮膚瘙痒症)

65 癰・癤(多発性粉瘤)

66 帯状疱疹後の痛み(神経痛)

67 頻尿

68 排尿痛

69 尿管結石(排尿痛)

70 残尿感

71 膀胱炎(残尿感)

72 インポテンス(陰萎)

73 アレルギー性鼻炎(慢性鼻炎)

74 副鼻腔炎・蓄膿症

75 扁桃炎

76 鼻出血

77 中耳炎


●資料

●おわりに

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年11月17日 16:43)

検索機能が素晴らしく、紙の書籍での購入を考えていたが、電子版の方がすぐ調べたいページを見ることができて便利です。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年7月 2日 09:51)

症状、性別、年齢により処方例を書いているところごわかりやすく、調べやすいです。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年6月 4日 11:00)

漢方を西洋医学の言葉でわかりやすく説明しているところ、パッと見で何の漢方を使うか判断しやすい。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示